2009年8月1日土曜日

阿修羅、観音菩薩、文殊菩薩、普賢菩薩 VS 現代政治家達。



【阿修羅、観音菩薩、文殊菩薩、普賢菩薩 VS 現代政治家達。】

 阿修羅、観音菩薩、文殊菩薩、普賢菩薩とは



出展引用リンク1:阿修羅
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E4%BF%AE%E7%BE%85

出展引用リンク2:観音菩薩
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E8%8F%A9%E8%96%A9

出展引用リンク3:文殊菩薩
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E6%AE%8A%E8%8F%A9%E8%96%A9

出展引用リンク4:普賢菩薩画像  尾形光琳作
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AE%E8%B3%A2%E8%8F%A9%E8%96%A9



以上【引用終わり】ーーー

【私のコメント】
 この画像は、普賢菩薩を表現しています。画像の拡大もできます。 出展元は google 画像の検索です。 実に貴重な、仏教の文化が、日本で、栄えたことの証のようである。 
 できることであれば、望んでも適わぬ願いであるけど、聖武天皇や聖徳太子、鑑真、行基、最澄、日蓮、親鸞、道元の仏教講和が、聞けたら、幸せなことであると思う次第である。
 この上記の人達は、それぞれに、人生において、真摯な姿勢で、人生を歩まれている。 学ぶことにおいて、海外にまで、出かけ、師匠を探し、自己の研鑽・研修において、一所(一生)懸命に、未知なる道を追い求めたのである

 この上記の日本の歴史上の人達の社会的な業績、人としての価値や人生の重みで、現代の政治家達の人生の重みを比喩的に比べてみるならば、

1/100,000 もしくは、1/1,000,000 程度のことであろう。


  阿修羅の一喝で、宇宙の彼方に、飛んでいってしまうほどの軽さである。

 これらの人達が、現在の日本の危機的な位置に置かれた重要な日本の国政を、担っているのである。 

 危ういかな???。 果たして、今後のこの日本の政治の針路は、どのような人達が進路を決定するのであろうか???。
 
道理が立たぬとは、まさに、このことである。

主権者である国民のための政治・行政にするために、自己保身と権力支配欲で、悪徳的巧み(たくらみ)により主権者国民をないがしろにして、自己満足的な政治・行政の支配権力を行使して、主権者である国民を困窮の淵に追い落とすような、悪魔・悪性的、偽善的な無責任な現自民・公明党政治政権に対して、我々、主権者である国民は、主権者である国民の手元に取り戻すべき正義の戦いを、政治・行政の運営の支配権に係る合法的な選挙選択の行使により、開始しなけれねばならないのである。現在の欺瞞的・悪性の政治政権を倒さねばならないのである。

【注記:私のブログのように、この現代的な、言論闘争の道具であるインターネット・WEB上の正義をかけた戦いの記録は、半永久的に後世の世代まで、消えることなく、記憶され伝えられるのである。】

参考リンク1:【聖徳太子】:
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90

参考リンク2:【行基】:
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%8C%E5%9F%BA

参考リンク3:【鑑真】:
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%91%91%E7%9C%9F

参考リンク4:【最澄】:
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E6%BE%84
 
参考リンク5:【空海】
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B5%B7

参考リンク6:【道元】
    http://www.blogger.com/post-edit.g?blogID=8484770122107028308&postID=4351017184279908489


【asyura 投稿リンク】; http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/586.html

阿修羅の皆様、私のブログランキングでの熱きご支援を引き続いて、是非に、お願いを致します。

人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ