2009年8月7日金曜日

【エルニーニョが発生:影響は1年におよぶと予測】 by [環境CSR]2009年07月10日

【「エルニーニョ」が発生/影響は1年におよぶと予測】
by[環境CSR]2009年07月10日


【出展引用リンク】: http://www.ecool.jp/foreign/2009/07/noa58-265.html


【引用始め】:以下の通り。




米国海洋大気庁(NOAA)は9日、海面水温や海流などが変動し世界中の気候に影響を及ぼす「エルニーニョ現象」が発生しつつあると発表した。エルニーニョは過去の発生例では、一度発生すると1年から1年半ほど持続する傾向がある。

エルニーニョはハリケーンの勢力を抑制させ、乾燥した地域に雨をもたらすなどの恩恵を得られる一方で、嵐による被害や猛暑、海水温上昇による漁獲量の減少などが懸念されている。

2006年夏から2007年春にかけて発生したエルニーニョは、オーストラリアで干ばつを起こし、ボリビアやペルー、東アフリカでは洪水を発生させ、日本でも大暖冬をもたらしている。

世界で広がるサンゴの死滅/白化現象
米国、赤潮対策へ緊急の資金投入
「エルニーニョ」が発生/影響は1年におよぶと予測
ーーーーーーーー       ーーーーーーー    ーーー     

【引用終わり】:以上の通り

【参考リンク1】: 【 エルニーニョ 】;wikipedia :
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A7%E3%83%BB%E5%8D%97%E6%96%B9%E6%8C%AF%E5%8B%95

ブログランキングのご支援をよろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ