2009年11月4日水曜日

【仏GDFスエズ、サウジで世界最大の発電・海水淡水化プロジェクト稼働】 :  By[環境CSR]

【仏GDFスエズ、サウジで世界最大の発電・海水淡水化プロジェクト稼働】    :  By[環境CSR]


                      2009年11月01日


【出展引用リンク】: 

 http://www.ecool.jp/foreign/2009/11/gdf07-415.html


【引用始め】以下の通り
==========



.仏エネルギー大手GDFスエズは10月27日、サウジアラビアのMarafiq発電・海水淡水化プロジェクト(Independent Water&Power Producer:IWPP)の一部設備の稼動を開始したことを発表した。Marafiqプロジェクトの総事業費は34億ドル。2010年中の完全稼働を予定している。

IWPPは、発電に伴う排熱を利用して海水の淡水化を行うもので、Marafiqプロジェクトは、出力2750メガワットの発電設備と一日約80万トンの海水淡水化設備を持つ世界最大規模のプラントになる。これは現在のサウジアラビアの発電能力2万9000メガワットのおよそ10%になる。サウジアラビア政府は2020年までに発電能力を6万メガワットまで拡張する。

===================
【関連ニュース】

シェル、ジェット燃料に天然ガス原料の代替燃料を供給

EU:低炭素技術に追加投資500億ユーロ必要=欧州委
 

==============

【引用終わり】以上の通り

======================
======================

私のブログランキングのご支援を重ねてよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ


=====================

=====================

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ