2009年8月5日水曜日

【中国の人民網日本語版の紹介】: 日本にとって、未来に直接・間接的に関わる中国の情勢は、目を話すことが、出来なくなった新しい時代の始りである。2009.8.5

【中国の人民網日本語版の紹介】: 日本にとって、未来に直接・間接的に関わる中国の情勢は、目を話すことが、出来なくなった新しい時代の始りである。2009.8.5

【出展リンク】:http://j.people.com.cn/94476/6713022.html

【私のコメント】  日本にとって、未来に関わり渡る中国の情勢は、目を話すことが、出来なくなった新しい時代の始りである。この【人民網日本語版】は、中国の【人民日報】によるもので、日本人に向けて、日本語に翻訳されて、インターネット網で、情報・広報がなされているものである。  米中の2カ国間で、新しい協議機関が設置され始め、今後の日米中の現代的な情勢に関する世界情勢の環境の改善にむけて、その役割は、大きくなり、日本に、世界に、対して、発信されて来るでしょう。  今後の課題として、両国の相互の情報の往来が、政治・経済に限らずあらゆる課題に対して、相互自由に、活発になることが、可能になる環境創りが、両国に、望まれるのである。
 時が、経れば、両国は、情報の交流だけでなく、両国における庶民の信頼関係が増せば、人の交流も、現在より、一層の拡大が成されるようになるであろう。両国が、対立の道へ進むのではなく、人類的、文明時代的な大きな課題に対して、一致協力して、課題の解決ができるような雰囲気を育てていかなければならない。その時代が、大津波のような勢いで、既に、両国の人々の目前に、迫り来ているのである。
 そのためには、両国は、建前の論議だけでなく、本音の論議をも含めて、交流がなされることができるように、双方の積極的な努力が、必要となって来るのである。
 両国の国民の双方の子々孫々の安寧な社会を築くためには、その努力を私達は諦めてはならないのである。 
 両国相互に、その信頼関係を、強くする努力を積極的に、積み重ねていかなければならないのである。
 相互の不信は、社会的に無駄を生み出し、大きな社会的な影響を与え、両国双方に大きなの社会的な損失を生み出すことになり、私達両国の不利益となって、現れてくるのである。
 その責任と義務については、両国の政府だけでなく、多くの両国民のもとに、あるのである。

【関連参考リンク1】 : 【人民日報】:wikipedia   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E6%B0%91%E6%97%A5%E5%A0%B1
【関連参考リンク2】 : 【人民網日本語版】: http://j.peopledaily.com.cn/home.html

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ