2009年3月4日水曜日

天木ブログ:2009年3月4日

1.天木の緊急提案:自公偽善権力与党の東京地検捜査に対する 民主党 小沢一郎の進むべき道
          http://www.amakiblog.com/archives/2009/03/03/#001365


2.私の見解 matuoka yuuji

この捜査は自公政権の権力の不当行使であり、戦時中の軍事政権とそっくりなやり方である。  もはや、この政権には、社会正義すら存在しないことがこのことで、明確になった。 ここに、悪魔的な集団に絡められた自公政権の正体が国民の眼前に現れた。
 戦えその不正義に対して、民主党は、徹底的に戦え、許すことができない与党権力の横暴さである。
 もはや、凶暴化し、悪魔然とした自公政権を絶対に許すな。

 
 民主党及び小沢一郎は国民に代わって断固として、戦わなければ、国民が血を流して戦うことになるであろう。

  内乱の危険を起因させるような、非常に危険な状況に国民を陥れるような穢い、醜い権力の行使である。冷静に、かつ合法的に、不正義を正す必要がある。
  あくまでも主権国家日本の主権は国民にある。

 最後にこの捜査に公明党がどのように関与するのかで、公明党・創価学会の命運が 国民により判定なされるであろう。 公明党は創価学会池田会長の顔にどろをぬるような与党権力行使を見逃すようなことが 曲がりにもあってはならないことを自覚すべきである。 この判断はこの先の日本の政治を決定的に位置づけることになるであろう、非常に重大な案件である。  
 
   また、国を治めるものは、国民民衆の信頼がなければ、成立しないことを自公政権は自覚すべきであり、またその信任は最終的に国民によって、なされるべきである。
 
 早期に解散・総選挙をする必要がある。         
                       
                          
                                2009年3月4日
   
  
  
 
   
      

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ