2009年12月5日土曜日

【スイス ソーラー発電飛行機の「テスト走行」に成功】                     by「人民網日本語版」2009年12月4日

【スイス ソーラー発電飛行機の「テスト走行」に成功】:
                 
              by「人民網日本語版」2009年12月4日


【出展引用リンク】:


 [1]   http://j.people.com.cn/95952/6832760.html

 [2]   http://j.people.com.cn/96160/6832761.html




スイス・デューベンドルフで先ごろ、世界初の世界一周飛行のために設計されたソーラー発電飛行機が空港の滑走路で「テスト走行」を実施した。このソーラー発電飛行機は翼の長さが262フィート、幅は新型のエアバスA380超大型旅客機と同じくらいだが、A380の580トンという重さに比べ、ファイバーカーボンで作られたこの飛行機はわずか1.5トンしかない。超薄型の太陽電池が日中の太陽光を集め、エネルギーに転化して4台のエンジンに供給する。この飛行機はスイスの探検家・ベルトラン・ピカール氏が操縦し、来年2月に初飛行し、最終的には2012年に大西洋横断を行う計画だ。これが飛行機製造における快挙であることは間違いない。(編集YH)

「人民網日本語版」2009年12月4日

[1] [2]



スイス ソーラー発電飛行機の「テスト走行」に成功 (2)





スイス・デューベンドルフで先ごろ、世界初の世界一周飛行のために設計されたソーラー発電飛行機が空港の滑走路で「テスト走行」を実施した。このソーラー発電飛行機は翼の長さが262フィート、幅は新型のエアバスA380超大型旅客機と同じくらいだが、A380の580トンという重さに比べ、ファイバーカーボンで作られたこの飛行機はわずか1.5トンしかない。超薄型の太陽電池が日中の太陽光を集め、エネルギーに転化して4台のエンジンに供給する。この飛行機はスイスの探検家・ベルトラン・ピカール氏が操縦し、来年2月に初飛行し、最終的には2012年に大西洋横断を行う計画だ。これが飛行機製造における快挙であることは間違いない。(編集YH)
       「人民網日本語版」2009年12月4日


==================
【参考リンク】: ソーラー飛行機試作機、商用化目指し初飛行 スイス
      2009年12月04日 09:13 発信地:ジュネーブ/スイス
   http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/scienceechnology/2670959/4991712


【12月4日 AFP】(写真追加)太陽エネルギーのみを使うソーラー飛行機「ソーラー・インパルス(Solar Impulse)」の試作機の飛行実験が3日、スイス・チューリヒ(Zurich)近郊で行われ、短時間ではあるが初めて空を飛んだ。


 試作機は1人乗りで、翼幅はエアバス(Airbus)A340型機と同じ63.4メートルもあるものの、重量は1600キロと中型車程度だ。ドゥーベンドルフ(Duebendorf)空軍基地で行われた実験では、滑走路の約1メートル上空を400メートルほど安定した飛行を行った。


 試作機は太陽エネルギーを動力とするが、夜間飛行などに備えて4個の電気モーターとバッテリーも装備されている。開発したソーラー・インパルス社は、将来的には世界を飛び回る商用機に発展させたい考えで、それよりやや小さい試作機では、主に飛行機の建造・制御・夜間飛行のための最先端技術の確認が行われる。 


 夜間も含めた初の36時間ノンストップ飛行は、来年春にスイスで計画されている。2012年には世界5都市で飛行実験を行う予定だ。 
                            
 (c)AFP

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ