2010年5月4日火曜日

【沖縄の基地の問題を考える時、根底にある日米安保体制・日米関係の見直しを考えざる得ない】・【沖縄基地移転は、鳩山氏一人の責任ではない】

【沖縄の基地の問題を考える時、根底にある日米安保体制・日米関係の見直しを考えざる得ない】・【沖縄基地移転は、鳩山氏一人の責任ではない】
http://www.asyura2.com/10/senkyo85/msg/687.html
投稿者 matuoka yuuji 日時 2010 年 5 月 04 日 23:08:30: noT716RWWrvIk

【出展リンク】:

http://ameblo.jp/global7ocean/entry-10525883952.html

【沖縄の基地の問題を考える時、根底にある日米安保体制・日米関係の見直しを考えざる得ない】・【沖縄基地移転は、鳩山氏一人の責任ではない】


1.日本人として、沖縄の基地の存在と在り方について、あるいは、どのように、この現実を捉えるべきかが、問われている。

2.第二次世界大戦後並びに米ソ冷戦終結後の歴史・時代的な経過の中で、日米安保体制の国家護持体制の維持を疑うことのない状況のままできた状況が国際的な大きな変動の潮の中で、今後における日本の進み行くべき道として、どのような方向にむかうべきかが問われている。

3.最近の沖縄県民の声は、単なる沖縄の基地の移転先の問題だけではないことが理解されるのである。

4.国民の関心が高まり、歴史の必然・当然の結果として、真剣に考えなければならない残されてきた課題が我々の進路の目前に出現してきたのである。

5.沖縄県民の生活環境。米軍基地。戦争・平和。平和創設。日米同盟。日米友好。日中関係。防衛体制。安全保障。戦後の歴史。現代国際政治。国際関係。どれもが、複雑に絡んでいる。

6.今後における日本の進み行くべき道として、どのような方向にむかうべきか。国民一人一人が沖縄県民の思いや沖縄の未来に対して、責任を感じとることから、その回答の糸口がみいだされてくることであろう。

7.早期に解決を望むべき努力をしなければならないが、日本の政治が与党・野党あるいは、与党連立政権内で、分断されている状態で、この課題の解決は遠ざかるだけである。


8.この日本国内の国民間の思想的な分断の状況とこの基地問題の課題の解決を日本の政治家や国民自身がこの問題に真剣に、命を賭けて解決して来なかった何よりの証拠が、沖縄の現状に至らしめてきたのであろう。

9.日本の戦後において、外国から与えられ、あるいは半分は、強制的な民主主義を本当の民主主義と思い違いをしてきたのでは、ないのだろうか。

10.敗戦後の朝鮮戦争への米国の国策として、米軍への協力のために、戦後の日本の進路が米国の国際的な戦略に、組み込まれてしまっている。

11.この課題の解決と未来の方向性を決めるには、我々日本国民自身の意思と米国民の意思の中にある。

12.拙速に陥らず、米国民に対して、日本国民の全体の声と意思として、世界の平和の創生のために、真摯・真剣に伝えていかなければならないことであろう。

   
 【付記:沖縄基地移転は、鳩山氏一人の責任ではない。我々自身にある】
  
 2010年5月4日  matuoka yuuji
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント

01. 2010年5月04日 23:12:16: rb8GOmLECA
民意が国内への基地移設反対なのに、その方向で決断できない鳩山首相の責任に決まっている。

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ