2009年9月28日月曜日

【国民主権不在の自民党、公明党の亡国的な連立政権であった】

1.【国民主権不在の自民党、公明党の亡国的な連立政権であった】

 政治支配権力自民党に、近づき寄り添い、その権力を行使してきた公明党は、国民を困窮に陥れたこの政権に対するうらみの国民の感情は、決して、消えるものではない。

 ここに、政治と宗教を逸脱した勢力による社会の分断が意図されてきた悪魔的な行為が、この日本社会のいたる所に、未だ遺されている。

 
 この自民・公明党による既得権益擁護の残存勢力を打ちこわさなければ、この勢力は、政権の奪回を目論見、企てて、社会的な、騒乱や分断を起こすことになるであろう。

 その自民党・公明党の悪巧みの企ては、八つ場ダム建設の舞台に、明確に現れている。

 この不謬的な社会の構造を構築した自民党・公明党の反社会活動に対して、監視し、究明・糾弾を続けていかなければ、国民は、再度、その足元をはじかれることになってしまうであろう。

 民主党政権が、成立したには、この前政権の不謬に対して、主権者である国民が納得できるように、国民主体の政治・行政の運営をしていかなければならないのである。

【追記】:

 この社会の不謬を追求し、糾弾し続けてきた植草氏を国民は感謝をすべきことである。

 そして、売国的な政治・経済実行した小泉・竹中の路線の勢力に対しての評価を裁断しなければ、国民は納得しないのである。



2.【新政権は前政権の遺した不謬に対する七難八苦を担うべき責務がある】‐【その覚悟こそあれば国民が支援していくぞ、がんばれ】

 新政権はその権力におぼれることがないように、主権者の国民の負託による公僕たることを、忘れてはならない。

 これを、念頭にいれて、政治・行政を行えば、何事もおそれることはないのである。

 不景気、経済は、国民の意気込みによって、変わるものである。

 現代のこの困窮さは、先祖が経験してきた歴史を振り返りなが見(む)れば、はるかに、低きことである。

 成せば成る何事も。民衆の意気込みこそ大事なことである。

 どのような障害も、その意気込みで、乗り越えることができるのである。

 これが、人間社会の本当の尊厳性であり。人間の歴史文化の創生過程なのである。

【参考:Asyura投稿リンク】:
     
       http://www.asyura2.com/09/senkyo72/msg/222.html

    
================

 植草一秀の『知られざる真実』 :

  http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/
 
  http://blog.with2.net/link.php?629348

  植草一秀のブログランキングのご支援を御願い致します。

人気ブログランキングへ

===============
合わせて私のブログランキングのご支援をよろしく、重ねてお願い致します。

http://blog.with2.net/site.php?id=847650
人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ