2009年5月14日木曜日

混迷した日本社会を再構築できない政権を見限ろう。

混迷した日本社会を再構築できない政権を見限ろう。
                    2009年5月14日

 公明党が日本の危機を救うといっていた与党に参与して10年間の政治政策の結果において、今の日本の現状の停滞や国力の低下傾向、残された山積みの未処理の課題をどのように判断するのか? もっとしっかり現実を見る必要がある。 あなたの現在の人生と、今後の将来あなたの暮す社会はばら色なのか? 自民・公明党の政治政策能力がそれほどすばらしいものだったなら現在のような国民が暮らしで困難に落ちることなどなかったはずである。政治責任を取らず、自分らの既得権益を守るだけで、庶民の生活など貴族的な議員や官僚等にとってどうでも良いような政治・社会の現実である。 10年前に100年安心といっていた公明党の社会・福祉政策など嘘の塊であった。選挙の時だけ、庶民受けの政策宣伝で、選挙を買収するような詐欺的な議員や自民・公明与党である。それとも政策能力の不能者達なのか? 議員や官僚OB等の既得権益の公益法人で税金の無駄使いや会計不明の税金の使途等の現状をあらためず、今の日本社会の危機的な状況を正そうと努力をしないような支離滅裂な人気取り、ばら撒き政策の自民・公明与党に任すわけにいかない理由がここにある。ばら撒き予算の結果のつけ(税金)が庶民の目前に現れることは目に見えている。無責任にもほどがある。これが国民の負託をおった責任政党のすることか? よく考える必要がある。あらゆる手段で、国民を欺いても、平気の平左の与党集団だまされるな??? これを国民が赦すわけがない。これらについて賢い国民ならすでに理解と判断をしている。 国家権力を使用して、検察捜査による野党に対する攻撃や与党に買収されたようなマスコミの論調を使ってまで、政治権力にしがみつく悪政の与党集団である。国民の苦境の叫び声など聞こうとしない謙虚さのない傲慢な似非的な自己満足だけで押し通すような権力志向型の現在の自民・公明与党の議員集団での政治政策で、日本が良くなるわけがない。早急にやるべき選挙においても、ノラり・クラリと逃げて解散を引き延ばす戦略で精一杯の無能力集団である。このようなの無責任極まりない与党の支持率など上がるはずがないのである。しかし、未だこの与党にからめられて、あざむかれている国民も多く存在している。ここが最大、未決の日本社会である。このままの状況を放置したなら日本は暗黒的な権力志向集団に支配されて国民の生活は破壊されてしまうだろう。 断固としてこのような暴政を赦すまい。より良き日本の社会を勝ち取るためにこのような似非的な悪政の自民・公明与党集団と戦え。出でよ、真なる社会正義の構築を実現させるような人よ。庶民の声を代弁し、国民の負託を責任を持って実行することに命を懸けるような人の出現を促そう。新しい時代を創世させるために。
記入日時: 2009/5/14 11:24:08

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ