2009年8月31日月曜日

民主党は大勝に溺れずに、着実に脚下照顧のごとく、慎重に進め。

拝啓 中井浩 様 

     
 【同文を岡田克也氏にも送付いたしました。】



 民主党の皆様、大勝おめでとうございます。夕べも遅くまでお疲れ様でした。 大変忙しいところご苦労様です。

 大勝を得て、喜ばしいのですが、老婆心として、下記について、民主党のサポーターとして、余り苦情を言いたくはないのですが、あえて、民主党のためと思い、具申いたします。 
ご参考で、御検討されたら、大変幸いに、存じます。


1.

民主党の小沢氏の一生懸命な努力のおかげで、小沢氏へ感謝とお礼をのべなければならない時点において、小沢氏の選挙手腕によって、民主党が300議席以上の勝利をかざったはずの民主党の野田氏は、小沢氏に感謝こそ、すべき立場に置かれているはずであるのに、小沢氏の党内での厚遇を嫌い党幹部に意見を述べたことが報道されていました。

 党内の機関・機構で、十分に検討されるべき事柄の決定においてこのような手続きを怠り、幼稚なことをする野田氏を大人としての政治組織活動の中で、許されざることであると思います。

 民主党を熱く支援する多くの民主党のサポーターをいらだてることをなぜ、この重要な民主党の政権が誕生する大事な時期にこのような自己中心的な我が儘な発言するのであろうか???

 昔の小沢氏であれば、この野田氏のような反抗的、利敵確信犯をすぐに、排除したことであろう。が小沢氏は、辛抱しておられるのである。

 民主党の最大の選挙の勝利の功労者を愚弄して、民主党の意見番のように、されては、政党組織の協調・協和が保てなくなるであろう。

  党幹部の上層部内において、党の内部で、このことに対するベテラン議員等による反省させるべき、諭さしめるような強い説諭あるいは、それに、従わない場合には、党除籍勧告等の処分を早急に、検討されるべきであると思います。

 このような集団に対する離反、分断的、反党的な行為は、大事な、党内の団結を乱すだけである考えます。

 百害あって、一利もなく、何の役にもならないのです。 利敵行為と見做されてもおかしくないものであると思います。


 このような個人的なプレーは、組織内部の結束を優先しなければならない立場を超えている自己顕示欲的、傲慢的なものであり、集団組織の活動として、許されるべきことではないのです。

 民主党内の分断・分裂工作と等しい子供じみた非常に、軽率で、反党的な行為に他ならないと判断されてしまうのです。

 多くの民主党サポーターにとって、このことについて、憤激させるものでしかないことを悟るべきであると思います。

  このようなこ軽率を免れない個人プレーの言動は、現代においては、メデイアやWEB上等で、大きく火を噴くことで、余程気をつけて、いかなければならないのです。

 民主党議員は、主権者である国民の批判を受ける様な軽率・安易な言動は、十分に心して、厳に慎むべきことであると考えます。




【参考】

 今年の8月15日の終戦記念日において、民主党の議員が靖国神社に参拝をした新聞記事がのっていましたが、靖国神社参拝をしないといった民主党の幹事長岡田氏の意見とは、真っ向に反対した行動をとったのです。

 このような軽率的な行動が、自民党の特徴であったのであるが、民主党の中にも、このような軽率な議員がいることに、懸念と疑念を起こさせるのである。靖国神社の参拝は、個人の問題であることと、公人として、参拝すべきことであるのかについては大きな疑念が生み出されると思います。 

 私の選挙区の人であるが、来年の改選時において、私は、この人を支援しないであろう。

 靖国神社問題について、韓国、台湾、中国等と国際的な戦後において、今日まで、未決の戦後処理に関する総合的なシンポジウムを開き、未来に向けた友好的な協調を促進させる解決方法を、政治政策として、促進していくべきことであると思います。

 日本の侵略戦争において、日本人や日本兵に、残虐されたり、殺されたりされた人達の魂が、依然として現代においても、現代社会に根強く伝わり、存在しているごとくにあるようであると考えます。

 このことを、すみやかに、近隣諸国と協議を重ねる必要が、時代の背景に、厳然としてあると思います。

 鳩山党首の友愛の理念の展開の始まりにおいて、このような、戦後処理の未決の課題を放置していたなら、解決しない空論になってしまうものと思います。 

 相互の信頼関係の基の中で、初めて友愛が生まれるのであると思う次第です・


 以上、老婆心からの民主党サポーターの意見です。 (元創価学会員)
 

 それでは、大変失礼を致しました。

 

【追記】:

 雇用の拡大のために、未来社会の構築をめざして、資源獲得国際的な」紛争が生じない理念の海洋開発を民主党の政策の柱として、検討して頂きたいのです。

 よろしくお願い致します。 

 三重県の海もかなりな有望な海洋資源に恵まれていますが、政治政策的に遅れています。

 海洋開発のアイデアなら、いくらでもあります。 青年に未来社会に希望のある政治政策を実行して頂きたいと思います。

 国際的に青年の共有・共通にできる夢や希望をかなえるような舞台つくりが、求められる時代にあると思います。


============================================

ブログランキングのご支援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ