2009年9月7日月曜日

風速80mのスーパー台風襲来? 温暖化で今世紀後半に(:by 気象研究所)

  【宇宙から見た台風】







ハリケーン:カトリーナ 【2005年8月24日~8月29日】: by Youtube

【出展:参考リンク】:

   ハリケーン:カトリーナ ;【2005年8月24日~8月29日】: by Youtube


  【出展リンク】 http://www.youtube.com/watch?v=_SLXYRJnYm0




【Hurricane Katrina Part One】



【Hurricane Katrina Part Two)



【Hurricane Katrina Part 3- post Katrina Mississippi】


【参考リンク:終わり】
===========================================================
【風速80mのスーパー台風襲来? 温暖化で今世紀後半に】 


 出展引用】:

    http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090701000157.html    

【出展引用始め】以下の通り

==================================
   
2009/09/07 09:31  



地球温暖化が進むと今世紀後半、米国に大きな被害をもたらしたハリケーン「カトリーナ」を 上回り、地上の風速が最大80メートルに達する極めて強い「スーパー台風」が日本を襲う 可能性があるとの予測を、名古屋大と気象研究所(茨城県つくば市)のチームが7日までに まとめた。





 チームの坪木和久・名古屋大准教授は「温暖化が進みつつあるので、極端に発達する台風 が発生するのは不思議ではない。いかに予報し、災害軽減対策を講じるかが重要になる」とし ている。





 坪木准教授らは、超高速のスーパーコンピューターの地球シミュレーターを活用。今世紀末 の世界の平均気温が産業革命前と比べ3度程度上昇するとの気候変動に関する政府間パネ ル(IPCC)の温暖化予測シナリオに基づき、2074~87年に日本付近の台風の発生や発達 がどうなるかを詳細に予測した。

 




その結果、日本南方の西太平洋で海面水温が現在より2度程度高くなり、「スーパー台風」と 呼ばれる風速67メートル以上の極めて強い台風が複数回発生すると予測された。

 一方、温暖化が進まないとの想定では、スーパー台風の発生はゼロだった。  

 スーパー台風の一つは中心気圧が最低866ヘクトパスカル、地上の最大風速が80メートル と予測され、カトリーナ(中心気圧902ヘクトパスカル)や、日本に大きな被害を出した室戸 台風、伊勢湾台風をしのぐ強さになった。中心気圧が短時間に大幅に低下し、急速に発達する 特徴があるという。



【出展引用参考リンク】:

    http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090701000157.html

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ