2009年7月17日金曜日

PCB(ポリ塩化ビフェニール)について

【PCB(ポリ塩化ビフェニル)】について;

猛毒のPCB(ポリ塩化ビフェニル)による、汚染は、私達が日常に口にする海洋生物の体内に蓄積しているのである。
  
 これは、物理学の中でいう熱力学の第二方程式のエントロピーの法則原理によるものである。すなわち、物理量の拡散と集積を端的に表すものの例である。

 現民主党党首 鳩山由紀夫氏は、理工系の頭脳で、この原理法則を理解して、友愛のテーゼにもしておられる。



【参考出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)】 

:【抜粋】以下の通り

【出展リンク】:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AA%E5%A1%A9%E5%8C%96%E3%83%93%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%AB

移動: ナビゲーション, 検索

PCBの構造。ビフェニルの水素が、1~10個塩素に置換されている。ポリ塩化ビフェニル(ポリえんかビフェニル、polychlorinated biphenyl)またはポリクロロビフェニル (polychlorobiphenyl) は、ビフェニルの水素原子が塩素原子で置換された化合物の総称で、一般式 C12HnCl(10-n) (0≦n≦9) で表される。置換塩素の数や位置によって、計算上209種の異性体が存在する。略してPCB(ピーシービー)とも呼ばれる。なお、英語ではプリント基板 (printed circuit board) との混同を避け「PCBs」と呼ばれる事もある[1][2]。

熱に対して安定で、電気絶縁性が高く、耐薬品性に優れている。加熱や冷却用熱媒体、変圧器やコンデンサといった電気機器の絶縁油、可塑剤、塗料、ノンカーボン紙の溶剤など、非常に幅広い分野に用いられた。

一方、生体に対する毒性が高く、脂肪組織に蓄積しやすい。発癌性があり、また皮膚障害、内臓障害、ホルモン異常を引き起こすことが分かっている。

PCBの異性体の中でも特に、コプラナーPCB (Co-PCB) と呼ばれる平面状の構造をとるものは、一般のPCBに比べて毒性が高く、ダイオキシン類にも分類されている。これには29種類の異性体が存在する(例えば、2および2'の位置に塩素の置換が起こると、塩素原子同士が重なり合ってしまうために平面状分子ではなくなる)。

【以上引用終わり】

ブログランキングに参加しております。カテゴリーは政治、環境です。よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ