2009年7月13日月曜日

世界の安寧のある平和社会の創生を目的にし、未来の世界の安寧を開く海洋開発産業を国民の総力で育てよう。


世界の安寧のある平和社会の創生を目的にし、未来の世界の安寧を開く海洋開発産業を国民の総力で育てよう。

日本の社会の未来を担う若者等のために、未来志向を育み、国際協力を促進させ、世界的な平和・安寧の社会の創生のために、改定鉱物資源開発問題、海底天然ガス・石油エネルギー資源開発、人口増大対策、食料の確保・保全(洋上の農林・水産業)の展開、洋上太陽光発電・太陽熱発電等の諸課題の解決・完遂させるための国際的な社会資本の有効活用、国際的公共事業、温暖化防止環境対策課題等の総合的な解決の方策として、循環型資源活用等、多岐に渡る海洋開発発展をめざし、その舞台の創生にむけて、長期計画を立案し、諸制度を確立を早急に検討し、実現可能性計画等を国際協力を旗印に掲げ、全国民の参加を促進させ、世界の人々に、広報し、日本国民の知恵の総力を挙げて、すみやかに、海洋基本計画策定に際して、政治政策の最重要な課題として、次期政権の運営される方々に、検討して頂きたいのである。

日本の未来を切り開き、進み行くべき道として、世界の人々とともに、世界の混迷や争乱を根絶し、仲良く、明るい希望のある平和で、安寧のある世界の創生をめざす方向性と哲学を備えたものであるべきである。 

 その政治経済、技術哲学を世界の人々に行き渡るように戦略的な広報を拡大させて行く必要が、現在の日本にもとめられているのである。

 次世代の希望のある世界を創生する役割の主役を担うのは、若者達である。
 その若者達に、明確な夢と希望を提示して、その舞台創生に、最大の努力することをしなければならない政治家や産業人達は、既成の枠組みの社会概念にしばられているのである。 若者を既設社会の構造に縛り付けてはならない。
 
 これを、早急に、改めていかなければ、時代的な要請に、日本の社会は立ち向かうことは困難になってしまうのである。

 現在の社会的な、政治・経済・財界の権力者の概念では、解決がなされないままで、時間と経済資本の無駄に消費されてしまうのである。

 今後の激変する世界の状況に、対応するために、その理念創りに、若者を主体にしていく時代が、切に求められているのである。
 
 老兵は、その栄光の舞台創りを、若者達に、ゆずり渡さなければならない時代的な要請なのである。若者達に、助力を惜しまずに、社会的に、慕われて、尊敬されるように、多くの人達の幸せを願い、豊かな人生を送ることに努めるべきである。

 日本の若者は、勇気をもって、その使命感を奮い立たせて、困窮する世界人々のためにに活躍されることを切に祈ります。
 
 日本の未来は、世界の人々と協力して進めば、やがては、明るい社会になるであろう。



画像:
記入日時: 2009/7/13 23:10:55

人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ