2009年7月30日木曜日

潮汐および潮流のエネルギーを電力変換して利用しよう。

潮汐の日々の変動は、月と地球と太陽の位置関係に応じて絶え間なく続ける天体運動によるエネルギーである。繰り返されて、海洋の世界に生み出され続けるこの天体運動のもつエネルギーを最大限に、利用する技術文化を育てよう。

 【参考リンク1:潮汐力 wikipedia 】 :
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E6%B1%90%E5%8A%9B
  
 【参考リンク2:潮汐発電 wikipedia 】 :
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB
  
 【参考リンク3:潮流 wikipedia 】

 
 【参考リンク4:潮流発電 wikipedia 】
http://www.google.com/search?q=%E6%BD%AE%E6%B5%81%E7%99%BA%E9%9B%BB&rlz=1I7GPMD_jaJP323&ie=UTF-8&oe=UTF-8&sourceid=ie7 

 潮汐流よるエネルギーの潜在的な総量は、大気運動や風により生まれる風波の運動エネルギーの総量に比べても、莫大なのである。 波力発電よりも有力な自然えねるぎーである。
 それが十分に利用されてこなかった原因は、何にあるのであろうか。なぜなのであろうか。

 潮汐発電施設建設に、高価な費用がかかるからであろうか。

2.潮流とは、---。


【私の考察】:

今後このテーマでの海洋技術の発展のための方策を考えて、提示できるように、する予定でおります。 どうぞ、よろしくご支援をお願い致します。 2009.7.30

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ