2009年8月31日月曜日

日本の外交オバマ米国政権の政治・経済戦略を研究し、困窮にある米国経済や米国の国民に対して、協力すべきことは、積極的に、協力していかなければならない。

日本の外交オバマ米国政権の政治・経済戦略を研究し、困窮にある米国経済や米国の国民に対して、協力すべきことは、積極的に、協力していかなければならない。

 新しい日本の政治政権は、米国の国民の支持を得ているオバマ氏の政権に打撃的な不信感を抱かせる外交政策や、米国経済が不安定になるような政治・経済政策を実行してはならないのである。

 対米外交には、今まで以上に、困窮な状態の米国経済社会状況を考慮して、今後においても、日本国民が第2次世界大戦における日本国民に対する寛大であった米国の国民に対して、礼儀を欠いたり人道的な不義理をするようなことがあってはならないのである。

 中国の共産党政権の軍事的な拡大が懸念され始めている中で、米国との同盟関係は、非常に重要なものであることを、認識していかなければならないのである。

 日本国民の大半以上が望む米国との同盟関係に対して、世界の人々の協力によって、未来社会を構築するためにも、友好が一層増すような外交的な努力をしていかなければならないのである。


 米国に協力すべきところは協力すべきである。

 慎重に、用心深く、丁寧に、協議を進めて、日本の人々が世界の中で、安心して、活動し、活躍できるように努力して、世界の人々から信認を獲得できるようにして、世界の安寧を創り、築いていくための日本の進むべき道の針路を探求・究明し、世界の人々から、決して不信を抱かれないように、慎重に、日本の外交を進めていく必要があるのである。

 

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ