2009年5月14日木曜日

拝啓 中井浩様  へのメール 2009年5月14日

拝啓 中井浩様      
 いそがしいところ 大変失礼致します。
 民主党の党首には、叩かれても負けない根性が必要です。
 私は創価学会に10年ほど所属していましたが、小沢一郎を最後まで支持を致しま  す。 (現在:私は創価学会を退会しました。政教一致も考え物です。)
  小沢一郎氏や鳩山氏と協力して、悪政自公与党政権を打ち倒しましょう。
  小沢元党首に反抗的な前原氏や野田氏等は敵陣の政権与党の影に操られているようである。 彼らの主張は、戦いの前における利敵行為に他ならない。と私は、判断しています。 
 まるで彼らの言動は敵陣の撹乱戦術の様です。   
 戦場において、大将を非難して、守ろうとしないものは、戦場に着く資格がないと判断します。  
 僭越でございますが、此の際、彼らを除名処分してはいかがですか? 
 それぐらいの厳しい指導が彼らに対して今必要です。 党幹部諸氏において、覚悟して、彼等の若手に対して説得的な指導が戦術的になされるべきであると考えます。    彼らにきらわれるだけの覚悟が必要です。 
 これが、誠実な指導方法ではないかと思います。 
 民主党の若年議員は、あせっているようですが目先の益を、早急に求める嫌いがあります。  
 これが、敵陣の狙いでしょう。 選挙を先に伸ばす戦術なのでしょう。 
 別にあせる必要などないのである。
 必然的に、選挙が来るのである。 そこで、罵声を浴びようが、各自の地元の声を大きな懐におさめ得る度量が若手議員に必要である。
 彼らの心配はそこに潜んでおられる。 
 ベテラン議員が彼らを十分に支援すべきである。
 そうすれば、彼等の半分程度は多分出て行かないでしょう。 
 後の半分は本来敵陣であるので出て行くと撹乱戦術の意味がなくなるから彼等も出て行かないでしょう。 
 また、多少現議員が減っても、新しい人材を立てて、次回の選挙で勝てばすむことです。 
 例え、ここで、彼らが民主党を割ったとしても、与党自民・公明党の悪政の情報操作されたマスコミは喜ぶことでしょう。 
 しかし、国民の目は騙されません。 民主党の戦いの旗頭はやはり、戦術を心得た小沢一郎氏でしょう。
 民主党議員は、選挙に勝つために、旗頭を鮮明に打ち立てていかなければ、   やがて、あの手、この手で、敵に自公政権に撹乱されて、潰されてしまうでしょう。 
 すでに、民主党にとって、天地人は、そろっている。 後は、その時を待てば、良い。
 
 中井さんも安心して、政務に励んでください。
 私は民主党サポーターとして、選挙時には、万全の努力をおしまぬ覚悟でおります。            ただし、敵方の戦術、特に巧みなマスコミ操作等に用心することが肝要だと思います。  
 ここにおいて、右往左往しないことと地道な国民の意見を謙虚さで伺う姿勢と努力が肝心だとおもいます。 
 前回の高橋氏の選挙において、先頭をきって先導していたことを私は十分に理解しています。   がんばってください。 必勝をお祈りいたします。 
 
 どうぞ、私の今日のブログでの主張を時間の赦す範囲でご覧ください。  
 岡田克也氏にもメールしたところです。   
  では、失礼致します。  
 
  参考: “民主党小沢一郎は命懸けで政権の再編に着手した。”        http://matuoka1248.blogspot.com/  
                         2009年5月14日

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ