2009年5月14日木曜日

拝啓:岡田克也様 2009年5月14日

 拝啓:岡田克也様 
  私の意見; 民主党党首の立候補に関して、小沢一郎の与党政権に対する戦闘意思を尊重しなければ。再度民主党は敗戦するでしょう。     国民の憤激を岡田氏は本当に理解されているのであろうか? 小沢一郎にまさる全国行脚をしてきたのであろうか? 党の役務上それが出来ないことであろうが  この半年ほど岡田氏のメール内容の中で、庶民の声を聞くことがほとんどないのである。 岡田氏の情が見えないのである。  庶民と別世界の人間のようである。これでは、民主党の支持率をあげることができない。  もっと、自らの主張と政治的・政策的な立場を明確にする必要があると思います。 かつ政治的戦略をもっと練る必要があると思います。   政治家とは、国民から負託されているのである。 庶民の声を聞くことは、 政治家の基本的な重要な要素であると思います。 なぜ、それをしようとしないのであろうか? 国民大衆は、その機会を切実にもとめている。    民主党の党首になったら、それを真っ先にお願いしたい。 このことについては、一歩、二歩も鳩山氏の方がすぐれていると判断します。
 是非とも小沢さんや鳩山さんの人生経験の豊かな人たちのアドバイスを尊重して、政治家を歩んで頂きたいと思います。   三重県から日本を、世界を背負い、りっぱな政治生命を懸けた政治リーダーの出現を切に祈ります。      
  http://matuoka1248.blogspot.com/  2009年5月14日

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ