2010年2月26日金曜日

11歳、藤沢里菜さんがプロ棋士に 史上最年少で難関突破

【出展リンク】: http://sankei.jp.msn.com/culture/igo/100206/igo1002061711002-n1.htm


11歳、藤沢里菜さんがプロ棋士に 史上最年少で難関突破

2010.2.6 17:06
このニュースのトピックス囲碁・将棋
史上最年少の小学生プロ棋士・藤沢里菜さん=2月6日午後、東京都千代田区(中鉢久美子撮影)史上最年少の小学生プロ棋士・藤沢里菜さん=2月6日午後、東京都千代田区(中鉢久美子撮影)
 祖父の故・藤沢秀行名誉棋聖、父の藤沢一就(かずなり)八段に続き、三代の囲碁のプロ棋士を目指していた、11歳の藤沢里菜さんが史上最年少で難関を突破した。6日、東京都千代田区日本棋院で行われた、平成22年度女流棋士(特別)採用試験本戦の最終ラウンドで勝った藤沢さんは6勝2敗となり、1位での合格を決めた。後日、正式承認されて初段となり、4月1日付けで女性初の小学生プロ棋士が誕生する。
 9人によるリーグ戦で藤沢さんは6勝2敗となり、3人が同成績で並んだが、序列の差で抜け出した。11歳6カ月は謝(しぇい)依旻(いみん)女流3冠(女流名人、女流本因坊、女流棋聖)の14歳4カ月を大きく更新し、男性を含めても趙治勲二十五世本因坊の11歳9カ月を抜く最年少記録となる。
 「2敗したときはもうなれないと思っていたので、うれしいです」と、素直に喜びを語る藤沢さん。6歳で碁を始め、道場に通い勉強した。兄と出場した全国小・中学校囲碁団体戦・小学校の部では3年間、優勝に貢献した。「小学生のうちにプロになりたかった」という最初の目標をクリアし、「女流のタイトル目指して頑張りたい」と、大きな夢がふくらんだ。
(榎本弘幸)

このニュースの写真

史上最年少の小学生プロ棋士・藤沢里菜さん=2月6日午後、東京都千代田区(中鉢久美子撮影)
史上最年少の小学生プロ棋士・藤沢里菜さん=2月6日午後、東京都千代田区(中鉢久美子撮影)
史上最年少の小学生プロ棋士・藤沢里菜さん=2月6日午後、東京都千代田区(中鉢久美子撮影)
史上最年少の小学生プロ棋士・藤沢里菜さん=2月6日午後、東京都千代田区(中鉢久美子撮影)
史上最年少の小学生プロ棋士・藤沢里菜さん=2月6日午後、東京都千代田区(中鉢久美子撮影)
史上最年少の小学生プロ棋士・藤沢里菜さん=2月6日午後、東京都千代田区(中鉢久美子撮影)
史上最年少の小学生プロ棋士・藤沢里菜さん=2月6日午後、東京都千代田区(中鉢久美子撮影)

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ