2009年7月22日水曜日

次期政権は、現検察庁の人事行政組織を解体せよ。自民・公明党政権は、忍者の用兵術を心得ていなかったのだ。 敵陣の人をも、味方に引き入れるための用兵術を学びなおせ。

次期政権は、現検察庁の人事行政組織を解体せよ。自民・公明党政権は、忍者の用兵術を心得ていなかったのだ。 敵陣の人をも、味方に引き入れるための用兵術を学び治せ。

1.主権者の国民の税金で、賄われた国家の施設である総理官邸での、西松建設の政治献金に係る民主党党首小沢氏の追い落としの作戦を検察庁の出身である漆間の非公式な見解を、そもそも首相官邸で、行うこと自体が、無謀で、粗略な方法であったのである。 まず舞台を表の舞台と裏の舞台の使い分けが、できていないのである。

2.この漆間は、忍術の基本である裏の舞台の敵陣の撹乱のための黒子に徹する戦術を心得ていなかったのである。

3.この程度の男が、良くここまで、内閣の調整官に、抜擢されたのか不思議に思うのである。

4.この漆間は、次期政権で、その因果のために、直ちに、失脚第一号になるであろう。

5.麻生総理は、忍術の里で、仁術や用兵術を学ぶ直すことが必要である。 下野したら伊賀の忍者屋敷に遊びに来なさい。 そこで、多くの庶民の素朴な姿や親子の楽しい幸せな姿を、眺めたり、会話をして、御覧なさい。 もっと、すばらしい、展望がきっと開かれるでしょう。国民ともっと率直に、会話をして、国民の心を掴む術を研究しなさい。

 それには、好きな漫画だけでなく、幅の広い読書をすることを推奨いたします。特に中国の歴史的な古典を通して学ぶことは、人の生き方や生き様を学ぶことで、最適な教材になるでしょう。

6.媚を売る取り巻きの雑言等は、戦いを前にして、不必要である。 自ら、率先して、庶民の懐へ入りなさい。 庶民は、様々な問題をもって、一生懸命に生きていることを、知りなさい。

7.戦いには、正義が必要である。 その正義を自らの手によって、国民の不信を買い、その信頼を捨ててしまったことが、この現在の状況にしてしまったのである。 自らの正義を信じて、人生を歩むべきである。まだ、戦いは、これからである。


8、与党と野党が、相互に正義の旗を掲げて、全脳力を懸けて、正々堂々と戦えば、きっと、国民も大喝采を送るでしょう。

【追記】:忍術のことを話題にしたので、参考として、忍者が活躍した【伊賀の乱】について、参考のリンクを次に紹介致します。
 
  (参考リンク):【伊賀の乱】:
   
       http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%B3%80%E6%B5%81

【私のasyura投稿リンク】:
      
       http://www.asyura2.com/09/senkyo67/msg/831.html

人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ