2009年5月12日火曜日

公明党が生き残る道

公明党が生き残る道

公明党は直ちに現在の与党自民党から立ち去るべきである。 自民党と民主党が協力すれば、国政が安泰になることは、明白なことである。 国民全般がよろこぶことである。 この自民・民主党の連合体制を創生するために、公明党が与党政権から立ち去れば成立することが可能となる。 国民一般が望む安定した政治政権を自民・民主党連合で形成することに大反対するのは、公明党である。 公明党は国民全般の信頼を未だ得ていない未熟な政党である。 自民党に摺り寄って果実だけをむさぶって存在しているだけである。そのことが、国民全般の不信感を増大させている。 この時点で、今一度、国民に対する負託と責任で自ら野党になれば、国民全般の公明党支持率も上がる事になるであろう。 自民・民主党の連合政権を野党から社会正義を打ち立てて、監視すれば国民の期待も高まるであろう。 目前の衆議院選挙の前に下野すべきである。  多分この提案に、公明党議員は、自らの政治権力を捨てることに反対するであろう。 だが、このことは浮かぶ瀬にもたれている立場を理解しない者の主張である。 安易な道の、最後は危険な道に通じているのである。 現公明党議員が犠牲になることで、後の公明党と日本の政治状況が浮かびあがることが十分に予想できる。 日本の将来を真に見据えるなら、公明党は野党において、勢力を増大させる必要がある。現在の自民党に協力するならば、その支持率の増大はなされないであろう。 そこに国民的な正義がないからである。下野する道筋は大義明文のあるりっぱな生き様である。 将来に生き残りため公明党が日本の政権で活躍するためには、現在の一歩を引いて下野すべきである。 現在の自民党の主導で不可能な官僚主導の政治を民主党にやらせれば、下野しても十分に国民の信頼を獲得できるのである。これを公明党が、野党から監視すれば。国民全般の支持と信頼を勝ち取る事ができるのである。 今一度野党になって、官僚に頼る必要のない実力と能力を身につけて、国民全般を巻き込んで、支持拡大,ケンド従来を図るべきである。 創価学会だけの支持による政党から脱皮しなければならない。 自己犠牲の大義により、国民から賛同者が新たに生まれるであろう。歴史の変換点で、行われてきたこのような険道を正義を負って歩めばこの道は、やがては、大きな道となるであろう。この道はかって日蓮大聖人の歩んだ道である。

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ