2009年8月7日金曜日

【デュポン、米政府と太陽電池用の薄型フィルム開発】:by 【環境CSR】 2009.7.3

【デュポン、米政府と太陽電池用の薄型フィルム開発】by 【環境CSR】 2009.7.3



【デュポン、米政府と太陽電池用の薄型フィルム開発】:by 【環境CSR】 2009.7.3

【出展引用リンク】: 
      http://www.ecool.jp/foreign/2009/07/dup24-251.html


【引用始め】:以下の通り。
米化学大手デュポンは2日、米エネルギー省(DOE)と共同で産業用および家庭用太陽電池に関する研究プログラムを立ち上げることを発表した。デュポンが600万ドル、DOEが300万ドルを出資する。

共同研究では、CIGS太陽電池という、シリコンを使わない次世代の太陽電池向け超薄型保護フィルムの早期実用化を目指している。開発する超薄型保護フィルムは、人間の毛髪の3000分の1の薄さで、湿気による発電効率の低下を防ぐなどの特徴がある。デュポンとDOEは、中長期的にも成長分野として期待される薄膜太陽電池分野での競争力の強化を図る。

米国、集光型太陽熱発電の開発に50億円投入
サンパワーとウェルズ・ファーゴ、1億ドルの太陽光発電ファンド
デュポン、米政府と太陽電池用の薄型フィルム開発
米国、復興再投資法から4億6700万ドルを地熱と太陽エネルギーの技術支援計画に投資

2009年8月(4) 2009年7月(52) 2009年6月(44)
2009年5月(40) 2009年4月(41) 2009年3月(27)
2009年2月(28) 2009年1月(33) 2008年12月(12)
2008年11月(7) 2008年10月(12) 2008年9月(3)

太陽電池、世界最大手独Qセルズ/50メガワットのソーラーパーク建設
デンマーク、2050年までにカーボンニュートラルを実現
米国、集光型太陽熱発電の開発に50億円投入
エーオン、仏の再生エネ企業買収/2011年までに1兆円投資
サンパワーとウェルズ・ファーゴ、1億ドルの太陽光発電ファンド
夏期蓄積の太陽熱、冬に利用する太陽熱発電所を建設
デュポン、米政府と太陽電池用の薄型フィルム開発
中国、ケニアとアフリカでの太陽エネルギー利用に着手
米ナショナルセミコンダクターとサンテックパワー、太陽光発電向け技術で協力
米国、復興再投資法から4億6700万ドルを地熱と太陽エネルギーの技術支援計画に投資
世界のエネルギー需要、大幅上昇/2030年には44%増加と予測
フランス、国内すべての地域に太陽光発電所の建設を募集
米国、グリーン電力の購入量トップはインテル
米イーソーラー、インドACMEと独占ライセンス契約 = 1ギガワットの太陽熱発電所建設
巨大太陽光プロジェクト、世界最大の太陽光発電所が誕生(アメリカ)
太陽光を電力に変える塗料を開発(イタリア)
世界最大の自動車部品メーカーのボッシュグループ 太陽光発電事業に5億3000万ユーロを投資
欧州太陽光プロジェクト「フルスペクトラム」、電力への変換効率の欧州新記録を更新
独太陽電池ソーラーワールド、GM子会社 オペル買収案を発表(ドイツ)
太陽光発電の公定価格引き下げる(フランス)
米国エネルギー省 先進的太陽光電力技術開発に1,760 万ドルを助成(アメリカ)
屋上に首都で最大級の太陽光発電システムを設置
―ーーーーーーーー   -------
【引用終わり】:以上の通り。

ブログランキングをよろしくご支援をお願い致します。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ