2009年8月7日金曜日

【米陸軍、世界最大規模の太陽熱発電所を建設開始】 それと比較される日本の不全偽善政権は、まもなく壊滅である。 by WiredVision.jp 2009.8.5

【太陽熱発電所を建設開始】それと比較される日本の不全偽善政権は、まもなく壊滅である。  
    by WiredVision.jp  2009.8.5

           Photo:米国空軍
【米陸軍、世界最大規模の太陽熱発電所を建設開始】それと比較される日本の不全偽善政権は、まもなく壊滅である。  
           by WiredVision.jp 2009.8.5

【出展引用リンク】: http://wiredvision.jp/news/200908/2009080522.html

【私のコメント】 :以下の通り。
 
 米国の大統領の政治・経済戦略によるエネルギー政策は、着実に、実現に向けて、進展されてきている。 米国の国家的な富を積み上げるための未来産業の育成とその最先端の科学・技術の有効的な活用を目論み、その政治政策は、確実に進展し、展開し始めているのである。 
 

 オバマ政権の共同的な政権担当運営者達の努力の成果として、困窮する米国経済の建て直しの険しく、長い道のりを創るべき大きな進路が確実に、形成され始めてきているのである。
 
 オバマ氏の指導によるこの米国の経済の建て直しの政治政策は、主権者である米国の国民の同意を経た選挙の勝利によってもたらされたものであり、大半の米国国民の支持と合意に基づいているので、このオバマ氏の人生の辛い困難な体験・経験よりも、比較的に楽なことであろうと予測できるのである。
このオバマ氏は、米国や世界の未来社会に対して、確固とした責任のある政治的な信念と展望を持ち、闘志が、あふれ出ているのである。


 主権者である米国の国民により、信頼を得たそのオバマ氏の未来に向けての安寧のある平和の創生の指導理念に基づき、政権の政治・行政の政策の立案・計画によって、その政治・経済の工程を着実に、誠実に運営していけば、米国の経済の建て直しは、比較的に早く達成されることになるであろう。
 
 それに、比べて、日本の現在の自民・公明党与党政権の政治家達の指導性の欠如と不甲斐ない状況は、どうしたものであろうか。 理念や責任感が、まったく、欠如しているのである。

 
 なにゆえの、政治運営であるのかでさえ、不明確で、雑然とした、その場しのぎの政治姿勢なのである。
 
 自民・公明党与党のこの烏合的な政治路線によって、主権者である国民を困窮の谷底に、突き落として、自らの政治・経済路線の誤謬を一切認めずに、さらに、今後の政権運営を企む、欺瞞的な権力支配の亡者達の集団である現自民・公明党政権は、すでに、主権者である国民から、信頼され、信任されることなどないのである。 

 一度、失った社会的な信用と信頼を取り戻すことは、容易なことでは、できないのである。
 
 主権者たる国民は、この偽善の者達に、確固として、断罪を与えるであろう。
ーーーーーーーー   ーーーーー  ーーーーー

【私のコメント】:以上の通り
ーーーーーーーー   ーーーーーーーー   ーーーーーー    
【米陸軍、世界最大規模の太陽熱発電所を建設開始】
 
【引用始め】:以下の通り。 

米国陸軍が、カリフォルニア州の砂漠に出力500メガワットの太陽熱発電所の建設をまもなく開始する。完成すると、世界最大規模の再生可能エネルギー発電所の1つとなる。
これはある意味で皮肉でもある。米軍はこれまで環境問題や気候の変化にそれほど注意を払っていなかったからだ。このプロジェクトの計画を指揮するKevin Geiss博士は、結局のところ、再生可能エネルギーの方が「安全」であることがわかったと述べている。
現時点では、同駐屯地のエネルギーのほとんどは、多くの軍事基地と同様にディーゼル発電機から得ているため、長くて無防備な配管が燃料源まで続いているのだ。
米陸軍は7月31日(米国時間)、軍の主要訓練施設の1つであるカリフォルニア州アーウィン駐屯地で、この巨大発電所を建設する民間の開発業者、Clark Enterprises社とスペインのAcciona社を紹介した。
アーウィン駐屯地は場所として申し分ない。基地の面積は1万4000エーカー[約5600万平方メートル]あり、そのほとんどが更地だ。このような敷地があるということは、米軍が再生可能エネルギーの開発を推進できることを意味する、とGeiss博士は述べる。米軍は米国内の至るところで、一定したエネルギー需要がある基地を持ち、その隣に広大な土地を所有している。
アーウィン駐屯地にはさらに有利な点がある。すぐ隣に大容量の送電線があるため、将来は、余ったエネルギーの大部分を南カリフォルニアに売却できるのだ。アーウィン駐屯地ではピーク時でも35メガワットしか必要としないため、465メガワット近くが余ることになる。
一方で、軍ではアーウィン駐屯地を必要に応じて送電網から隔離することも望んでいるとGeiss博士は述べている。開発業者は、非常事態に備えて基地のエネルギーを完全に独立させる機構を構築する必要がある。
アーウィン駐屯地の太陽熱発電所の建設には少なくとも総額15億ドルが必要で、2022年までには発電準備が整うことになっている。
Geiss博士は今回の計画について、これまでの軍のあり方からの大きな転換になると述べる。「この100年間を見ただけでも、軍の作戦が燃料不足によって妨げられた明確な例がいくつもある。第二次世界大戦において、米陸軍のパットン将軍によるドイツ軍攻撃が停滞したのは、アイゼンハワー連合軍総司令官が燃料物資を、モントゴメリー将軍が指揮する第21軍集団に振り向けたからだ」
[日本語版:ガリレオ-平井眞弓]
WIRED NEWS 原文(English)

ーーーーーーーー  ーーーーーーーー  ーーーーーー
【引用終わり】:以上の通り。

参考:asyura投稿リンク: http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/810.html

ブログランキングのご支援をよろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ