2010年5月18日火曜日

ペガサス浄水プラントの完成予想模型

【出展リンク】:

http://www.mgciv.com/blog/rendering-of-pegasus-desalination-plant.html


  
淡水/浄水プラントの完成予想模型1
淡水/浄水プラントの完成予想模型
「太陽エネルギーを利用した新しい海水淡水化技術」で紹介したように、ペガソス・エレクトラは太陽熱を利用した新方式の淡水化装置「ペガサス浄水化システム」を開発しました。現在、ペガサス浄水化システムで構成した淡水化/浄水プラントを海外のクライアントに提案しています。
写真は、100立方メートル/日の淡水/浄水化能力を備えたプラントの完成予想模型です。
このプラントは、10ユニットのペガサス浄水化システムで構成されています。
desalination_plant_02_ja海や湖から汲み上げられた水は、太陽光集熱装置で80〜90℃まで温められ、ペガサス浄水化システムによって蒸留水となります(農業用水、飲料用水として利用するためには、ミネラルを添加する必要があります)。ペガサス浄水化システムは太陽熱を利用して稼働するため、電力を必要としません。

4 Comments to “ペガサス浄水プラントの完成予想模型”


  1. HK より:
    100立方メートル/日 で、専有面積と初期投資額はいくらになるのでしょうか?

  2. staff より:
    処理能力が100立方メートル/日の場合、専有面積は500平方メートル以下で収まります。処理能力が1万トン/日の場合には、5万平方メートル以下になります。
    残念ながら、初期投資額につきましては機密事項ですので、お答えすることができません。ご了承ください。

  3. なみき より:
    太陽熱集光ではなく、太陽光集熱なのですか?

  4. HK より:
    お返事ありがとうございました。500平方メートルと言うことは22.3メートルの正方形程度の大きさですね。写真から受ける印象よりずっとコンパクトなのですね。





    Copyright © 2009-2010 YABE Takashi, binWord Inc. All Rights Reserved. Designed by Vladimir Prelovac
Copyright © 2009-2010 YABE Takashi, binWord Inc. All Rights Reserved. Designed by Vladimir Prelovac

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ