2009年3月24日火曜日

内閣官房副長官漆間巌の正体!!!

内閣官房副長官漆間巌の正体!!! ーーー 麻生首相の狙いは、何か???
 
 以下の“ ”内は下記のブログからの引用です。

“麻生首相は漆間巌を更迭せず、問題の発言については「記憶にない」の一点張りで逃げ切らせようとしている。先週末、騒動が大きくなった時点の報道では、引責辞任必至の見方が示され、河村建夫や与党幹部の発言も辞任での決着を示唆していたが、蓋を開ければ、意外にもシラを切って開き直る強行策で突破してきた。いつもながら国民無視の政権と政府の姿勢に唖然とする。この不敵な開き直りの方針を決めたのは麻生首相だろう。身内でなく他人である二階俊博の首は簡単に差し出せるが、自分が抜擢した腹心の漆間巌は自分自身の分身であり、世論がどう反発しようが世論の言うとおりには従わないのだ。週末の段階の政府側の言い訳は、「発言は一般論で、実際に捜査に影響を及ぼしていない」とするもので、発言そのものを否定してはいなかった。「自民党議員には捜査は及ばない」と記者団を前にして述べた発言の事実は認めていたのである。おそらくこの釈明は、更迭も念頭に置いて名前を公表した河村建夫の収拾の線だろう。それが週末を挟んで覆され、「記憶にない」の強行突破に一転した。  ーーーーーー。
漆間巌は警察庁が初めて送り込んだソ連駐在官であり、この男は大学でロシア語を学んでいた。漆間巌が何の目的で警察庁からソ連の日本大使館に派遣されたのか、後の経歴を見るだけでそれを想像するのに難くない。 ーーーーー。 ”


リンク;

戦前型警察国家の謀略官僚人脈 - 漆間巌、大林宏、田母神俊雄

 ① http://critic6.blog63.fc2.com/blog-entry-40.html

 
 漆間巌には副業というか 裏部隊を持っている。百発百中の別れさせやだそうだ。それが創価を名乗っている。

 ② http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/104.html


私の見解

 漆間巌内閣官房副長官は、麻生政権の敵陣を暴略作戦で、混乱を引き起こす忍者の親分の役目を担っている御用役人です。 この役務がすめば、用なしになる立場に最初から置かれている。 利用されるだけ利用されて 、最後には、味方から、その任務を解任されて、遠ざけられて、敵陣からは狙い撃ちにされて、自分の寿命を縮める様なことになるだけである。 この忍びは、忍びの術(隠密、謀略謀の術)を心得ておらず、口があまりにも軽かったことが災いし、世間に悪評を集めることになった。 割に合わない御苦労様なことですね。  滑稽な人生ご苦労様でございます。 良し悪しは、別にして、後世までその言行とその名が伝えられるでしょう。 古来から悪事(悪巧み)千里を走るといわれている。

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ