2010年9月11日土曜日

北大西洋にも巨大ゴミベルト:研究者がマップ化

【出展リンク】:

http://wiredvision.jp/news/201009/2010090122.html


北大西洋にも巨大ゴミベルト:研究者がマップ化

2010年9月 1日

2012年に加速する引き寄せ - 
アメリカで一部の人だけが知っている 引き寄せの本当の秘密を限定公開
www.commercejungle.com
Ads by Google
Jess McNally

Image:Skye Moret/SEA
太平洋には、「太平洋ゴミベルト」(日本語版記事)がある。プラスチックゴミの破片が大量に集まった水域であり、テキサス州の2倍の面積に及ぶとも言われている。また、それほど知られていないが、北大西洋にも同様のゴミベルトが存在している。
これらのゴミは、船の上からは見えにくいが、目の細かい網で海水をすくうと存在がわかるものだ[上の写真]。
今回、大西洋ゴミベルトの全容を解明しようとする研究が行なわれた。海洋教育協会(SEA)の学術プログラム「SEAセメスター」の一環で研究航海に参加した数千人の学生が収集したデータを使った分析だ。
8月19日付けで『Science』に発表された論文によると、1986〜2008年の22年間にSEAの研究航海に参加した学生たちは、のべ7000人以上にのぼり、6000個の網から、計6万4000個以上のプラスチック片を採集し、個数を数え、測定を行なった。
大西洋ゴミベルトは、南北は、キューバからバージニア州までの距離に相当する範囲に広がっている。東端については十分なデータがなく不明だ。推定では、この海域の平均的なプラスチック密度は、1平方マイル当たり約4000個だが、場所によってはプラスチック密度が1平方マイル当たり25万個にも達するという。

北大西洋ゴミベルトの平均プラスチック密度と範囲。Image:Science/AAAS
ゴミベルトにあるプラスチックがどこから来たのかを知るために、研究者らは、衛星で追跡される1600個を超える漂流ブイ(1989〜2009年に配備されたもの)のデータを利用して、この海域の表層流をマップ化した。大西洋ゴミベルトを通過していたブイは100個以上にのぼるが、大半は米東海岸から漂流してきたものだった。また、ほとんどの場合、ブイは配備されてから60日以内にゴミベルトに到達していた。

プラスチックが蓄積する可能性がある世界各地の地域を示すコンピューターモデルのデータ。Image:yNikolai Maximenko/ University of Hawii.
研究者らは、もしプラスチックが地球上に均等にばらまかれたとしたら、それらが時間が経過するにつれてどこに集まるかということをコンピューターモデルで分析した(上の画像)。それによると、プラスチックは「環流」に集まった。環流とは、海流が旋回し、中心に水を押しやって漂流物を閉じ込める海域を指す。世界には、大きな海洋にそれぞれ1つずつ、合計5つの主要な環流がある。論文を執筆したSEAのKara Law氏によると、このモデルは、現実に出来たゴミベルトとよく似ており、将来ゴミベルトをマップ化するのに役立つことが期待できるという。
意外な研究結果としては、北大西洋ゴミベルトのプラスチック密度は、22年間ほとんど変わっていないということがある。世界全体のプラスチック生産量が5倍に増え、米国が廃棄するプラスチックの量が4倍に増加しているにもかかわらずだ。
ただしLaw氏によると、プラスチックごみは時間につれて小さくなっていくので、サイズが小さすぎて収集できないものも出てくるという。「網で収集できるのは3分の1ミリより大きなゴミであり、プラスチックがそれより小さな破片に分解されていることは確実だ」。
楽観的な材料としては、米環境保護局(EPA)が1991年に実施した、工業用のプラスチック粒状体(ペレット)を回収するプログラムにより、大西洋で発見される粒状体の平均数が大幅に減少したことが明らかになっている。ペレットはゴミベルトのうち10%以下しか占めないにせよ、プラスチック廃棄物を減らす努力は効果を上げる可能性がある。
[ゴミベルトについては、海中のプラスチックの質量が、動物性プランクトンの7倍を上回ったというデータもある。海面に浮かんでいるプラスチックゴミは動物プランクトンに似ており、エサに間違えられて海洋食物連鎖に入る。プランクトンの体内にも、微細なプラスチック片が存在する状態であることが報告されている(日本語版記事)。また、浮遊する小片は、PCBsやDDTやPAHsを含む残留性有機汚染物質を、海水から吸収することも指摘されている]

親鳥から大量のプラスチックを餌として与えられ、餓死したアホウドリの雛。Flickr/angrysunbird


太平洋ゴミベルトについての動画
[日本語版:ガリレオ-矢倉美登里]
Click to learn more...
フィードを登録する

コメント

還流の中心にゴミが集まるのはわかる。しかしプラスチックが分解する?海洋菌でもPETとか分解できるのがそうそういるとも……
timetrain2010年9月2日 15:41:48
「プラスチックは分解するので、サイズが小さすぎて収集できないものも出てくるという」訳が良くない気がした。
shishitani2010年9月2日 15:33:40
そう言えば、こういうまとまったデータの大西洋版というのは今まであまり見なかったな。
RELHAM2010年9月2日 10:54:40





Follow by Email

ブログ アーカイブ