2009年5月14日木曜日

拝啓 中井浩様  へのメール 2009年5月14日

拝啓 中井浩様      
 いそがしいところ 大変失礼致します。
 民主党の党首には、叩かれても負けない根性が必要です。
 私は創価学会に10年ほど所属していましたが、小沢一郎を最後まで支持を致しま  す。 (現在:私は創価学会を退会しました。政教一致も考え物です。)
  小沢一郎氏や鳩山氏と協力して、悪政自公与党政権を打ち倒しましょう。
  小沢元党首に反抗的な前原氏や野田氏等は敵陣の政権与党の影に操られているようである。 彼らの主張は、戦いの前における利敵行為に他ならない。と私は、判断しています。 
 まるで彼らの言動は敵陣の撹乱戦術の様です。   
 戦場において、大将を非難して、守ろうとしないものは、戦場に着く資格がないと判断します。  
 僭越でございますが、此の際、彼らを除名処分してはいかがですか? 
 それぐらいの厳しい指導が彼らに対して今必要です。 党幹部諸氏において、覚悟して、彼等の若手に対して説得的な指導が戦術的になされるべきであると考えます。    彼らにきらわれるだけの覚悟が必要です。 
 これが、誠実な指導方法ではないかと思います。 
 民主党の若年議員は、あせっているようですが目先の益を、早急に求める嫌いがあります。  
 これが、敵陣の狙いでしょう。 選挙を先に伸ばす戦術なのでしょう。 
 別にあせる必要などないのである。
 必然的に、選挙が来るのである。 そこで、罵声を浴びようが、各自の地元の声を大きな懐におさめ得る度量が若手議員に必要である。
 彼らの心配はそこに潜んでおられる。 
 ベテラン議員が彼らを十分に支援すべきである。
 そうすれば、彼等の半分程度は多分出て行かないでしょう。 
 後の半分は本来敵陣であるので出て行くと撹乱戦術の意味がなくなるから彼等も出て行かないでしょう。 
 また、多少現議員が減っても、新しい人材を立てて、次回の選挙で勝てばすむことです。 
 例え、ここで、彼らが民主党を割ったとしても、与党自民・公明党の悪政の情報操作されたマスコミは喜ぶことでしょう。 
 しかし、国民の目は騙されません。 民主党の戦いの旗頭はやはり、戦術を心得た小沢一郎氏でしょう。
 民主党議員は、選挙に勝つために、旗頭を鮮明に打ち立てていかなければ、   やがて、あの手、この手で、敵に自公政権に撹乱されて、潰されてしまうでしょう。 
 すでに、民主党にとって、天地人は、そろっている。 後は、その時を待てば、良い。
 
 中井さんも安心して、政務に励んでください。
 私は民主党サポーターとして、選挙時には、万全の努力をおしまぬ覚悟でおります。            ただし、敵方の戦術、特に巧みなマスコミ操作等に用心することが肝要だと思います。  
 ここにおいて、右往左往しないことと地道な国民の意見を謙虚さで伺う姿勢と努力が肝心だとおもいます。 
 前回の高橋氏の選挙において、先頭をきって先導していたことを私は十分に理解しています。   がんばってください。 必勝をお祈りいたします。 
 
 どうぞ、私の今日のブログでの主張を時間の赦す範囲でご覧ください。  
 岡田克也氏にもメールしたところです。   
  では、失礼致します。  
 
  参考: “民主党小沢一郎は命懸けで政権の再編に着手した。”        http://matuoka1248.blogspot.com/  
                         2009年5月14日

拝啓:岡田克也様 2009年5月14日

 拝啓:岡田克也様 
  私の意見; 民主党党首の立候補に関して、小沢一郎の与党政権に対する戦闘意思を尊重しなければ。再度民主党は敗戦するでしょう。     国民の憤激を岡田氏は本当に理解されているのであろうか? 小沢一郎にまさる全国行脚をしてきたのであろうか? 党の役務上それが出来ないことであろうが  この半年ほど岡田氏のメール内容の中で、庶民の声を聞くことがほとんどないのである。 岡田氏の情が見えないのである。  庶民と別世界の人間のようである。これでは、民主党の支持率をあげることができない。  もっと、自らの主張と政治的・政策的な立場を明確にする必要があると思います。 かつ政治的戦略をもっと練る必要があると思います。   政治家とは、国民から負託されているのである。 庶民の声を聞くことは、 政治家の基本的な重要な要素であると思います。 なぜ、それをしようとしないのであろうか? 国民大衆は、その機会を切実にもとめている。    民主党の党首になったら、それを真っ先にお願いしたい。 このことについては、一歩、二歩も鳩山氏の方がすぐれていると判断します。
 是非とも小沢さんや鳩山さんの人生経験の豊かな人たちのアドバイスを尊重して、政治家を歩んで頂きたいと思います。   三重県から日本を、世界を背負い、りっぱな政治生命を懸けた政治リーダーの出現を切に祈ります。      
  http://matuoka1248.blogspot.com/  2009年5月14日

民主党小沢一郎は命懸けで政治の再編に着手した

 民主党小沢一郎は命懸けで政権の再編に着手した。

民主党が割れることを覚悟で、民主党党首を辞任した。と私は判断する。
その理由は、与党自民・公明党との戦いの前に、戦いの戦闘態勢を壊すような足元において、この政治集団のリーダーの主張にあくまでも反対する前原、野田等の存在がある。 反乱的な彼らの主張している党内の“民主主義”とは戦い方を知らない戦略なき烏合反乱軍であると同時に利敵反抗行為に他ならない。 戦いに際して、このような党内情勢では、勝ち戦にならない。 これらの反乱分子を民主党から排除除名してしかるべきである。 さもなくば民主党を解体すべきである。党内反乱分子を徹底的に潰せ。あるいは追い出してしまえ。
 小沢一郎に付いて行く者たちが新しい政権を目指して新しい政党を創生すれば良い。一時的に敵方から大批判を巻き起こすであろうが国民の大半の支持は男の政治家の真情へ、そこへ流れる。 このことの見極めが政治家として戦術家として、大事なことである。
 
 小沢一郎の民主党党首の辞任について、
 最近のマスコミや国民らの小沢一郎に対する金権への批判は重々に理解されることであるが、このことの批判、非難の的は権力を所有する与党政権においても同罪であるはずである。 自民党の建設等の族議員が今まで散々にやってきたことである。
 ところが、検察の捜査は与党議員に対して、野ざらしにしているのである。全くの不公平で、不正義なことである。
 これに対する不当な国家権力の検察を利用し、介入させたことに対する非難は少数である。このことにおいては、これは、このことについて正当な法治がなされていない何よりの証拠となりうることである。 言い変えれば、権力の介入が現実に日本の社会で行われているということである。これは大戦中の軍事政権が当時の特高警察を使用してきたものと同様な政権に反抗的な国民を監視.投獄をしたようなことである。
 ここにおいて国民に熟慮を願いたいことは、与党政権による情報操作やマインドコントロールのような操作が姿を隠して、歴然と日本の権力集団に利用され存在していることに留意する必要がある。
 金権的な政治は確かに悪いが、それ以上に国民の負託を責任のある与党において、非難されねばならないことであるはずである。 しかし、それに対するマスコミの論調は単なる金権批判だけで、すましている。
 このことの異常性はどこから生まれてきているのか?大きな疑問である。与党政権からマスコミ、広報関係者に金銭が流れているという情報も最近インターネットで流されているのである。
 民主党で、小沢一郎、岡田は企業献金を廃止を述べているが、このことを言わなければならないのは、自民・公明党与党政権を支える大企業等の側から主張されなければ意味がないのである。 彼らは自らの利権がらみで、政治家や高級官僚の権力に依存しているのである。 これが日本の社会の与党や野党の政治政権の現実の姿である。これを正さねば解決しない問題である。
 与党・野党政権の属議員や利権企業は、この企業献金を政治活動に利用して、国民に隠された間接的な収賄の活動をしているのである。 これが、現実の政治である。
 金権を非難するならば、この構造を再構築しなければ、意味がないのである。
 この金権に対する構造の再構築や法制定が、直ちに出来るはずがないのである。
 今後の大きな政治課題である。

 現実の政治状況を眺めれば、悪いことばでいえば小沢一郎の暴力的な専制的な強行な手段でしか権力専横的で、政官業の利益誘導的で、悪政的な自民・公明党与党政権を倒すことは不可能であるからだ。 合法的なクーデターである。 りっぱな戦術戦略策である。 政治の人生経験や、清濁混合・白黒合体型の泥まみれの人生である。だから。世間一般から叩かれるのである。 余程の覚悟がなければ出来ない政治家人生である。

 これを再認識する小沢氏独特の人生観の戦術・戦略によるものからの決断である。

 やがて、小沢一郎その矛先は自民党内部に影響し、自民党の分解に着手するはずである。
 それだけの政治手腕を持っている政治家は、小沢一郎以外には現在の政界にいないことが近い将来において、現出されるであろう。
 
 現社会において、小沢一郎程、熱心に、全国を行脚して、国民の叫び声を聞いている政治家も他にいないであろう。そこにおいて、的確に、国民社会の状況を捉えて。それを民主党の政治政策として、主張しているのである。至極まともな政治家の基本をわきまえた政治家である。
 その小沢の言説は、真実を直接的、感情的に述べるから、誤解・曲解されることが多い。
 このことに比べると自己の政治的、政党的な主張を色々と虹色をつけて、国民の歓心を誘ような全く国民の現状を捉えていない天国暮らしのような的外れや検討外れの議員の主張など論外でさえある。
 
 民主党が割れようとも私は、次回の選挙において、自民・公明党のめちゃくちゃな、無責任な支離滅裂な政権を支持しない。今まで、散々と創価集団や公明党の巧言で騙されてきたが我慢にも程がある。
 小沢一郎の性格は,短気であるが、情にもろいところが長所であり。欠点である。人間、誰しも神様でないのである。
 
  請う(こう)、御期待あれ。
   小沢一郎の日本の政界の舞台で、清濁混在の正義の華麗な舞の御照覧を。
   いざ、戦え。国民とともに


 参考:小沢一郎の心や戦略を知りたければ、どうぞ。中国古典:戦国策や孫子の兵法を研究をして見て下さい。 事実は小説より奇なり。

 おごれるもの久しからず。
  ここにおいておごれるものは自公政権のことである。
 
 おごれるものを叩きのめすには、現実の生活で汗と涙で命をけずる民衆の思いを汲み取りとその悪政を打ち壊す民衆の魂の志と熱意やそれを最大限に有効に組み立てて行く事が出来る戦略的なリーダーの存在が必要である。
 まさに小沢一郎こそ最適な人材であろう。
 

混迷した日本社会を再構築できない政権を見限ろう。

混迷した日本社会を再構築できない政権を見限ろう。
                    2009年5月14日

 公明党が日本の危機を救うといっていた与党に参与して10年間の政治政策の結果において、今の日本の現状の停滞や国力の低下傾向、残された山積みの未処理の課題をどのように判断するのか? もっとしっかり現実を見る必要がある。 あなたの現在の人生と、今後の将来あなたの暮す社会はばら色なのか? 自民・公明党の政治政策能力がそれほどすばらしいものだったなら現在のような国民が暮らしで困難に落ちることなどなかったはずである。政治責任を取らず、自分らの既得権益を守るだけで、庶民の生活など貴族的な議員や官僚等にとってどうでも良いような政治・社会の現実である。 10年前に100年安心といっていた公明党の社会・福祉政策など嘘の塊であった。選挙の時だけ、庶民受けの政策宣伝で、選挙を買収するような詐欺的な議員や自民・公明与党である。それとも政策能力の不能者達なのか? 議員や官僚OB等の既得権益の公益法人で税金の無駄使いや会計不明の税金の使途等の現状をあらためず、今の日本社会の危機的な状況を正そうと努力をしないような支離滅裂な人気取り、ばら撒き政策の自民・公明与党に任すわけにいかない理由がここにある。ばら撒き予算の結果のつけ(税金)が庶民の目前に現れることは目に見えている。無責任にもほどがある。これが国民の負託をおった責任政党のすることか? よく考える必要がある。あらゆる手段で、国民を欺いても、平気の平左の与党集団だまされるな??? これを国民が赦すわけがない。これらについて賢い国民ならすでに理解と判断をしている。 国家権力を使用して、検察捜査による野党に対する攻撃や与党に買収されたようなマスコミの論調を使ってまで、政治権力にしがみつく悪政の与党集団である。国民の苦境の叫び声など聞こうとしない謙虚さのない傲慢な似非的な自己満足だけで押し通すような権力志向型の現在の自民・公明与党の議員集団での政治政策で、日本が良くなるわけがない。早急にやるべき選挙においても、ノラり・クラリと逃げて解散を引き延ばす戦略で精一杯の無能力集団である。このようなの無責任極まりない与党の支持率など上がるはずがないのである。しかし、未だこの与党にからめられて、あざむかれている国民も多く存在している。ここが最大、未決の日本社会である。このままの状況を放置したなら日本は暗黒的な権力志向集団に支配されて国民の生活は破壊されてしまうだろう。 断固としてこのような暴政を赦すまい。より良き日本の社会を勝ち取るためにこのような似非的な悪政の自民・公明与党集団と戦え。出でよ、真なる社会正義の構築を実現させるような人よ。庶民の声を代弁し、国民の負託を責任を持って実行することに命を懸けるような人の出現を促そう。新しい時代を創世させるために。
記入日時: 2009/5/14 11:24:08

Follow by Email

ブログ アーカイブ