2009年9月21日月曜日

By Benjaminfuruford 【早く世紀末劇をやりましょう】

【出展引用リンク】:  

     【早く世紀末劇をやりましょう】 : BenjaminFulford


       http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/


【引用始め】以下の通り
================

【早く世紀末劇をやりましょう】

欧米の秘密政府はアストロロジーと天文学に基づき運営してきた。マヤ族と同様この太陽系は2万6千年に一度ギャラクシーを一周すると信じている。今回の2万6千年のサイクルは2012年12月21日に終わるという。イルミナティの内部告白者によると、2012年までは人間が古代に書いた脚本によって運営される。その脚本は2012年に終わり、その際に闇の支配も終わらせざるを得ない。しかし彼らはその後どうなるかとても心配をしている。この一神教のどうしようもない「世紀末思想」を無くすために、実際に「世紀末劇」をやる必要があると思う。
実際にパパブッシュが所属する悪魔教の連中は既に「世紀末劇」の準備をしてきた。しかし彼らの案は「環境を守る」という名目で40億人を殺すことになっていた。

その代わりに、やはり人を殺さない「世紀末劇」を行えば良い。デイヴィッド・ロックフェラーなどの闇の政権の幹部を東京ドームのパーティに招待し、インディアンの平和パイプを一緒に吸ってから「世紀末」を始める。その後なるべく多くの人達に本当に世紀末を信じ込ませるほどの劇を演出するべきだ。例えばとても現実的なCGを使い、世界のテレビにニューヨークが核攻撃を受けた映像を流してから全てのニューヨークへのコミューニケションズをいったん切る。ニューヨーク市民に逆にニューヨークが世界の最後の町になったと信じ込ませる。勿論偽宇宙人侵略や仏様やキリストのホログラムなどを使うべきだ。また本当に悪魔が来たと信じ込ませるほどの悪魔役を見つけると更にリアルになる。救世主役はやはり人類の共通の意識の目覚めになる。この劇の目的は「一神教の治療」と同時に「人間が二度とも戦争をしたくなくなるようにする」ことだ。


勿論こんな派手なパーティを行うためには本当の理由が必要である。それは2012年までに新しいマーシャルプランで世界から貧困や環境破壊を無くしているお祝いであるべきだ。


パーティが終了したら新世界の権力ピラミッドを作る必要がある。勿論ピラミッドはもうごめんだと思う人が多いが、どうしても自然の摂理として必ず人間社会に何らかのピラミッドが生まれる。新しいピラミッドはとても公平で透明なものにすればいい。要するにどんな人間、アフリカの農家だろうが中国の女性だろうが能力と努力と人気などがあれば上まで昇れる。本物のメリトクラシー(能力、成果、結果主義)を設立する。
今まで世界を支配してきた秘密結社が潜伏し、万が一世界がまた混乱や戦争に陥ったら、その際は再び立ち上がれば良いのだ。



Let’s do Armageddon


The secret government of the West has been run according to astrology and astronomy. They, like the Mayans, believe the solar system rotates around the galaxy once every 26,000 years and that the current cycle ends on December 21st, 2012. Illuminati insiders say the world was run according to an ancient plan and that the script runs out on 2012. They know they will lose power after that date but they are scared and confused about what will happen next. My suggestion is to carry out Armageddon in order to purge monotheism of its obsession with end times.


The New World Order thugs have actually been planning a fake end of world scenario known as Project Bluebeam. This Satanic plan of course was aimed at killing 4 billion people in order to “save the environment.”


Instead why not carry out the biggest inside job in history and fake Armageddon without actually killing everybody. I was hoping to invite David Rockefeller and other honchos of the secret government to a big party at the Tokyo Dome where we could all smoke a peace pipe before launching “Armageddon.” Then we would do our best to scare the bejesus out of everybody by making as many brainwashed “sheeple” as possible really believe the world was coming to an end. For example you could broadcast realistic computer animation of New York being nuked. After that you would cut off all communications with New York. People in New York for their part, would be made to believe they were the last city on earth. Then of course all those fake UFOs and holograms of Christ and Buddha etc. could be brought out too. We could also start auditions for an Antichrist who was good enough to fool people into thinking he (or she) actually was the devil. Nobody could portray the actual messiah so that part should be assigned to all humans collectively as the birth of the human collective consciousness that arises to save the world. At the end, hopefully, humanity would be so stunned and awed they would never again ever want to have war.
Before starting the Armageddon, though, we will need a new Marshall Plan to rid the world of poverty and environmental destruction so that humanity really did have something to celebrate in 2012.
After the Armageddon ends, humanity will need to set up a new pyramid of power. Now I know that sounds like New World Order propaganda at its best but the fact of the matter is there will always be some sort of pyramid of power. The trick is to make it a completely transparent and free pyramid so that any peasant from Nigeria, or Chinese schoolgirl, or whoever, could, if they were good enough, climb to the top. In other words set up a meritocracy.
The secret societies could then go to sleep but stand by to intervene if the world ever started to again decay into anarchy and war.




===========================


【引用終わり】以上の通り


================


【私のコメント】以下の通り


 神になりえない存在である人間、人類社会の宿命に限界があるかを考慮したならば、神のいるような善なる社会への構築は、無限の可能性が広がっている。


 それが、人類社会の文化的な価値であり、歴史的な人間社会の確実な流れになるのであろう。


 人類の歴史上において、世界に多く存在し続ける宗教は、その善と悪を判別する根拠的な理念定義が、非常に不明確な部分があり、異なる宗教理念間での抗争をも生み出し続けて社会を混乱させている要因にもなっている。


 人間自身が考え出した宗教は、立派な理念や理想で、創始者で始められても、宇宙的な時間軸の中で、やがては、その理念・理想は、姿・形を変えてしまうのである。物理学でいう拡散原理の法則の流れに、逆らえないのである。


 宗教は人類社会をコントロールする基準や手段にはなり得ない限界があるのである。


 宗教よりも、もっと、本然的な理想や願望・希望を求める手段・方策を人間社会は、未来に渡り、模索し続けていかなければならない生物的な天命の中で生きて存在しているようである。

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ