2009年8月14日金曜日

海洋資源開発や航空宇宙産業分野にも焦点=鳩山民主党代表

【海洋資源開発や航空宇宙産業分野にも焦点=鳩山民主党代表 】

     2009/8/11

【出展引用リンク】: http://fine.ap.teacup.com/fujieda/1620.html

【引用始め】以下の通り。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
民主党の鳩山由紀夫代表は11日午後、海外メディアとの記者会見で、
中長期的な成長戦略について、従来繰り返してきた農業・環境分野に加え、
資源小国の日本で出遅れている海洋資源開発や航空宇宙産業分野にも
焦点を当てることが大事だと述べた。

地域的には「アジア全体を視野に入れる工夫も必要だ」と述べたが、
具体策には言及しなかった。

政権獲得後の統治機構については既に、
閣議前日に実質的な決定を行ってきた事務次官会議を廃止し「閣僚委員会」で
プロジェクトごとの結論を導く政策決定システムや、
首相直属の「国家戦略局」を内閣に新設し国家ビジョンや
予算の骨格を策定する考えを明らかにしている。

鳩山代表は官僚主導から政治主導の政策決定が
「民主党の統治機構の一丁目一番地」であると述べ、
最優先課題として取り組む考えを強調した。

現行の経済財政諮問会議との違いについて同会議が
有識者議員も含めた意見交換の場ではあるが「必ずしも
政治主導で最終的な決定になっていない」とする一方、
新設する首相直属の「国家戦略局」には「権限を与え、
そこでの結論が最終的な意思決定になるような(形にすることで)、
より政治主導になる」と説明。

詳細は今後詰めるとしながらも具体的な
予算編成プロセスについて「官僚まかせ」から、
「国家戦略局で予算の骨格を決めたあと予算関係の閣僚委員会にかけ、
最終的に閣議で決定する」システムに変える考えとした。

靖国神社の参拝については「(首相になっても)靖国神社を
参拝するつもりはない。閣僚にも自粛するよう言いたい」と述べた。

【引用終わり。】

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ