2009年11月12日木曜日

コモンズの悲劇 : By Wikipedia

コモンズの悲劇 : By Wikipedia

【出展引用リンク】: 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%81%AE%E6%82%B2%E5%8A%87




タイ東北地方のコモンズ。牛飼いは、脇道に生えている草を牛に食ませる。ローカル・コモンズを利用し管理する現地住民は、草の根民活として評価できる。


提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

タイ東北地方のコモンズ。牛飼いは、脇道に生えている草を牛に食ませる。ローカル・コモンズを利用し管理する現地住民は、草の根民活として評価できる。コモンズの悲劇(コモンズのひげき、The Tragedy of Commons)とは、多数者が利用できる共有資源が乱獲されることによって資源の枯渇を招いてしまうこと。共有地の悲劇ともいう。

生態学者ギャレット・ハーディン(1915-2003年)が 1968年に『サイエンス』誌に論文「The Tragedy of Commons」を発表したことで、一般に広く認知されるようになった。

目次 [非表示]
1 概要
2 事例と対策
3 参考文献
4 関連項目


概要 [編集]
たとえば、共有地(コモンズ)である牧草地に複数の農民が牛を放牧する。農民は利益の最大化を求めてより多くの牛を放牧する。自身の所有地であれば、牛が牧草を食べ尽くさないように数を調整するが、共有地では、自身が牛を増やさないと他の農民が牛を増やしてしまい、自身の取り分が減ってしまうので、牛を無尽蔵に増やし続ける結果になる。こうして農民が共有地を自由に利用する限り、資源である牧草地は荒れ果て、結果としてすべての農民が被害を受けることになる。

ただし、実際にコモンズの悲劇が起こるのはその共有地がオープンアクセスの場合に限られる。希少資源の獲得など正の外部性(外部経済)の場合は、利害関係者に所有権を与えて管理させる事によって、コモンズの悲劇を防ぐ事が出来る。いっぽう大気汚染や水質汚濁、土壌汚染など負の外部性(外部不経済)の場合には、環境負荷を発生させる行為に対する規制的手法や、市場原理を活用する手法(外部不経済の内部化)が用いられる。

事例と対策 [編集]
地球環境問題もコモンズの悲劇としてたとえることができる。地球はみんなのものであるからこそ、みんなが好き勝手に利用すれば、環境を悪化させてしまう。そこで、地球の利用にかかわる財産権を定めることが、地球を適切に管理することにつながる。こうした環境悪化に対する処方箋としては、政府などが適切な規制をすることによる保全策が取られるとともに、近年では市場原理を活用する方法として環境税の導入が実施されている。

現地住民が利用する共有地や共有資源が、地域コミュニティの構成員に限って利用できる「ローカル・コモンズ」である場合(里山の入会地など)は、相互利益に配慮して利用するための制度が歴史的に整備されている場合が多く、この場合には収奪的利用を抑制する仕組みを備えているため、コモンズの悲劇は起こらない。そのため、身近なコモンズを利用して牧畜などを行う現地住民は、コモンズの適正管理を行っている草の根民活として評価する立場もある。これは、自然保護や地球環境問題の解決を、住民のローカル・コモンズ管理の手法に見習うという発想をもたらした。

ハーディンが論文を発表した後、多くの研究者が反論を唱えた。そしてハーディン自身もコモンズの悲劇が起こるのはオープンアクセスの時であると自らの主張を改めた。 しかし、発表以後、この論文を中心に議論が巻き起こり、この分野の研究が大きく発展した。その意味でのハーディンの功績は大きい。

また、知的財産権に関する議論の中で、コモンズの悲劇が同様の事例としてしばしば引き合いに出される。

参考文献 [編集]
The Tragedy of the Commons, by Garrett Hardin (1968)
関連項目 [編集]
ローカル・コモンズ
公共、公共財
外部性、フリーライダー
社会的ジレンマ
環境経済学
ゲーム理論
アンチコモンズの悲劇
里山、入会地
宇宙船地球号
ハエ取り紙の理論
[隠す]表・話・編・歴環境問題

[表示] 環境問題の基礎

概念 自然環境 · 環境負荷 · 環境保護 · 自然と人間の共生

環境倫理学 地球有限主義 · 世代間倫理 · 自然の生存権 · ガイア理論 · エコロジー · クオリティ・オブ・ライフ · 環境リスク · 環境保護主義 · 持続可能性(サステイナビリティ)

責任と権利 汚染者負担原則 · 社会的費用 · 環境政策 · 環境責任 · 環境権

対策 環境運動 · 環境マネジメント · 環境法 · 環境基準 · 環境モニタリング · 環境技術 · 環境会計 · ライフサイクルアセスメント · 環境ラベリング · 環境税

環境学 工学 · 生物工学 · 科学 · 化学 · 経済学 · 歴史 · 心理学 · 社会学



[表示] 人類と環境の歴史

環境問題の歴史 stub...

報告・国際合意 沈黙の春('62) 宇宙船地球号('66) 成長の限界('72) · ストックホルム会議('72) · ブルントラント委員会('83) · 地球サミット('92)(アジェンダ21 · 森林原則声明 · 気候変動枠組条約 · 生物多様性条約) · 国際人口開発会議('94) · ミレニアム宣言('00) · 地球サミット('02) · ミレニアム生態系評価('05)



[表示] 環境問題の一覧と概要

水質汚染 水質汚染 · 海洋汚染 · 地下水汚染 · 底質汚染 · 富栄養化 · 貧酸素水塊 · 赤潮 · 青潮 · アオコ

大気汚染 スモッグ · 光化学スモッグ · 煙霧 · 煙害 · 酸性雨

土地の問題 土壌汚染 · 土壌流出 · 地盤沈下 · 塩害 · 砂漠化 · 森林破壊 · 磯焼け

生活環境問題 騒音 · 低周波騒音 · トンネル微気圧波 · 振動 · 悪臭 · 電磁波 · 光害 · 日照阻害

ごみ・廃棄物 ごみ問題 · 不法投棄 · ポイ捨て · 漂流・漂着ごみ · 放射性廃棄物 / 循環型社会

気候変動 地球温暖化(地球温暖化の影響) · ヒートアイランド / 地球温暖化への対策

生態系問題 乱獲 · 密漁 · 密猟 · 絶滅危惧種 · 外来種 · 獣害 · 虫害 · 鳥害

その他 感染症 · 生物災害 · 有害物質 · 環境ホルモン · 景観破壊 · 環境難民

複数領域にまたがるもの : 公害 · 地球環境問題 · 自然破壊



[隠す] 持続可能な社会

理念と定義 持続可能性科学 · 持続可能性会計 · 持続可能性管理 · 地球憲章 · 持続可能な開発 · 持続可能な開発のための教育

人口 家族計画 · 人口爆発 · 人口制御

消費 反消費主義 · 倫理的消費主義 · エコロジカル・フットプリント · コモンズの悲劇

食料と水 食糧安全保障 · 持続可能な農業 · 持続可能な漁業 · 地産地消 · 都市園芸 · 水資源 · 水危機 · 節水

エネルギーと資源 省エネルギー · 再生可能エネルギー · 循環型社会(再生可能資源 · 枯渇性資源)

活動・分野 建築 · 都市 · コミュニティ · 森林 · 産業 · デザイン · 生活 · 旅行 · 交通



Category:環境 · Category:環境問題 · Portal:環境


この項目「コモンズの悲劇」は、環境に関連した書きかけの項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めています。(P:環境)

この項目「コモンズの悲劇」は、経済関連の書きかけです。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています(ウィキポータル 経済学、ウィキプロジェクト 経済)。

「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%81%AE%E6%82%B2%E5%8A%87」より作成
カテゴリ: 公共経済学 | 環境思想 | 環境問題 | 資源 | 開発 | ゲーム理論 | パラドックス
隠しカテゴリ: 環境関連のスタブ項目 | 経済関連のスタブ項目

======================

引用終わり】以上の通り

======================
======================

私のブログランキングのご支援を重ねてよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

=====================

=====================

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ