2009年11月19日木曜日

ドヴォルザーク 交響曲第9番 「新世界より」 第2楽章

メイプルストーリーの夕焼けの映像です

カテゴリ: 音楽

タグ: ドヴォルザーク 交響曲 新世界より メイポ 夕焼け

http://www.youtube.com/watch?v=ZI-d96nZ-NI



 交響曲第9番 (ドヴォルザーク) : wikipedia


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC9%E7%95%AA_(%E3%83%89%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%AF)

概要 [編集]

ボヘミア(現在のチェコの中西部)の生んだ大作曲家アントニン・ドヴォルザーク(1841~1904)は、1892年にニューヨークにあるナショナル・コンサーヴァトリー・オブ・ミュージック・オブ・アメリカの院長に招かれ、1895年4月までその職にあった。この3年間の在米中に、彼の後期の重要な作品がすくなからず書かれている。作品95から106までの曲がそれである。しかし、アメリカに着いた年の夏に書かれた『新世界より』は、チェロ協奏曲と並ぶ彼の生涯の傑作中の傑作であることは改めて言うまでもない。
この作品は弦楽四重奏曲第12番『アメリカ』、チェロ協奏曲と並んで、ドヴォルザークのアメリカ時代を代表する作品である。ドヴォルザークのほかの作品と比べても際立って親しみやすさにあふれるこの作品は、クラシック音楽有数の人気曲となっており非常に有名。オーケストラの演奏会で最も頻繁に演奏されるレパートリーのひとつでもあり、ベートーヴェンの交響曲第5番『運命』、シューベルトの交響曲第7(8)番『未完成』と並んで「3大交響曲」と呼ばれることもある。
『新世界より』という副題は、新世界アメリカから故郷ボヘミアへ向けてのメッセージ、といった意味がある。全般的にはボヘミアの音楽の語法によりながらも、アメリカで触れたアフリカ系アメリカ人やネイティヴ・アメリカンの音楽も見事に融合されており、それらをブラームスの作品の研究や第7・第8交響曲の作曲によって培われた西欧式の古典的交響曲のスタイルに昇華させている。このように、東欧・西欧・アメリカの3つの地域の音楽が有機的な結合で結びいた本作は、ドヴォルザーク有数の名作ということができるであろう。

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ