2009年3月3日火曜日

見えざる組織の世界的な陰謀で、現在の世界的な恐慌が生じている???

 見えざる組織の世界的な陰謀で、現在の世界的な恐慌が生じている???

  リンク; http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/atom.xml

 現代の世界恐慌は、ある集団組織により計画されており、(陰謀的な、暗黒的;サターン的な???)巧みに組み立てられた筋書きのとおりに蠢いている。???。  見えざる組織は、何を企んでいるのか???。 世界的なの恐慌の裏側で、その組織はその綿密な計画により、世界の経済を征服するほどの利潤を受けているはずである。 その組織の全貌の姿とその権力を世界に行使する日々は近いうちにやって来るであろう。 すべてが計画されているかの様である。

 その姿は、すでに見え始めている。???。 

そのひとつが世界的に原油資源の枯渇により、新しく高価な油田の開発のため、石油資源における独占的な利権の獲得のために投資されることになるであろう。 その結果は世界の人々がやがては、その投資資金を回収するための経済目的のために、世界の人々は高価なエネルギー資源を買うことになるであろう。

全く、感心するほどの完璧な計画である。 世界の資源を独占しようとする賢い知的集団の鮮やかな姿が浮かびあがって来る。

これを陰謀と呼ぶのか知的集団の合理的計画と呼ぶべきものなのか?????

これは私の推論にすぎないが、

 この計画は当初の目論みと異なる結果が生じたようである。 

この陰謀的な計画の挫折の原因のひとつには、石油資源に頼らない新しいエネルギー資源の技術・開発が世界的に盛んになったこと。 二つめは、世界的な景気の急激な停滞による石油資源に対する需要が減少したので、石油の価格が低下してしまい、そこから利益が生み出されなくなってしまったからである。 

いずれにせよ年毎に高くなるであろう石油に対抗できる代替のエネルギー資源への技術・開発に投資をふりむけなければいけなくなる結果になってしまったからであろう。

確実に石油資源の枯渇により石油依存文明の終焉は近づいて来ている。

 [参考リンク:Benjaminfulford 氏のブログ:

          日本の「売国奴・裏切り植民地政権」生き残りのための最後の企み]

   http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/atom.xml  

   http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2009/02/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%A3%B2%E5%9B%BD%E5%A5%B4%E8%A3%8F%E5%88%87%E3%82%8A%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0%E6%94%BF%E6%A8%A9%E7%94%9F%E3%81%8D%E6%AE%8B%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81%AE%E4%BC%81%E3%81%BF.html

Follow by Email

ブログ アーカイブ