2009年7月11日土曜日

日本の政治経済政策としての海洋資源開発政策の柱と成る得るメタンハイドレートとは?海洋開発においても、官僚任せの無能力自公政権だ。

日本の政治経済政策としての海洋資源開発政策の柱と成る得るメタンハイドレートとは?

1.メタンハイドレート Wikipedia とは、  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

参考リンク:日本もアラブやドバイのような資源大国になれるか!? 日本近海に眠るという新エネルギー「メタンハイドレート」とは?
   http://trend.gyao.jp/trivia/entry-251185.html

2.近未来のエネルギー資源として、日本の近海の海底に、無尽蔵に埋蔵が予見されるメタンハイドレートの技術開発には、日本政府の産業育成の指導力が問われなければならない。

3.これに関する産業技術の開発進展には、多大な研究の労力と時間を必要とされるが、現在の自公政権の産業政策には、そのための開発戦略計画を時代おくれで、既設的な制度や既得権益を擁護する官僚だけに重要な政治・政策を任せているだけで、海洋開発予算の配分においても、主導的、率先的な手腕を示さず、明確な方針を確立しようとする努力もなされていないのである。

4.その自公政権の政治政策の無能力さが、妨げになっているのである。

5.海洋基本法の制定後の海洋基本計画の策定は、一体どうなっているのか???。

6.政権が不安定で、海洋基本計画策定が一向に進展していないのである。

7.まったくあきれる無能力な自民・公明与党政権である。

8.現在の自公政権は、日本のイノベーション産業等の発展の足かせになっているのである。

9.官僚のみに頼る政治・政策を直ちに、止めよ。 そこにあるのは、時間と税金の無駄使いばかりの無策・無能である。


http://blog.with2.net/link.php?847650



人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ