2010年3月9日火曜日

【豊田佐吉とは:豊田織機・豊田自動車の創業者】


2010-03-09 08:43:23

【豊田佐吉とは:豊田織機・豊田自動車の創業者】

テーマ:【創業者の精神とその伝統の行方】
【創業者の精神とその伝統の行方】:

1.【豊田佐吉とは:豊田織機・豊田自動車の創業者】

【出展引用リンク1】:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E7%94%B0%E4%BD%90%E5%90%89

$yuujiのブログ-豊田佐吉


豊田 佐吉(とよだ さきち、1867年3月19日(慶応3年2月14日) - 1930年(昭和5年)10月30日)は、日本の実業家、発明家。豊田自動織機製作所の創業者。

・人物

遠江国山口村(現・静岡県湖西市)の農家に生まれた。父は大工だった。小学校を卒業後大工になり、発明の心が芽生える。1890年(明治23年)に東京での内国勧業博覧会にて外国製織機の設計を参考にして「豊田式木製人力織機」を発明。この「木製人力織機」は安価な木を多用して当時まだまだ高価だった金属類は必要最小限に抑えた為、当時主流だった外国産の機械より一桁安い価格で瞬く間に拡販した(この無駄を抑える発想は後の『トヨタ生産方式』の原点となる)。その後、かせくり機を発明する。
1893年(明治26年)にたみと結婚し、翌年には長男喜一郎が誕生した。1896年(明治29年)「豊田式汽力織機」を発明。1897年(明治30年)に浅子 と再婚し、1899年(明治32年)に長女愛子(のちに「トヨタ自動車工業」初代社長となる利三郎を養子にむかえる)が誕生。1902年(明治35年)に豊田商会を設立、今日のトヨタグループの礎を築く。藍綬褒章を2回受賞した。

なお、通説では1924年(大正13年)に「G型無停止杼替式豊田自動織機」を開発したとされるが、完成当時は三井グループの東洋棉花(後のトーメン、現在の豊田通商)系上海紡績のトップ黒田慶太郎(黒田慶樹の祖父)の助力を得て1921年(大正10年)に中国・上海租界に設立した豊田紡績廠の経営に力を注いでいる。なお、和田一夫著の『豊田喜一郎伝』(ISBN 4815804303)によると、G型無停止杼換式豊田自動織機は、実は喜一郎が開発を手掛けていたとされる。1930年(昭和5年)10月30日死去。享年63。


外部リンク

豊田佐吉 | 近代日本人の肖像

豊田佐吉 トヨタグループ創業

湖西市郷土の偉人・豊田佐吉

TOYOTA~豊田佐吉記念館~ - トヨタ自動車が設立。静岡県湖西市。

豊田佐吉は、明治維新が間近に迫った慶応3年(1867年)2月14日、吉田領山口村(後の敷知郡吉津村字山口、現在の湖西市山口)に生まれました。
佐吉は、小学校を卒業すると父・伊吉の大工仕事を手伝っていましたが、貧困にあえぐ村の暮らしを見て「郷里の貧乏を救わなければならない」という郷土愛に燃えるようになりました。そして、学問の必要性を痛感し、東京からわざわざ新聞を取り寄せたり、村の同志を集めて「夜学会」を開いたりしました。
こうして広く世間を見る目が肥えてくると、当時の日本が郷里吉津村と同様に貧乏であることが分かってきました。そこで佐吉の郷土愛は祖国愛に変わっていったのでした。その祖国愛を実現する方法が、すなわち「発明」だったのです。「発明」によって、日本の産業を発展させ、日本を裕福な国にしようと考えたのです。

母の姿を見て、自動織機の発明を志す

しかし、一体何を発明したらいいかは容易に定まりませんでした。そんなとき目についたのが、母の機を織る姿でした。
当時の織機は「バッタンハタゴ」という極めて原始的な機械で、一反の木綿を仕上げるのに多くの時間と労力を費やさなければなりませんでした。明治20年(1887年)、佐吉はこの手機(てばた)の改良を志し、寝食を忘れて研究・工夫に熱中しました。

しかし、織機に関しての知識もなく、周囲の理解も得られない佐吉にとって、この研究は困難を極めました。それでも佐吉は決してあきらめず、発明に精進しました。
そして、明治23年(1890年)、ついに最初の発明「豊田式木製人力織機」を完成させたのです。佐吉24歳のときでした。翌24年(1891年)、この「豊田式木製人力織機」で初めての特許を取りました。その後も佐吉は研究を続け、明治27年(1894年)にはかせくり機を、29年には木鋳混製動力織機を発明するなど、その発明は生涯を通じて119件にものぼりました。


世界に追いつけ、追い越せ

また、佐吉は、終生の目標であった海外にも目を向け、明治43年(1910年)には初めて欧米に渡り、その広大な国土、機械を使った効率的な農業、工場の設備の巨大さ、機械の精巧さに驚きました。しかし、織機・紡績工場を見学してみて、自分の発明した織機が必ずしも世界の一級品に劣るものではないという結論を得ました。
大正10年(1921年)には中国上海に「豊田紡織廠」を設立、昭和3年(1928年)にはインドへ工場設備を輸出、翌4年(1929年)にはイギリスのプラット・ブラザーズ社へ国産技術を輸出しました。こうして、「世界に追いつけ、追い越せ」の執念は実を結び、ついに佐吉の自動織機は世界に認められたのでした。
佐吉のこの歩みが、自動車をはじめとする日本の産業の著しい発展の礎となりました。その功績は、わが国の産業史はもちろん、郷里湖西の市史を飾る一大金字塔

日本の墓:著名人のお墓:豊田佐吉

$yuujiのブログ-豊田佐吉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【私のコメント】:

創業者とともに、その人の創業の精神や理念を理解して、その事業を育成し、幾多の苦労をともにしてきた番頭等の適切な役割を見逃すことはできない。

事業の成長と継続の中でこのような人間関係が賢固に形作られた組織は強いのである。

時代の流れの中で、その強固なその人間関係や創業者の理念【創業者の魂】が、変化して、失われ、事業の根本精神が失われて、拡散されて、継続が困難となることが引き起こされる。あるいは、まったく別の理念によって事業が継続・形成されていくのである。

ただし、社会の中で、事業が継続されるには、その時代において、その事業が社会的に必要とされるから存続できるのである。

社会的な存続の理由が、その社会から、認められてこその事業の存在の価値があるのである。

この創業者の精神において、誇りと伝統のある社内文化を逸脱してしまった最近の経営方針・路線を早急に見直さなければ成らないであろう。

米国流の合理主義一辺倒の経営路線は、世界の社会や文化の中で、大きく問われているのである。

この合理主義の中で、厳しく選別されて、切り捨てられてものの中で、その事業に直接に従事する人達や下請け協力会社等も出てくる。 このような都合主義の経営では、その社会的な責任を放棄したものと判断されてしまうであろう。

このことに、気がつきはじめたトヨタは、これからの経営・事業等の路線の変革によって、これからも、発展していくことができる多くの可能性を世界の人々とともに、時代の流れを見極めて、社会の要請に適合し、追求していくための努力と姿勢が必要で、重要なことなのである。



がんばれ、トヨタ。と世界の人々皆から、声援されるような人格をもった法人になって頂きたいものである。
 
トヨタ現社長 豊田章男氏のような謙虚なる姿勢を取り戻せるトヨタであるならば、この道を比較的に容易に進み、早期に、再構築が可能となることであろう。

再び、同様な失敗を繰り返さないためにも、ここで、再度、自らの道筋を振り返り、省みれば、誤った経済合理性一辺倒の経営路線が、なぜ、引き起こされたかの人事的な選定における問題や原因の究明についても、同時並行して、解明・究明が必要で不可欠なこととなることであろう。








0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ