2010年4月12日月曜日

【主権者である国民から要望されて、残されている最大の政治改革の課題は何か】

【主権者である国民から要望されて、残されている最大の政治改革の課題は何か】


http://www.asyura2.com/10/senkyo84/msg/293.html


投稿者 matuoka yuuji 日時 2010 年 4 月 12 日 18:01:33: noT716RWWrvIk

【主権者である国民から要望されて、残されている最大の政治改革の課題は何か】

その解決策とその達成すべき方策・手順・目的を明確にして、主権者に指し示すときが来ている。

1.民主党連立政権は、主権者である国民の根本・基本である生存権・生活の保障を破壊した前自民・公明党の連立政権の不全的・欺瞞的な行政・経済政策に係る責任についての追及を徹底して、行うことが必要である。

2.この前政権の自民党・公明党は、未だに、その政治責任を取ろうとはしていない。自己の総括や反省についても、微塵にもしていない。
3.このことを、放置していては、国民が求めた民主党の政治改革は、中途で、挫折・瓦解してしまう。
4.自民・公明党政権は、国民の信認・信頼を失い、野に落ちたが、それは、形而的なものであり。実質的なものではないのである。外堀を埋めただけの事である。

5.実質的・本質的なものは、未だに、行政・官僚等の機関に、厳然と存在されて、運営されているのである。

6.新政権は、これを、いつまでも、旧体制のままで、放置してはならない。

7.国民から求められた政治改革の本質を忘れなければ、現マニフェストの実行・達成は、その後においても十分に可能なことである。

8.現在進められている事業の仕分け等は、既得権益官僚等の権益擁護のための抵抗と手の内の戦術の中で、行われているに過ぎない。

9.もっと、既得権益に対する政治改革的な闘争を本格化して、政治改革の本丸に、切り込まなければ、その改革は、根本的な改革にはならず、主権者のためにならないことを、認識すべきである。

10.新しい政治・経済の展望と展開は、この事を前もって成就してこそ、切り開かれることになるであろう。

11.現在において、求められている政治・経済の改革の結末は、忍耐・辛抱を長く続けている主権者である国民から、与えられた絶好の機会であり、その改革の目的が放置され、成就がなされないことがわかった時においては、過去の人間の歴史を振り返れば理解されることである。

12.与党・野党に係わらず現政治家達あるいは行政官僚達は、この事を、厳しく認識し、覚悟をして、政治・経済・行政の改革に邁進すべきことである。

~~~~~~~~~~~
【参考:私のブログリンク】:


2. http://matuoka1248.blogspot.com/  

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ