2009年8月12日水曜日

耐震基準等の改定したり、新しい技術基準を行政・法制度の検討で工学系に係わる行政・立法の成立の時に、最終的に政治的な裁量・判断によって、形成されるがその立法が必ずしも適切・十全でないのである。

 耐震基準等の改定をしたり、新しい技術基準を改定する場合において、行政・立法の成立の時に、最終的に政治的な裁量・判断によって、形成されるのであるが、行政・立法制度の検討段階において、工学技術系に係わる検討が適切・十分・十全に行われることが必要である。

 行政・立法の成立は、最終的に与党の政治的な裁量・判断によって、立法が形成され成り立てられ、運用されることになるのであるが、時代の動きの中で、社会環境が変貌し、変遷することに応じて、その運用される行政・立法において、そこには、行政の運用・処置に適切・十全・十分でない状況が現れ、運用立法の改正のための再構築が検討されることになるのである。

 国政において、耐震基準のような工学系の立法をする場合において、その成立された立法を検討する場合に、多方面に渡るであろう影響について、事前に技術的な影響評価を十分に検討すべきである。そのような場合には、与野党を含めて、工学技術系の専門の人達を多く参加させて、法律の運用においての諸課題に対する専門的な審議会の制度で、政治的な中立的公正なる時代的な要望に対して、適切な立法を図るべきである。

 例えばダムの建設に、時代的な動きの中で、環境的あるいは、地方の行政に大きな財政負担を必要とされる場合には、地方自治行政の担当者の意向の反映と中央政府の意向の調整のため、国と地方の財政負担割合の見直しや技術専門の審議を時間を掛けて、国会の中で行うべきである。

---------------------
【参考リンク1】:【耐震基準】Wikipedia :

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%90%E9%9C%87%E5%9F%BA%E6%BA%96


【参考リンク2】: 【植草一秀のいられざる真実】:

  http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/


私のブログランキングの支援を重ねてよろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ