2009年6月28日日曜日

民主党の政権構想の中で、国際的な外交戦略が不明確である。

 私の民主党幹事長 岡田克也氏への投稿メールです。

 以下の 私の提案です。


 拝啓岡田様、大変忙しいところご苦労様です。

 民主党の政権構想の中で、国際的な外交戦略が不明確である。

1.日本の政権を獲得する前に、民主党は世界の人々に対して、民主党の外交路線を早急に、内部で、積み上げて、その外交戦略を明確に提示する必要があると想います。

2.世界の現状に対する改善に対する姿勢が、世界の人々から、歓迎されるような政治・外交戦略の確立が、世界の世論の中においても、非常に大事なことであると思います。

3.そこで、民主党政権の政府が世界に対して、どのようにして、どのような方向で、どのような目的で、日本の外交や国際的な社会の創生をしていくべきかを明らかにすべきであると思います。

4.是非、選挙前に、そのことをお願いしたいと存じます。

5.混迷の世界に対して、希望のあふれる世界の創生のために、先陣を切っていただきたく存じます。

6.これには、多くの国際的な世論と外国政府の協力が必要です。時間もかかるようですが、在日の各国の大使館との接触も重要であると思います。大いに外交路線の広報活動を拡げることもひとつの方法であると考えます。

7.日本の潜在力を大いに世界の発展に振り向けていく戦略が、これからも重要なものになっていくと思います。

8. 民主党の最大限の努力を期待し、困窮する世界の人々に対する責任のある政権運営を願っております。

9.困窮する人々に対して、人類の未来社会の創生のための新しい分野の産業の創生、育成が、国際的な協力関係の構築の中で、非常に重要で必要な時代の波音高く押し寄せてきています。

10その激動に政治が停滞することは許されないことです。

11.賛同する国民を増やしながら共におおいに、がんばって行きましょう。

 民主党サポーターより。 では失礼をいたします。

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ