2009年9月28日月曜日

【中国「国慶節」への招待状と訪米 :by 笹川陽平氏のブログの紹介】

【中国「国慶節」への招待状と訪米 :by 笹川陽平氏のブログの紹介】

http://www.asyura2.com/09/senkyo72/msg/230.html

投稿者 matuoka yuuji
日時 2009 年 9 月 28 日 11:57:13: noT716RWWrvIk


【中国「国慶節」への招待状と訪米 :by 笹川陽平氏のブログの紹介】

 
【出展引用リンク】: 中国「国慶節」への招待状と訪米

   http://blog.canpan.info/sasakawa/archive/2100


【出展引用始め】以下の通り

===============
国慶節は1949年10月1日、天安門広場にて中華人民共和国の建国式典が行われた際、毛沢東により中華人民共和国の設立が宣言され、今年は新中国60年にあたる特別の国慶節である。

招待状を頂戴したが、9月30日はカーター元米国大統領との昼食の先約と20数年来師弟関係にあったノーマン・ボーローグ博士(ノーベル平和賞、笹川アフリカ協会前会長)の追悼式典が10月6日、アメリカの名門大学・テキサスA&M大学で行われる予定で、弔辞の依頼があり、残念ながら国慶節は欠席せざるを得なくなった。

すでに6月頃よりメディアを中心に国慶節の軍事パレードの出し物が話題になっていた。

6月22日の面談の折、梁光烈・国防部長より国慶節の軍事パレードについて以下の発言があった。

「建国後の人民解放軍の発展、規律、教育の状態を国民に伝えたい」
「実際に何を展示するかはその時の状況、部隊の状況などを見た上で決めることになる」

当日の出席者は発言の後段を中心に解釈して、新兵器の展示は少ないのではとの意見が多かった。

私は前段の発言を重要視して、6月22日のブログに「軍人パレードは1954年の毛沢東、1984年の鄧小平、1999年の江沢民以来となり、20年ぶりのことで、建国60周年でもある。60年間の人民解放軍の発展、規律、教育の状態を国民に公開したいという以上、国産の戦闘機も戦車も展示されるだろう」と推測した。
果せる哉、読みは当たった。

9月23日、人民解放軍の軍事パレード司令部の高建国報道官は核弾頭ミサイル、早期警戒管制機、52種類の国産兵器の9割は初公開であり、「全国と全世界にわが国の国防の近代化の偉大な成果をはっきりと示す」と強調。核ミサイル、巡航ミサイルも登場予定という。

21年間、毎年、軍事予算は2桁成長してきた。このことへの質問の答えは常に「遅れていた軍人の待遇改善、旧式武器の近代化」と説明されてきた。しかし、今後、この説明は通用しない。

G2、すなわちアメリカを意識した更なる軍備増強、近代化は、航空母艦の建造をはじめ、これからがいよいよ本格化するということである。

=============
【私のコメント】

 中国の軍備増強の状況は周辺の諸国にとって、脅威になりつつある。

 世界の安寧のために、中国共産党一党独裁政権の支配政権の中での軍部官僚に対する政権支配コントロールする力の関係で、将来の世界を見据えた軍部運用の方針を変えていくことが望ましい。

 これに対して世界の人々の懸念が、引き起こされて、世界の分断と世界の紛争が始まるおそれが十分にあるのである。

 米国や中国とも、日本は協力していかなければならない時代がすでに、目の前に出現されてきている。

 この中で、日本がどのような道を切り開かねばならないかを十分に、熟考を重ね、その時代的な大きな流れがによって、悲惨な戦争に巻き込まれぬような外交政策を進めていかなければならない。 難しい舵取りが必用なのである。

 相互理解を進展させるために、十分な協議を存分に積み重ねて、相互国民同志の信頼を築くことが最重要になってきている。

=================

【私のブログ】:希望のある未来を創ろう

      http://matuoka1248.blogspot.com/


=================

【天木直人氏のブログランキングのご支援をよろしくお願いいたします。】:

    http://www.amakiblog.com/

=================
 【私のブログ】:希望のある未来を創ろう

    http://matuoka1248.blogspot.com/

合わせて私のブログランキングのご支援を御願い致します。  

http://blog.with2.net/link.php?847650

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ