2010年2月19日金曜日

中共に対するグーグルの挑戦

<object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/HbyS8wQx430&hl=ja_JP&fs=1&"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/HbyS8wQx430&hl=ja_JP&fs=1&" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="425" height="344"></embed></object>

【出展引用リンク】: http://www.youtube.com/watch?v=HbyS8wQx430


【新唐人2010年1月18日付ニュース】世界最大手検索エンジンのグーグルが中共の インターネット検閲に反対を宣告し、中国市場からの撤退をも視野に入れている方法で中 共の検閲とハッカーの攻撃に抗議を示した。このことは国内外の強烈な反響を引き起こし 、米中両国の外交問題に発展した。グーグルの中共のインターネット封鎖に対する挑戦は 中国大陸のネットユーザーらの賛美と声援を獲得した。


1月12日、グーグルの最高法務責任者の(デビッド C.)ドルモンド氏は、欧米および中国大陸の人権活動家のgmailのアドレスが定期 的にハッキングされ、また少なくとも20社の外資企業がハッカーの攻撃を受けたと明か した。


グーグル最高経営責任者(CEO)のエリック・シュミット氏は15日、「ニューズウィ ーク」の独占取材で、中国政府と撤退の件について話し合っている最中で、「我々は中国 と中国人民を愛している」と語った。


アメリカ国務部は1月15日、中国に照会をすることを発表し、グーグルの中国からの撤 退に関心を示した。「ニューズウィーク」によると、アメリカのこのような交渉はつまり 、正式な抗議を意味する。


ホワイトハウスのギブス報道官は14日、グーグルの決断に支持を示し、オバマ大統領も 中国でのインターネット自由の権利を支持していると強調した。

カテゴリ:  ニュースと政治
タグ: 

======================

このブログで、ブログランキングに参加しております。

皆様方に、この私のブログランキングへの御支援を御願い申し上げ致します。

重ね重ねて、ご支援のクリックの御協力のほど、よろしく御願いを申し上げ致します。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

======================


0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ