2009年2月26日木曜日

近未来の技術開発、未来社会構築に向けて

 近未来の技術開発、未来社会構築に向けて



 人類の歴史の中において、初期の文明において、食糧の確保のための農耕文化(第一次産業)が発展してきた。

 その農耕文化が確立して来た過程で、手工業(第二次産業)、商業文化(第三次産業;サービス業)が付随しながら、発展して来た。

 この歴史的な経過は、異なる人類文化の中でも、時間軸の相違があるけれど、同様なものとなっている。



 現代文明における近代技術産業の発展の流れを歴史的な様相で眺めて見ると、 この手工業が発展して来た中で、産業革命等を経て、世界的に、拡大して、近代的な科学・技術産業が成立し、発展、拡大して来て現在に至って来ている。

 未来の世界の創生に向けて、このからの近代技術においては、単なる国家の発展のみだけでなく、世界をの人々の社会に安寧をもたらす方策として、認められるような分野を重点的に発展させる必要がある。 最先端の近代軍事技術等などについては、世界平和を攪乱させて、人類社会に害悪をもたらすだけのものでしかないことを認識すべきである。

 未来社会の構築に向けて、最善な方法で、永続的に安定したグローバル世界を構築させる信念と理想に基づいて推し進めなければ成らない。
そのような理念に基づいた産業分野を早急に育成させて行きましょう。
 
 グローバル世界の大きなうねりは、既にそのことを必要として、世界各地において、産業・技術の大変化と経済体系の変革が起こされ始めている。 
 そして世界の格差社会をなくすことがこれからは非常に大事にされるようになるだろう。 
 
 地球上において、あらゆる生命の尊厳を尊重し、万物の王者として、あるいは永続を可能になからしめる種としての役割が厳然として与えられて、人類の目前に提示されている。 その使命感を認識し、その理想に燃えて、前進あるのみである。

 日本の将来の主導権は理念高き世界感を所有する若き技術者にある。 世界の技術者に負けないように精進し、世界の人々から賞賛されるような努力を期待します。 
 
 がんばれ、世界の不景気など、どこかに吹き飛ばせ、地獄へ突き落とせ。  
     
                      2009年3月4日
 

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ