2010年4月28日水曜日

The Environmental Costs of Fishing



【出展リンク】: http://www.youtube.com/watch?v=uZYVOb11MNE

UCtelevision — 2008年05月01日 — Join Paul Dayton, co-author of the recent Pew Oceans Commission report on Ecological Effects of Fishing, for an eye opening view of the profound consequences fishing can have on marine ecosystems and the types of protection and restoration needed to improve these critically stressed environments. Series: Perspectives on Ocean Science [10/2003] [Science] [Show ID: 7382]

カテゴリ:教育

タグ:
Paul Dayton ocean fishing marine protection environment

【月刊日本特別講演会 平野貞夫 質疑応答 1~7 】:第3回月刊日本特別講演会

【出展リンク1】: http://www.youtube.com/watch?v=5YAHviZvDn8

月刊日本特別講演会 平野貞夫 質疑応答1 対米自立が出来るのか?



mahorobajapan — 2010年03月26日 — 第3回月刊日本特別講演会

平野貞夫・敢えて民主党を叱る!

アメリカも一枚岩ではない。
オバマ大統領はゴールドマンサックスの資金で民衆の票によって選ばれた大統領。
前大統領よりは話合いが出来る可能性が高い。
吉田茂の方が岸信介(CIAの金で始めから米国のエージェント)よりも遥かに対米自立。
日本の検察・特捜トップには駐米日本大使館に出向して米国FBIやCIAと付き合い日米防衛「一体化」の考えで行動している人間も多い。
日本の政治家は思想・理性・論理的ディスカッションが出来ない。
日本側の政権がしっかりすれば米国と対等に付き合う事は可能。

2010年3月24日 赤坂区民センター

カテゴリ:ニュースと政治

タグ:
第3回月刊日本特別講演会 平野貞夫 敢えて民主党を叱る オバマ大統領 ゴールドマンサックス 吉田茂 岸信介 CIAエージェント 対米自立 検察トップ 米国FBI 赤坂区民センター


============================

【出展リンク2】: http://www.youtube.com/watch?v=9mKHbS89Sv4

月刊日本特別講演会 平野貞夫 質疑応答2 沖縄基地・教育・機密費問題



mahorobajapan — 2010年03月26日 — 第3回月刊日本特別講演会
平野貞夫「敢えて民主党を叱る」

沖縄基地問題:沖縄特別措置法を潰した自社さ政権。県外移転から県内に変わったのは沖縄サミット以降の「利権」による。
教育問題:民主党政権は「各論」しか言わない。「理念」を言おうとすると混乱する。発展途上政党。
機密費問題:55年体制の二大政党制はCIAの金(自民党)とソ連の金(社会党)で行われて来た。いざまともな体制に自立しようとすると特捜が介入して米国追従を続けさせようとする。
参考図書→ロッキード事件「葬られた真実」
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_n...

カテゴリ:ニュースと政治

タグ:
第3回月刊日本特別講演会 平野貞夫 「敢えて民主党を叱る」 沖縄基地問題 沖縄特別措置法 自社さ政権 県外移転 県内移転 沖縄サミット 利権 教育問題 民主党政権 各論 理念 発展途上政党 機密費問題 55年体制 CIAの金 自民党 ソ連の金 社会党 特捜 米国追従 ロッキード事件「葬られた真実」

============================

【出展リンク3】: http://www.youtube.com/watch?v=MriLvZloaoE

月刊日本特別講演会 平野貞夫 質疑応答3 裁判所は大丈夫か?映画BOX



mahorobajapan — 2010年03月27日 — 第3回月刊日本特別講演会
平野貞夫「敢えて民主党を叱る」

2010年3月24日 赤坂区民センターにて

カテゴリ:ニュースと政治

タグ:
月刊日本特別講演会 平野貞夫 質疑応答3

============================

【出展リンク4】: http://www.youtube.com/watch?v=A1HjbQTCbVg

月刊日本特別講演会 平野貞夫 質疑応答4 縄文改革とは?



mahorobajapan — 2010年03月27日 — 第3回月刊日本特別講演会
平野貞夫「敢えて民主党を叱る」

縄文改革とは「共生社会」に通ずる。
眼に見えないもの、言葉にならないものに対する尊敬・畏敬の念が大切だ。

2010年3月24日 赤坂区民センターにて

日本列島が大陸と繋がっていた時代から人間は往き来していた筈。

カテゴリ:ニュースと政治

タグ:
第3回月刊日本特別講演会 平野貞夫「敢えて民主党を叱る」 縄文改革 共生社会 眼に見えないもの 言葉にならないもの 尊敬畏敬の念 赤坂区民センター

============================

【出展リンク5】: http://www.youtube.com/watch?v=45rYJLbUpMw

月刊日本特別講演会 平野貞夫 質疑応答5 大手メディアの20年後は



mahorobajapan — 2010年03月27日 —

カテゴリ:ニュースと政治

タグ:
月刊日本特別講演会 平野貞夫 質疑応答5 大手メディアの20年後は?

============================

【出展リンク6】: http://www.youtube.com/watch?v=YcbscxFXShY

月刊日本特別講演会 平野貞夫 質疑応答6 日本解体13法案 小沢は本気か?



mahorobajapan — 2010年03月27日 — 第3回月刊日本特別講演会
平野貞夫「敢えて民主党を叱る」

一連の「日本解体13法案」(特に外国人地方参政権と夫婦別姓法案)を小沢が「本気で」考えているのかどうか?その真意については「自分に聞かれても困る」とはぐらかされてしまった。

夫婦別姓法案については、円(まどか)より子議員が「賛成して欲しい」と言って来た時に、「刑法の重婚禁止条項を廃止して呉れるならば,という条件付きで賛成した」との事。
彼女は意味が判らず「まぁー嬉しいわー」と喜んで帰ったが、後で意味を知ってカンカンに怒ったそうな。

2010年3月24日 赤坂区民センターにて

カテゴリ:ニュースと政治

タグ:
第3回月刊日本特別講演会 平野貞夫「敢えて民主党を叱る」 日本解体13法案 外国人地方参政権 夫婦別姓法案 円(まどか)より子 重婚罪禁止 赤坂区民センター


============================

【出展リンク7】: http://www.youtube.com/watch?v=B9La9z0fDus

月刊日本特別講演会 平野貞夫 質疑応答7/7 反小沢派の動きは?



mahorobajapan — 2010年03月27日 — 第3回月刊日本特別講演会
平野貞夫「敢えて民主党を叱る」

反小沢というのは民主党内だけに居るのではなく、与野党全てに反小沢 VS 親小沢が居て対立している。

2010年3月24日 赤坂区民センターにて

カテゴリ:ニュースと政治

タグ:
第3回月刊日本特別講演会 平野貞夫「敢えて民主党を叱る」 反小沢 VS 親小沢 赤坂区民センター

============================

【参考リンク): 平野 貞夫(ひらの さだお):Wikipedia:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E8%B2%9E%E5%A4%AB

平野 貞夫(ひらの さだお、1935年12月1日 ‐ )は、日本の政治家。元参議院議員(2期)。

元参議院議員 平野 貞夫

生年月日 1935年12月1日(74歳)
出身地 高知県土佐清水市
出身校 法政大学大学院
学位・資格 政治学修士
前職 参議院議員
所属委員会 -
世襲 無
選出選挙区 高知県選挙区~比例区
当選回数 2回
所属党派 民主党(小沢グループ)
党役職 -
会館部屋番号 -
ウェブサイト -平野貞夫コラム

人物 [編集]

高知県土佐清水市出身。父は医師。1958年法政大学法学部法律学科卒業。1960年法政大学大学院社会科学研究科政治学専攻修士課程修了。衆議院事務局に勤務し、園田直(衆議院副議長)、前尾繁三郎(衆議院議長)の秘書を歴任する。参議院議員時代は一貫して小沢一郎と行動を共にし、「小沢の知恵袋」と称される。国会職員出身で国会の実務や運営に通じており、小沢に重用された。2000年より東日本国際大学講師、2004年には客員教授に就任。

政歴 [編集]

1992年
7月26日 第16回参議院議員通常選挙(高知県・無所属(自民党、公明党推薦)、民社党支援当選。その自民党に入党。改革フォーラム21旗揚げ参加
国会議員選挙ではそれまでに例のない与党自民党と野党公明党(当時)・の相乗り候補として注目され、小沢一郎と市川雄一によるいわゆる「一・一ライン」の存在が広く知られる契機となる。
1993年
6月22日 自民党離党、翌日新生党結成。
1994年
12月10日 新生党解散、新進党結党
1998年
1月6日 自由党結成。
第18回参議院議員通常選挙(比例代表区・自由党公認)2期目当選。
2000年
1月 東日本国際大学講師
2003年
9月 東日本国際大学客員教授
9月26日 自由党解散、民主党合流
2004年
第20回参議院議員通常選挙に不出馬、国会議員生活から勇退、しかし資金管理団体(自身が代表者)「平野貞夫平成南学会」は存続、法的には引退していない現役政治家。

現在 [編集]

東日本国際大学客員教授、有限会社土佐南学会代表取締役、民主党高知県連顧問、涼風会顧問。
政界引退直後から言論活動を始める。著書出版・雑誌寄稿・テレビ番組出演・講演などを行っている。

エピソード [編集]

衆議院議員樋高剛は女婿。
政界引退を小沢一郎に告げる際、著述活動を通じて広く一般国民に訴えるために議員を辞めると述べたのに対して、小沢は「それなら俺も辞めて国民に訴える」と言い、翻意を迫ったという。
自他ともに認めるメモ魔で、衆議院事務局時代、参議院議員時代に書き残した膨大なメモをもとに、引退後は評論活動を展開、多数の著書を刊行している。
引退後、著書、テレビ出演などを通じて、公明党・創価学会批判を展開。著書によれば、平野は創価学会の政界進出時から、小沢が自民党幹事長時代に主導した自公民路線にいたるまで、指南役を務めた経験から公明党立党の精神に立ち返らせるためだとしている。これらの批判に対して、神崎武法(当時公明党代表)は議員会館で平野に会った際、「最近うちを強く批判しているようだが・・・」と頭から足まで睥睨しながら述べたとされる。その後、神崎は平野を名誉毀損で提訴している。
2010年1月18日、フォーラム神保町と現代深層研究会主催の緊急シンポジウム「『新撰組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」に、青木理、魚住昭、大谷昭宏、岡田基志、木村三浩、郷原信郎、佐藤優、鈴木宗男、田原総一朗、宮崎学らとともに参加した[1][2]。

文献 [編集]

著書 [編集]
『「国会新時代」への提言 : 政治改革はいかにして可能か』月書房、1992年5月、ISBN 4772701699
『消費税制度成立の沿革』ぎょうせい、1993年5月、ISBN 4324036926
『小沢一郎との二十年 : 「政界再編」舞台裏』プレジデント社、1996年10月、ISBN 4833490188
『自由党の挑戦 : このままの日本でよいと思いますか』プレジデント社、1998年4月、ISBN 4833490323
『日本人と憲法と自由党』(樋高剛との共著)プレジデント社、2000年5月、ISBN 4833490579
『危機の日本 : 議会政治 : 東洋思想の知恵で日本政治の再生を』有朋書院、2002年11月、ISBN 489713112X
『日本を呪縛した八人の政治家 : 政治改革を阻んだ永田町の妖怪』講談社、2003年12月、ISBN 4062121379
『昭和天皇の「極秘指令」』講談社、2004年4月、ISBN 4062123703
『亡国 : 民衆狂乱「小泉ええじゃないか」』展望社、2005年11月、ISBN 4885461359
『公明党・創価学会の真実』講談社、2005年6月、ISBN 4062129833
『公明党・創価学会と日本』講談社、2005年6月、ISBN 4062130106
『参議院なんかいらない』(幻冬舎新書041)(村上正邦・筆坂秀世との共著)幻冬舎、2007年5月、ISBN 9784344980402
『自民党はなぜ潰れないのか 激動する政治の読み方』(幻冬舎新書066)(村上正邦・筆坂秀世との共著)幻冬舎、2007年11月、ISBN 9784344980655
『平成政治20年史』(幻冬舎新書105)幻冬舎、2008年11月、ISBN 9784344981041

関連項目 [編集]

民主党国会議員一覧
新生党
新進党
自由党
江本孟紀、三沢淳

脚注 [編集]

^ フォーラム神保町=「『新選組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」~1.18緊急シンポジウム開催~=
^ 青木理・魚住昭・大谷昭宏・岡田基志・木村三浩・郷原信郎・佐藤優・鈴木宗男・田原総一朗・平野貞夫・宮崎学. (2010-01-21). File:01 国民不在の権力ゲーム. Infoseek 内憂外患編集部 2010年1月27日 閲覧。.

外部リンク [編集]

民主党高知県総支部連合会ホームページ
東京新聞インタビュー
宮崎学責任編集「直言」内コラム
カテゴリ: 参議院議員 | 民主党の国会議員 | 自由民主党の国会議員 | 高知県選出の国会議員 | 東日本国際大学の教員 | 高知県出身の人物 | 1935年生 | 存命人物

最終更新 2010年4月26日 (月) 09:30 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。
プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項

ただちに民主党党首鳩山氏は指揮権を発動せよ。さもなくば、国民的な大騒乱がおきるであろう。


2010-04-27 17:27:18

ただちに民主党党首鳩山氏は指揮権を発動せよ。さもなくば、国民的な大騒乱がおきるであろう。

テーマ:ブログ
ただちに民主党党首鳩山氏は指揮権を発動せよ。さもなくば、国民的な大騒乱がおきるであろう

http://www.asyura2.com/10/senkyo85/msg/273.html

投稿者 matuoka yuuji 日時 2010 年 4 月 27 日 17:13:25: noT716RWWrvIk

東京地検に対しただちに民主党党首鳩山氏は指揮権を発動せよ。さもなくば、国民的な大騒乱がおきるであろう。


民主党幹事長小沢氏に対し、不当的な傲慢な起訴相当の判断を公表した。


あわせて、国民の批判を省りみず、この不全的。欺瞞的。権威主義的な司法行政官庁の検察庁をただちに、解体せよ。  


 拍手はせず、拍手一覧を見る

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【参考リンク】:拍手履歴へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメント

01. 2010年4月27日 17:25:51: YDzW6tNfDk
すべての証拠を十分吟味した上で、検察審査会は起訴相当との判断を出した。
その判断に対して、証拠を見ることすらできないmatuoka yuuji がなぜ不当と断言できるのか?
できるわけがない。
このような真実を歪める発言しかできないmatuoka yuujiは恥を知り、阿修羅から出て行くべきだ。

matuokaは恥を知れ!



02. 2010年4月27日 17:26:27: CBGshcx94g
君、母原病鳩山に強権発動を期待する方が無理というものだ。
母親からの十二億円で首相の地位を買った腑抜けのコンニャク男だ。
普天間問題で五月末に辞めざるを得なくなる筈だが、何せ常識も見識も無い宇宙人だから平然としているかも知れない。
結局、今の政党・議員ではこの国は救われないということだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

【追加コメント】:

03. 2010年4月27日 17:30:57: Y6YwelmWEs
検察審査会とはなにものですか、国家の命運を作用するようなこがらを素人に判断してほしくない、絶対に。検察のやらせでしょ、これは。


04. 2010年4月27日 17:36:28: Yfxy7ql7SE
東京地検に対しただちに民主党党首鳩山氏は指揮権を発動せよ。さもなくば、国民的な大騒乱がおきるであろう
この文章は間違ってる?

東京地検に対しただちに民主党党首鳩山氏、または千葉法法務大臣は指揮権を発動せよ。そうすると 国民的な大騒乱がおきるであろう・・・が正しい


05. 2010年4月27日 17:40:39: W1Gc3q17ek
解体だ検察!


06. 2010年4月27日 17:42:30: SEctEA9bas
指揮権なんて発動したら、ますます国民的な騒乱が起こるだろ。
小沢はここら辺が辞めどきなんだよ。


07. 2010年4月27日 17:43:39: y2SPy6IwBg
今、民主党支持者として何をすべきなのか。
教えてください。


08. 2010年4月27日 17:49:40: YDzW6tNfDk
>>03
>検察のやらせでしょ、これは。
「検察審査会とはなにものですか」などと言っている人間がなんの根拠もなく「やらせ」と決めつける。

根拠のない捏造だ。

そして、その根拠なき捏造は、阿修羅の最も忌み嫌うものだ。
阿修羅から出て行け!



09. 2010年4月27日 17:51:08: N7cZRcUqDV
>東京地検に対しただちに民主党党首鳩山氏、または千葉法法務大臣は
指揮権を発動せよ。
そうすれば、既得権益を公平にされマスコミ改革をされたくない
大手マスコミが国民をさらに、あおり騒乱が起こるだろう。
しかし結果が良くなるかどうかはわからない。


10. 2010年4月27日 17:54:08: LZjHF3E6oU
国民がこのまま黙っているわけないでしょ。
検察が正義の味方じゃないって、みんな知ってしまったんだから。
大きな運動につながるでしょう。


11. 2010年4月27日 17:59:14: BrXOa5Bxw6
反撃しないから検察とマスゴミはやりたい放題。
混乱してもいいんじゃないですか、真の法治国家、民主主義を守るためには
混乱してでも指揮権発動するべきです。
これは官僚組織との戦争です。


12. 2010年4月27日 18:01:14: njE4wh2HqI
自民党が去年5月に仕掛けた、検察審査会に関する法改正という仕掛けが作動した。しかし、東京地検をしっかり押さえて、再度不起訴の決定をさせればよいだけ。2度目の検察審査会で起訴となっても、裁判所が指定する弁護士が検事として起訴するとなれば、地検のように逮捕したりできるのか?
自民系の市民団体が民事で訴えているのと印象は変わらないのでは?


13. 2010年4月27日 18:12:00: 5KYuumZPBg
指揮権発動は
マスコミの思う壺
こぞって書き上げて扇動してくる。
ここは次の選挙で勝つことを考えて


【追加】:

14. 2010年4月27日 18:25:29: rme4E5VF8Y
昨日の検察審査会の判断がまともだったので、小沢氏も不起訴相当の判断が出るものと思っていました。
しかし、起訴相当ですか。

内容は分かりませんが、マスコミの小沢バッシングとケンサツの意思が働いているように思います。

今回の検察審査機の判断は納得できません。

日刊ゲンダイと一般紙の格差が大きいので、一般紙を読んでいる人は
誘導されるでしょうね?

まあ、3ヵ月ケンサツが調べると言うことですが、何を調べるのでしょう。

ケンサツは起訴するのでしょうか?また、不起訴になり、検察審査会は
起訴相当の判断をするのでしょうか。

裁判で村木さんの要にならないことをお祈りします。

小沢氏は気を落とさず国民の生活が第1の政策を遂行して下さい。


15. 2010年4月27日 18:25:39: DmCC9k6hHM
民主党は夏の参議院選挙で勝利しなければならない。
この国の多くの人々は、未だにマスコミの洗脳に弱く、洗脳されれば簡単に善悪で事を判断してします。
ここで大切なことは、鳩山首相が決断できない男だと思われていることを一気に覆すことである。
八方美人を止め、一気に事を進めれば、全てが片づく。


16. 2010年4月27日 18:26:47: BKCeE4WB8E
>1と>8は出て行け


17. 2010年4月27日 18:30:20: F7RW5rxiO6
確かに、次の参院選を圧倒的多数で勝ってから、徹底的に戦いましょう。上っ面の騒ぎで無く、足を地につけて、この国の仕組みを変えるために働きましょう。戦前戦中とは、違うということを、しっかり知らしめねば、なりません。どなたかが言っていた蟻の一穴を庶民の一人一人が実行しましょう。まず、党員か、サポーターに登録ですね。


18. 2010年4月27日 18:31:56: YDzW6tNfDk
>>14
>今回の検察審査機の判断は納得できません。
証拠すら見たこもないあなたが、なぜ検察審査会の判断が納得できないなどと言えるのですか?

根拠なく、ともかく小沢を擁護する。
理屈も論理も関係ないということですか?



19. 2010年4月27日 18:33:57: YDzW6tNfDk
>>16
なぜ出て行かなければならないのか、論理的に説明してください。


20. 2010年4月27日 18:47:26: XFhqRuHlVg
だから言ったことじゃない。
指揮権発動は基本的に無理。なぜなら検察審査会は行政機関ではなく、司法機関である裁判所の部局だから。(違うなら誰か説明してほしい)

検察審査会が裁判所内にあるとはいえ、審査員は法律や会計などの素人だから、審査会事務局の説明の仕方、議事進行、検察側資料の見せ方次第でどうにでもなってしまうことは予想されたこと。

不起訴にした検察官の聴取をやった形跡もないのに、議決理由では小沢氏について「共謀共同正犯の成立が強く推認され、起訴して公開の場で真実の事実関係と責任の所在を明らかにするべきだ」としたのだから、よほど審査会事務局のご説明が素晴らしく、おそらく審査員も深く考える必要を感じなかったのだろう。

検察と裁判所は人事交流があるわけだから、検察の人間が審査会事務局にいても何ら不思議ではない。秘密の議論の場は、意思を持った者にとっては情報コントロールなどたやすいはず。ブラックボックスである限り、このようなことは予想の範囲の出来事。

これからが正念場。検察は3カ月以内に起訴するか、また不起訴にするかを決めざるを得ないが、いずれにしても参院選投票まで引っ張ることができるので、実質的に検察側の勝利が確定した。

したがって、指揮権の発動の仕方としては、参院選のことを理由に検察に対して2カ月以内に結論を出し、一度不起訴としたのに起訴とする場合はあらかじめその理由を報告するように命令する、といったことぐらいしかできないだろう。そのうえで、起訴・不起訴に関わらず国民に対する説明を義務付け、オープンの記者会見で発表させるということではないか。

いずれにしてもこの件についての結論は参院選の後になる。また不起訴になった場合、再度例の「市民団体」が再審査請求するであろうから、再び起訴相当となることが予想される。そうすると今度は捜査資料が検察の手から離れ、担当弁護士に渡り起訴することになる。そして、事実が公開原則の裁判を通して明らかになる。


21. 2010年4月27日 18:49:56: F7RW5rxiO6
>>18さん
あなたは、証拠を見ているのですか?どうしたら、見られるのですか、教えてください。あなたは、大鶴基成さんと関係があるのですか?
陸山会の収支報告書に関して、元検察庁検事の郷原さんや、フリージャーナリストの上杉さんや、岩上安身さんが積極的に発言していますし、郷原さんのサイトに会計士の説明が掲載されています。

===============

【21.以降のコメント追加】:


22. 2010年4月27日 19:01:06: EszHBBNJY2
3ヶ月検察が調べるの?
ちょうど参院選だねw


23. 2010年4月27日 19:02:31: F6sRMVBGsg
誰か暴動を起こせへんかな~ このまま座して絶望するのだけはイヤヤ!
ほんまもんの平成の龍馬でてきてほしいな~ 売国奴にやられる前に!


24. 2010年4月27日 19:13:43: lFtrGPhedw
>>18
民意なるわけのわからないものが働いてるからね。
君がA氏を嫌いだったとするそいつが検審にかけられたら"感情"のみで起訴相当に入れるだろ?
立花隆みたいなやつなら証拠が無罪だろうが起訴相当に入れるだろう。
検審なるものは個人的な感情で菅谷さんを起訴できたりするから不要と思う。
真実が捻じ曲げられる


25. 2010年4月27日 19:35:31: YDzW6tNfDk
>>21さん
>あなたは、証拠を見ているのですか?
見ていませんよ。
ポイントはそこではない。

検察審査会ではすべての証拠や資料を十分検討した上で、議決された。

そういった証拠や資料を見たこもないあなたが、なぜ検察審査会の判断が納得できないなどと言えるのかということです。

そこには理屈も論理もない。
ただ小沢を擁護したいから論理無視で擁護するということですね。



26. 2010年4月27日 19:49:02: lFtrGPhedw
>>25
違うよボケ。
弁護側の証拠が反映されないなよ?
意見聞くのは検察側のみそれで真実とは笑わせる。
しかも抽選で選ばれた有識者は"感情"なるものが無く無で判断できたのかい?


27. 2010年4月27日 20:19:23: EcrMNT2Hf6
予想通り検審の小沢氏起訴によって,世界的信用恐慌の進行は、第三の大底に向かうため、連立与党内、民社党内に対立の発生が避けられなくなるし地方分権を主張する政党が誕生して自民党はさらに縮小,民主党の内部分裂によって日本の政治は、少数中政党の離合集散の時代に移行が避けられなくなる。
2000年から始まった20年間は,小泉ケケ中のように,日米の軍事同盟的固執の復古調カリスマを誕生させると同時に,その反対のカリスマも登場させた。つまり2010年までの前半はルールを破壊させる,復古的軍国カリスマが前半に大活躍した。2011年からの後半は,その反対の革新的平和的カリスマが登場し逆の発想者が大活躍します。小沢氏に関係ある人物です。今だと大マスコミが大たたきするので動きは鈍いでしょう。複数登場するかも知れない。とにかく彼らは日本を救うでしょう。

結局,参議院と次期衆議院選挙では、次の対立軸の発生が避けられない。
1.地方分権が対立軸となるために、地方分権を主張する政党が誕生する。
2.みんなの党の成功で、公認によりも無所属で立候補した方が当選できると考えるため、無所属と小党が増えることが避けられない。
3.世界的信用恐慌の進行は、第三の大底に向かうため、連立与党内、民社党内に対立の発生が避けられなくなる。
以上から、日本の政治は、少数政党の離合集散の時代に移行が避けられなくなる。

日本の歴史で、豊臣方が復活したことがあっただろうか。平家が復活しただろうか。そして徳川幕府が復活しただろうか。否である。過去の遺物になった。室町政権が対立崩壊したため、ちょうど大州制に分割されていた大大名が対立して長期間争うのと同じ構図が加わるために合集離散時代になる。

自民党は大マスコミの懸命の後方支援が合っても伸びない,政治は中政党の合集離散時代になる。貧者の救済より大企業の救済に、政治の軸足を置いているために、次回の参議院選挙での後退は避けられません。この後退を加速させるのは。知事連合から誕生する政党です。

世界信用恐慌の収束には、最低でも10年は掛かると云われています。もし、ドルが即時に第三次金本位制採用を宣言すれば、ユーロや円の追随時期も早まります。又、ユーロや円がドルよりも早く第三次金本位制を採用すれば、世界の信用恐慌は、3年で収束すると云われています。また世界信用恐慌は約10年で収束しても、2007~2008年の経済指数に戻るには、15年以上も掛かるでしょう。

また対米従属外交の日本だって、ドル国債を担保に米国からキンを借入れれば、先頭を切って第三次金本位制を採用できます。しかしそんな勇気のある政治家,対米従属の大マスコミにはいません。オバマ大統領は新ドル発行をするようです,そうすると2010年又は2011年には1ドル60円をつける衝撃で、米国は第三次金本位制採用に反転すると、ドルは円より高くなります。

逆の発想者,革新的平和的カリスマが登場しないと日本の混乱は止まりません,沈静化は大マスコミ,官僚(検察)達の抵抗で政治的な混乱時代ですね,誰にも止められません。これによって日本は未曾有の地獄絵図を国民は体験します。


28. 2010年4月27日 20:46:23: NRgLnPX7hY
>25
>検察審査会ではすべての証拠や資料を十分検討した上で、議決された。
なんでそんなことが断言できるの?あんたは検察審査会の審査の様子を一部始終見ていたのか?

今回の検察審査会は国民に見えないところで、名前も経歴も未公開で行われた。このような集まりしかも検察の監視下で出された意見を、そんな簡単に信じることはできない。




29. 2010年4月27日 20:50:50: YDzW6tNfDk
>>26
>弁護側の証拠が反映されないなよ?
意見聞くのは検察側のみそれで真実とは笑わせる。
誰が「真実」などと言った?
捏造するな。

何もわかっていないんだな。
検察審査会は、有罪・無罪を決定するところではない。
起訴するに値する根拠があるのかを審議する。
だから検察側の資料・証拠だけで十分なのだ。

そんなこともわからんアホは阿修羅に来るな。
2ちゃんねるでおバカコメントを書いてろ。


30. 2010年4月27日 21:02:27: gydDAt2CFw
国民からくじで選ばれ検察と人事交流のあると言われる裁判官?の面接で選ばれた検察審査員。
マスコミのネガキャンの嵐に晒され続けた検察審査員らの起訴相当の議決に、小沢氏不起訴の決定が大きく揺れる検察。

検察の威信が決定的に地に落ちるか、が、参議院選頃までに決まるということでしょう。

そして検察に反感を抱いた多くの国民の投票行動はいわなくても分かります。



31. 2010年4月27日 21:07:48: SABGlaCUaU
>>23 ほんまもんの平成の龍馬でてきてほしいな~ 売国奴にやられる前に!
この国の構造を考えてみましょう。

1:ほんまもんの平成の龍馬がいたとする。何かをやろうとしたとする。
2:既得権を持ったやつらには都合が悪い。よって、マスコミと米国と検察にたたかれる。
3:多くの人が平成の坂本龍馬を、そうだとは思わないようになってしまう。


32. 2010年4月27日 21:22:21: 1WDYo3ytXE
検察審議会って検察が捜査ミスした事件を市民を巻き添えにして責任を転嫁し保管するシステムなの。
そしたら今回の検察審議会の結果で特捜検察にも重大なミスがあった訳だから検察の担当責任者は責任をとって首か減給にしなければならない。
それができない司法システムならば検察審議会は単に検察の責任をウヤムヤにする都合のいいシステムですね。

検察が再捜査するにもまた国税が使われる。検察の裏金疑惑があったがそちらは検察審議会は動かないのかな?

検察審議会って検察庁の保身や御都合で作ったのかな?いかにも国民不在の官僚的発想でできたシステムだ。
私は一国民として承服できない。


【32.以降のコメント追加】:


33. 2010年4月27日 21:30:13: MJCuURRj3o
売られた喧嘩はかいましょう。検察よ、貴方たち、アメリカの手先が勝つか日本人が勝つかの戦いです。私は会社を経営していますが検察は絶対に許せない。役人は国民の公僕だろう。アメリカに魂を売ってどうする。お前たちはナチスの手先になったフランスの人間と同じだ。われわれパルチザンが徹底的に処刑してやる。万が一にも小沢さんが倒れても、何十倍の小沢の教えが生きずいている事を忘れるな。もう止められないぞ。検察を解体するまでやります。


34. 2010年4月27日 21:48:37: DQYj0yRtyo
小沢氏はこの議決は折込済みらしいよ、どうせ裁判になっても検察に勝ち目はない。
村木局長の冤罪事件と一緒のストーリー、真実を捻じ曲げて政治に口を出す、ならず者集団が検察庁。
こんな無法が許される国は、法治国家とは呼べないし、世界中から軽蔑される。


35. 2010年4月27日 22:02:26: lFtrGPhedw
>>29
頭大丈夫か?
だからこそ弁護側の意見を聞いてそれでも起訴すべきと判断するならわかるよ。
それが身内のみの意見とは・・・
三井環氏が言ってるが検察は有罪のみを追いかけるので被告に有利な証拠や無実を証明する証拠は裁判所に出さないし隠滅するとね。
真実を究明して判断するのが妥当では無いのか?
法の下の平等って知ってる?


36. 2010年4月27日 22:04:05: 9UW5dbOztc
裁判所が指定する弁護士が検事として起訴する、となれば検察庁はいままで表に出していない資料まで提出しなければならなくなる。これは困るから検察庁はすぐ、「民意」ですからと起訴せざるを得ない。こんな制度でいいんかね。やはり、専門家が指摘するように両刃のヤイバです。この制度は。
なに、小沢幹事長はやめるひつようなし、で通せばよろしい。元々無理筋だったのだから。ここに来る人たちはその点をよく勉強しているから心配ない。しかし、一般国民諸君はマスコミのキャンペーン的報道に左右される。やはり、民度の問題だな。


37. 2010年4月27日 22:15:53: NRgLnPX7hY
YDzW6tNfDkは必死に阿修羅常連の振りをしているが、2ちゃんねらネトウヨであることがバレバレで、どのスレでも全く支持されず浮きまくり

Follow by Email

ブログ アーカイブ