2009年3月8日日曜日

浪曲・広沢虎造:清水次郎長伝。 なぜ清水次郎長は喧嘩に強かったのか!!!。

浪曲・広沢虎造:清水次郎長伝。 なぜ清水次郎長は喧嘩に強かったのか!!!。

 私の学生時代を過ごした清水の町、ここの名物男、清水次郎長の心意気を紹介致します。
 
【清水港(みなと)の名物は、お茶の香りと男伊達(だて)、見たかー。聞いたか=、あのー啖呵ーー】 
 
浪曲・広沢虎造: 清水次郎長伝 石松と見受山鎌太郎(1/3) 
浪曲・広沢虎造: 清水次郎長伝 石松と見受山鎌太郎(2/3) 
浪曲・広沢虎造: 清水次郎長伝 石松と見受山鎌太郎(3/3)

リンク;
http://www.youtube.com/watch?v=KF3yuMssVas&feature=related   http://www.youtube.com/watch?v=keAw26vMC00&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=wMpd574LnpA&feature=related

 
 【なぜ、 清水の次郎長は、喧嘩に、めっぽう強かったのか???】
 それは、男気の任侠の世界の底に、仁義を基にした正義感の主張があり、その仁義の旗を掲げて、
集団の活動における統率能力と義理・人情を基いとした人間性の魅力で、個性の溢れ、闘争心・気性の激しい多くの有力な人材を身内に集めることに優れた次郎長が、喧嘩において、実力と闘争心と統率力で、身内を大事に扱い、身内を効率的に活用して、勝つための戦略・計画を持ち、事前の人材の適材適所の配置等の戦略的に体制を整えて、日常の生活の中での鍛錬をさせ、非常時の闘争時に備え、闘争時において、その仁義の旗を高く掲げ、それを実行して、勝ったからである。 後は世間の評判(情報)が尾ひれつきで、 拡大されて行き、次の喧嘩において、この世間の広報の効果(評判)で、敵の闘争心をその評判でひるませており、有利な立場で、闘争に先立つ事前の準備・対処ができていたのである。
 
 政治的な闘争は戦いの以前の心意気と正義感で決まる。 後は実力を備えた度胸と統率力で、男の人生の勝負は決まる。 以下参考まで。

 人生は、戦いの連続である。

いざ行けや、ヤマトの男(おのこ)の実力と仁義をかざした人情のある闘争心で、自信を持って、世界をヒノキの舞台にして、正義の旗を高く翳(かざ)し、悪を倒すために、前に進めーーー。
 いざ、進み逝かん。 日本の社会にはびこる敵陣に潜む悪人達を成敗するために。

 Obama大統領においても、その正義感を高く掲げながらその理念と事前の情報戦(世間の評判)で、国民の共感を得ながら、味方を増やして、選挙戦に勝ったのである。

 悪しき人々の集まりと化した自民・公明党与党政権を打ち倒そう。


参考リンク: http://www.asyura2.com/09/senkyo66/msg/1219.html

人気ブログランキングへ
 

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ