2009年5月11日月曜日

現在の官僚主導の政治を再構築すべきである。

2009年5月11日において、民主党党首 小沢一郎氏が辞任すると公表したが、民主党の支援して来た私には、種種な思いがある。
 この現在の自民・公明与党政権を裏から支えている傲慢なエリート官僚による荒廃した主導の政権を国民大衆の政権に再構築しなければ、日本の将来は決して明るくならないだろう。 一般大衆を排除した傲慢さで、政権を維持しようとしても、国民一般が決して許さないであろう。
 現在のこの悪しき官僚主導の再構築の方途に挑戦している政治家の中で、国民から期待されているのは、小沢一郎氏しかいないであろう。 これが民主党が国民から支持をされる最大の原因である。
 民主党党首を辞任しても、国民は小沢一郎を支持し続けるであろう。
現在において、日本は大きな岐路に立たされている。 これからの激動の世界に立ち向かうには、エリート官僚主導の政治政策では軟過ぎる。 もっと人生において、苦難を歩んできている人々が表舞台に立ち、日本の社会をリードしていかねばならない。 そのような人を政治家に育てていかなければいけない。

参考 :天木直人ブログ: http://www.amakiblog.com/archives/2009/05/08/#001386

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ