2009年11月7日土曜日

【米報道官、普天間で「期限設けてない」】: by TBS NEWS

【米報道官、普天間で「期限設けてない」】: by TBS NEWS
                                             (05日09:57)


 「われわれは(普天間移設問題で)特定の期限を設けていない」(米国務省・ケリー報道官) 
                                     

【出展引用リンク】:

  http://news.tbs.co.jp/20091105/newseye/tbs_newseye4275897.html


【引用始め】以下の通り
=============

アメリカ国務省のケリー報道官は、普天間基地の移設問題について、「アメリカは特定の期限を設けていない」と述べ、来週のオバマ大統領の日本訪問までの決着を求めているわけではないとの立場を示しました。




 「われわれは(普天間移設問題で)特定の期限を設けていない」(米国務省・ケリー報道官)


 国務省のケリー報道官はこのように述べ、日米間で懸案になっている普天間基地の移設問題について、12日からのオバマ大統領の日本訪問までの決着にこだわらないとの立場を示しました。



 アメリカ政府は、当初、日本側に対し、オバマ大統領の訪日をメドに移設問題の決着を求める姿勢でしたが、早期の進展が見込めないことから、事態の沈静化を図ったものとみられます。
(05日09:57)
 
==============
 
【引用終わり】以上の通り
 
======================
======================
 
私のブログのご支援を改めて御願い致します。

人気ブログランキングへ


===================


===================

【BenjaminFulford 】:【ベイビーブッシュが来日し、恐喝を始めた】 

【BenjaminFulford 】:【ベイビーブッシュが来日し、恐喝を始めた】   

                                         11/05/2009


 
【出展引用リンク】:
 
     http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2009/11/%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%81%8C%E6%9D%A5%E6%97%A5%E3%81%97%E6%81%90%E5%96%9D%E3%82%92%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%81%9F.html
 
 
【引用はじめ】:以下の通り
 
=================
 
 
ベイビーブッシュが来日し、恐喝を始めた


来週予定されているオバマの来日準備として、ベイビーブッシュが恐喝によって日本からお金を奪い取ろうとしている。ヤクザと黒龍会からの情報によると、小泉元総理は新橋の芸者「小はん」と浅草の芸者とアメリカの売春婦の残酷殺人の暴露で恐喝を受けている。また竹中平蔵元財務大臣は5憶ドルの賄賂の件を暴露することで脅されているらしい(小泉の賄賂は10億ドルである)。

民主党の実質指導者である小沢一郎もまた心臓に埋め込めまれた心臓麻痺半導体で恐喝受けているという情報もある。もし他の日本の政治家も同じように恐喝を受けているのであれば、早めに情報を公開するべきだ。

いずれにしてもオバマやブッシュはお金を受け取れないだろう。現在日本政府はBISと連動し特別基金を日本企業にばら撒こうとしているという情報もある。第一次産業を中心としたそれぞれの企業がこの資金を用い、封印された技術の開発を始めるべきだ。



Baby Bush is in Japan, blackmailing and threatening all he can but to no avail


George Bush Junior is in Japan this week trying to blackmail and bully the Japanese into handing a big fat check to Obama when he comes to Japan next week. He is blackmailing former Prime Minister Koizumi by threatening to expose Koizumi’s sadistic murder of the Shimbashi Geisha who went by the name of Kohan, a Geisha in Asakusa and an American prostitute, According to senior Black Dragon Society sources and the Yakuza. Furthermore, Bush has threatened to expose the fact that former Finance Minister Heizo Takenaka got a $500 million bribe (Koizumi got a billion).


We are also hearing the Democratic Party of Japan power-broker Ichiro Ozawa had some kind of deadly microchip implanted in his heart when he had an operation in London. If this is true then Ozawa should publicly announce the fact and anything else he is being blackmailed with.


Despite all these threats, the Japanese are making sure Obama gets no money. Instead any publicly listed Japanese company with capital of at least 200 billion yen that is involved in either banking or manufacturing or primary industry will be given as much money as they need, with no strings attached, from a special BIS fund. The companies will be offered protection if they decide to use the money to manufacture products using hitherto forbidden technology.


The Black Dragon Society also says they would to extend an offer of alliance and friendship to Bush’s former North Korean colleagues.


Posted at 20:44


Permalink  :

 http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2009/11/%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%81%8C%E6%9D%A5%E6%97%A5%E3%81%97%E6%81%90%E5%96%9D%E3%82%92%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%81%9F.html

 
==========

【引用終わり】以上の通り

===============

【参考リンク1】:  NHKニュース  2009.11.1  :

     http://www.youtube.com/watch?v=4qrojZDFz6E



11月01日10時16分


アメリカのブッシュ前大統領が、退任後初めて、3日に日本を訪れ、親しい関係を築いた 、小泉元総理大臣とも再会する方向で日程の調整を進めています。

日米の外交関係者によりますと、ブッシュ前大統領は、民間団体の招待で、3日から2日 間の日程で日本を訪問します。ブッシュ前大統領の訪日は、ことし1月の退任後初めてで 、大統領在任中、親しい関係を築いた小泉元総理大臣と再会する方向で日程の調整を進め ています。またブッシュ前大統領は、滞在中、東京ドームで行われる日本シリーズの巨人 -日本ハムの試合で始球式を行うほか、大学で講演したり、シンポジウムに出席したりす る予定です。

カテゴリ: ニュースと政治

タグ: 米 ブッシュ前大統領訪日へ


====================

【引用終わり】以上の通り

====================
====================

 私のブログのご支援を改めて御願い致します。

人気ブログランキングへ


===================


===================

【Maritime Technic Ponton System :【浮きドックシステム 】 :SCHWIMMSTEGANLAGEN

【Maritime Technic Ponton System】:【浮きドックシステム】SCHWIMMSTEGANLAGEN


【出展引用リンク】:

  http://www.aquaculture-com.net/pontons/index.htm




Maritime Technic  Ponton System
   SCHWIMMSTEGANLAGEN


=====








【google 翻訳】:以下の通り


===========



浮きドックシステム

fRは、ウォータースポーツ、養殖と環境保護
Schwimmkrpertechnik、新しい洗練された技術的な概念と高度な製造プロセスのアプリケーションの分野で世界の25 jhrige経験は、新しい変数uerst海事テクニック™ポンツーンシステムの基礎となります。 Kohsionの物理法則(分離抵抗)の自己制御の洪水と一緒に採用活用することによってされて前例のない電子セキュリティと安定性は、水を達成することができた。

個々の要素については6.2簡単、重量は360 kg/m2の巨大なTragfhigkeit gewhrleistenにキログラム処理されます。これはデフォルトで約40センチ乾舷は、50 × 50 × 50センチの大きさで。彼らは、構成され、高品質の紫外線安定化腐敗、事実上無制限の寿命をもつ証明書プラスチック。標準色grnれるか、または青、他の色も可能です1.000ポンツーンの要素から。
彼らはMontageschlssel()は、最も単純な方法で、それぞれ4つの要素(= 1㎡)によっては、ボルトで接続され、正確で、安定した接続として、システムを保護する端子の接続を介してマウントされます。

Grundrigestaltungのバリエーションや大きさの限界に()がモジュール式なので、既存ポンツーンシステムで提出することも、いつでもverndertで、それぞれ、そのため、特にwertbestndigが拡大されます。絶対的なメンテナンス海事テクニック™ポンツーンシステム霜、海水に耐性とsurebestndigしたがって水belabarでganzjhrig耐性があり、また、簡単に削除し、スタッカブル。

ため、その形状足音や滑り抵抗が与えられます。があるのでherkmmlichen遊歩道のようにも分解することができますが、錆ngelや腐った木の破片飛んでけがをする危険はありません。クローズAuftriebskrperとは異なり、このシステムは、Pfahlwrmer、船舶訓練に対して安全です(Teredinidae)そして、太陽の下でaufgewlbtされていません。素材と環境に優しいリサイクル可能ですが、多くの調和のとれた形でそれぞれの風景きれいfgt Gewsser維持するためにメイtrgtに貢献した。高Wertbestndigkeitと効率性はコストとのすべてのこの結果。

エッジレール はしご、Gelnderpfosten、Bootsklampenとセンは、完全にシステムにVerankerungsmglichkeitenを提出することが任意の位置には、Zubehrsektor感オフのラウンドではマウントされる任意の因子fRは一致した。として、先進的なアクセサリーさまざまなフェンダー、アンカー、チェーン、ロープやランプへのアクセスのためだけでなく、ウォータースライダーやダイビングボード、およびマリーナもBeleuchtungssulenているfRは(とや電気店なし)、およびWasserzapfanlagen(とやMnzabgabeautomatenなし)ご利用いただけます。


================


【主な利点】:
絶対的なメンテナンス

損傷のリスクなし

アンリミテッド生活

簡単な自己組み立て

膨大なTragfhigkeit

軽量

個別Gestaltbar

良いTemperaturbestndig

より安定的に電子

まっすぐ終了

コストが高い


【例】:

ボートドック

入浴プラットフォーム

Seebhnen

ジェットスキーランプ

浮遊島

Transportfloe

Behelfsbrcken

ワーキングプラットフォーム

ネットエンクロージャ

lsperren


====================
====================

 私のブログのご支援を改めて御願い致します。

人気ブログランキングへ


===================


===================

【地球温暖化と食料危機にはこれしかない! 『ミドリムシ』に人生を賭けた、ある社長の物語】:世界で初めて食品としての大量培養に成功(株式会社ユーグレナ)

< 【地球温暖化と食料危機にはこれしかない! 『ミドリムシ』に人生を賭けた、ある社長の物語】:世界で初めて食品としての大量培養に成功(株式会社ユーグレナ)
       By DIAMOND ONLINE      
              ホーム > 経営・戦略 > この「環境ビジネス」をブックマークせよ!
              見山謙一郎(立教大学AIIC特任准教授/環境ビジネス・イノベーター)
                                                                            【第13回】 2009年05月13日





【出展引用リンク1】:   

   
   http://diamond.jp/series/miyama/10013/


【出展引用リンク2】:


    http://diamond.jp/series/miyama/10013/?page=2


【出展引用リンク3】:

    http://diamond.jp/series/miyama/10013/?page=3
  

【出展引用リンク4】:

    http://diamond.jp/series/miyama/10013/


===============

【引用始め】以下の通り

===============

【出展引用リンク1】:

世界で初めて食品としての大量培養に成功(株式会社ユーグレナ)

 昨年の今頃は、洞爺湖サミットの前ということもあり、「経済か、それとも環境か」、みたいなことが話題になっていたように思います。


 でも、この議論は、経済が元気であってこそ成り立つもので、経済が元気をなくしている現在は、対立の構図というよりも、むしろ「環境に経済再生の糸口を求めている」という状況ではないでしょうか。今や、環境は時代の要請であり、そこにビジネスチャンスが存在するというのは、必然的にも思えます。



 ひと頃話題になった「勝ち組」「負け組」という議論も、当時勝ち組と言われた人たちが元気をなくしている今日では、もはや過去の議論かも知れませんね。白黒はっきりつけたがる二者択一的な議論は、一般的にとかく好まれるものかも知れません。



動物と植物の中間微生物

「ミドリムシ」に秘められた可能性

【図1】ユーグレナ



【大きさは、長さ30μm~50μm、幅10μm。鞭毛を使い、動き回る。緑色は、葉緑素(クロロフィル)の色。 】



 皆さんは、「ユーグレナ」という言葉を聞いたことがありますか? ユーグレナは、地球上で現在発見されている唯一の、動物と植物の中間的な微生物です。一般的には、水田などに生息する「ミドリムシ」といった方がイメージ出来るかも知れません。



 ユーグレナは、成長の過程において、熱帯雨林の数十倍とも言われる速度で、地球温暖化の原因とも言われている二酸化炭素を吸収・固定化することで注目されています。



【図2】ユーグレナの二酸化炭素吸収量



            ※1:独立行政法人森林総合研究所より
            ※2:株式会社ユーグレナの実験結果より



 また、ユーグレナは、動物と植物の双方のバランスのよい栄養素を兼ね備えていることから、食料問題の観点からも注目されています。



 でも、「植物と動物の中間体」といわれても、白黒はっきりせず、何とも曖昧で、イメージしづらいかもしれません。



 小学校の理科で習った通り、植物は光と水と二酸化炭素で光合成をして成長します。植物は自分で動けないため、光合成可能な環境であれば成長しますが、そのような環境にない場合は成長出来ません。一方動物は、環境適応可能な場所を求めて自分で動くことが出来ます。



 もちろんユーグレナも、(植物として)成長するために光合成可能な場所を必要とします。しかし一方で、ユーグレナは動物でもあるため、生育可能な環境を求めて自分で動くことが出来ます。そんな植物と動物の機能を兼ね備えた微生物なのです。



「ユーグレナが世界を救う!」

学生時代に抱いた確信

 今や、地球温暖化問題や食料問題から注目されているユーグレナですが、その歴史は古く、発見されたのは1675年のことでした。しかし、培養することは非常に難しく、2005年に日本のベンチャー企業が世界で初めて、食品としての大量培養に成功しました。それが今回ご紹介する株式会社ユーグレナです。



 この会社の出雲充社長は、食料自給率の問題や農業生産性の向上などを学ぶため、東京大学農学部に進学しました。大学時代(2000年)に初めて授業でユーグレナのことを知り、増殖速度が速く、栄養豊富であることから、「この微生物が、世界の食料問題解決の一助になる」と確信したそうです。

====================

【出展引用リンク2】:


 また当時は、環境問題が少しずつ注目され始めた頃でした。「二酸化炭素の吸収率が非常に高いユーグレナの特性が、環境問題解決の一助になるのではないか」とも感じ、より一層ユーグレナに興味を持ったといいます。



 そんな出雲社長ですが、大学を卒業後、すぐには起業をせず、東京三菱銀行(現三菱UFJ銀行)に就職します。就職先に銀行を選んだのは、経営やファイナンスを実践で学べると考えたからです。



 当時の人生設計としては、「銀行に10年くらい在籍した後、30歳を過ぎてから、ユーグレナで起業しよう」と考えていたそうです。事実、銀行に就職してからも、月曜から金曜までは、銀行員としての業務をこなす一方、土曜、日曜は、大学の研究室でユーグレナの研究を続けていました。夢を追いかけながらも、いきなり起業する道は選ばず、まずはしっかりと社会経験を積もうとする姿勢は、まさに「急がば回れ」いう諺通りですね。



 また、これまでの連載でもご紹介した通り、とかくベンチャー企業は、お金の話を避けて通りがちです。避けて通るがために、苦手意識が一層増殖するのかも知れません。こうした意味からも、出雲社長が将来の起業のために銀行に就職したことは、起業家を目指す若者にとって、とても参考になるのではないでしょうか。



研究開発の危機を救うため、

退職を決意

 しかし、出雲社長の人生設計は、入行後1年にして“修正”を余儀なくされるのです。



 当時、ユーグレナの研究は、東京大学のほか、大阪府立大学、東京薬科大学、近畿大学などで行なわれていました。ユーグレナの培養は、動物と植物の中間微生物という性質もあって非常に難しく、思うように研究が進まなかったのです。



 その理由を簡単に述べると次の通りです。まず、植物というのは自分で動けないため、外敵から身を守るため、細胞壁を厚くする(固くなる)性質があります。一方、動物は自分で動くため、細胞をやわらかな膜(細胞膜)で覆おうとする性質があります。



 しかしユーグレナは、植物の性質を持つにも関わらず、やわらかい膜でしか覆われていないため、外敵の侵入に弱く、雑菌に脆いという弱点があったのです。また、各研究機関の拠点が分散していたため、情報が共有化されておらず、同じような失敗を別の研究機関が繰り返す、という非効率な事象も多発していました。



 そうした状況を目の当たりにし、「10年後に起業しようと思っても、その時までに培養技術が開発されていなければ、元も子もない」と考えた出雲社長は、銀行を退職し、研究の仕組み作りや、大学や研究機関との情報共有のコーディネート役を自ら買って出たのです。



【図3】ユーグレナの国内研究ネットワーク



         (C)株式会社ユーグレナ



 銀行を退職して、「退路を断たんとする」姿勢は、これまでこの連載でご紹介した方々にも共通することです。でも、その「決断の時期」というのは、何らかの法則がある訳でなく、その人にしかわからないことなのだと思います。「今しかない」「今やらなければ、先がない」そう思った時が、「その時」だということかもしれません。

 
=====================
 
【出展引用リンク3】:


「発想の転換」が生んだ


ブレークスルー

 こうして出雲社長は、2005年8月に株式会社ユーグレナを設立し、2005年12月に世界で初めてユーグレナの大量培養に成功します。そのブレークスルーポイントは、“発想の転換”にありました。



 それまでユーグレナは、「雑菌に脆い」という性質から、培養研究においては、「いかに培養環境をクリーンに保つか」ということに力が注がれてきました。培養環境をクリーンに保つためには、コストが膨大にかかります。もちろん当時は、資金的にゆとりがあったわけではありません。



 そこで、「いかに少ないコストで研究出来るか」ということを必死に考えたのです。つまり、“発想の転換”を余儀なくされたわけです。



 そこで注目したのは、「二酸化炭素濃度が高いほど、生育スピードが上がる」という、ユーグレナの性質でした。ユーグレナは、40%という高濃度の二酸化炭素の中でも生育できます。他の生物や雑菌は生きられない、そんな高濃度の二酸化炭素環境をつくることで、培養の阻害要因となっていた雑菌の問題をクリアしたのです。



まずは「食」を目的に。

その生産過程で「環境」にも寄与

 前述した通り、ユーグレナは、「食料問題」と「環境問題」という、ふたつの大きな社会問題解決の一助になることが期待されています。



 しかし、いずれの問題に対しても、ビジネス上大きな可能性があることから、逆に経営資本が分散して、「二兎を追うもの、一兎をも得ず」にならないかという心配もあります。そこで、出雲社長にこの点を伺ったところ、「食としてのユーグレナの可能性を探求すれば、自ずから環境にも寄与できる」という答えが返ってきました。



 つまり出雲社長は、ユーグレナの本質的な価値(目的)を「食」とし、ユーグレナを大量に生産するその過程(手段)において「環境」に寄与できると考えているのです。「二兎を追う」でも、「二者択一をする」でもない、「“目的”を明確にし、選択した“手段”を別のことにも応用していく」姿勢は、第11回で紹介したミュージックセキュリティーズの事例に類似するものを感じました。



「食」としてのユーグレナの可能性とは、動物と植物の中間微生物であるという性質から、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、人間にとって必要な栄養素のほぼすべてを、“天然”で保有しているということです。

【図4】ユーグレナに含まれる栄養素




【図5】ユーグレナの栄養吸収効率





=====================
【出展引用リンク4】:

 とくに先進国においては、飽食や偏食などにより食生活が乱れ、栄養のバランスが崩れています。こうした中、出雲社長率いる株式会社ユーグレナでは、サプリメントを製品化するほか、現在、大手食品メーカーや飲料メーカーなどとの製品開発を進めています。

「様々な食品にユーグレナを混ぜる」、そんな用途開発が進み、ユーグレナ自体のニーズが高まれば、その生育過程において、更に多くの二酸化炭素をユーグレナが吸収してくれる、そんな好循環が生まれるようになるのです。



 また、途上国においては、そもそも必要な栄養素が摂れていないのが実情です。ユーグレナをこうした地域で現地生産し、現在の栄養源である芋などの炭水化物に混ぜることが出来れば、貧困による死者を減らすことも出来るのです。



「市場拡大」だけでなく、

「質」を高める努力も

【図6】石垣島のユーグレナ培養プール



                    (C)株式会社ユーグレナ



 現在、ユーグレナの生産は、日本国内でも特に自然環境に恵まれた石垣島で行なわれています。出雲社長の言葉をお借りすれば、「イージーな環境での生産」です。



 でも、途上国の食料問題解決の一助となるためには、自然環境的に苛酷な現地で、しかもより簡単にユーグレナを培養できる技術を開発していかなければなりません。現在、出雲社長はその技術に挑戦しています。



(先進国という)巨大なマーケットに、単に進出していくことだけを考えているのではなく、本質的、根本的な研究開発を進めて、製品自体の“質”を高めていこうとするこの姿勢は、研究開発型企業の社長としてのこだわりを強く感じました。



「市場が確立、成熟し、モノが確実に売れる“ブーム”的な状態になると、企業の研究開発の関心は、“プロダクト・イノベーション”から、いかにコストを下げ、参入障壁を築くかという“プロセス・イノベーション”に移る」これは、先日、ある上場会社の社長から伺った話です。



 その一方で、この社長は、「今、どこの会社も、突破口が見い出せず、苦しんでいるのは、企業が世の中に必要なものを創り出していくという“プロダクト・イノベーション”を疎かにした結果だ」ともおっしゃっていました。



 かつて、本田技研工業(ホンダ)の創業者である本田宗一郎さんは、ホンダの技術が評価され、世界中でオートバイが売れていた時に「ブームでいいですね」と言われ、非常にカンにさわったそうです。本田さんは、「ブームというのは、すでに需要があるところに、誰かがつくること」で、「自分たちのやる仕事は、需要を(一から)つくることだ」と考えていたからです。



 つまり、「自分たち(企業)が需要をつくるからこそ、ブームが生まれる」ということを伝えたかったのだと思います。この言葉は、世の中にまだ存在しない、新しい社会システムを構築しようとする、多くの環境ビジネスの開拓者に、大きな示唆を与えてくれる言葉だと思います。



 先進国の顕在化しているニーズに甘んずることなく、途上国での事業展開を見据えて、自社の技術を高め、製品開発に繋げていこうとする出雲社長の姿勢を目の当たりにして、そんな本田宗一郎さんの言葉を思い出しました。




=====================
 
【引用終わり】以上の通り
 
===================== 
=====================

【参考リンク1】: 【 ミドリムシ:Euglena 】: Youtubu:


  http://www.youtube.com/watch?v=hiZ85y0g3UI&feature=related

========================   
【参考リンク2】: 【 ミドリムシ 】: Youtubu:

   http://www.youtube.com/watch?v=j8OZLWB35CE&NR=1

   http://www.youtube.com/watch?v=cAbw3plbuRg
  
====================


【参考リンク3】:  【 ミドリムシ 】: Wikipedia :

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%82%B7




【同上抜粋引用】:以下の通り

淡水ではごく普通に見られる生物である。止水、特に浅いたまり水に多く、春から夏にかけて水田ではごく頻繁に発生する。水温が上がるなどして生育に適さない環境条件になると、細胞が丸くなってシスト様の状態となり、水面が緑色の粉を吹いたように見える。

Euglena sp. :細胞中央のピンク色の球は細胞核、多数見られる緑色の顆粒は葉緑体、上部の赤い点は「Euglena」という名前の由来でもある眼点(eu- '真の、美しい'+glena '眼')。



ミドリムシは0.1mm以下の単細胞生物で、おおよそ紡錘形である。二本の鞭毛を持つが、一本は非常に短く細胞前端の陥入部の中に収まっている為、しばしば単鞭毛であると誤記述される。もう一方の長鞭毛を進行方向へ伸ばし、その先端をくねらせるように動かしてゆっくりと進む。細胞自体は全体に伸び縮みしたり、くねったりという独特のユーグレナ運動(すじりもじり運動)を行う。この運動は、細胞外皮であるペリクルの構造により実現されている。ペリクルは螺旋状に走る多数の帯状部(strips)で構成されており、一般的な光学顕微鏡観察においても各々の接着部分が線条(striae)として観察される。細胞の遊泳速度もさほど速くないので、初歩的な顕微鏡観察の題材に向く。
鞭毛の付け根には、ユーグレナという名の由来でもある真っ赤な眼点があるが、これは感光点ではない。感光点は眼点に近接した鞭毛基部の膨らみ(paraflagellar body)に局在する光活性化アデニル酸シクラーゼ(PAC)の準結晶様構造体である。真っ赤な眼点の役目は、特定方向からの光線の進入を遮り、感光点の光認識に方向性を持たせる事である。

細胞内には楕円形の葉緑体がある。葉緑体は三重膜構造となっており、二次共生した緑藻に由来する(→細胞内共生説参照)。従って緑藻同様、光合成色素としてクロロフィルa、bを持つ。ミドリムシでありながらオレンジ色や赤色を呈する種もあるが、これは細胞内に蓄積されたカロテノイドやキサントフィルによるものである。細胞内には貯蔵物質としてパラミロンというβ-1,3-グルカンの顆粒も見られる。


【同上引用終わり】

================ 

【参考リンク5】:   【 株式会社ユーグレナ 】
   
   http://www.euglena.jp/
 
================
 
【参考リンク6】:   【  DIAMOND ONLINE 】:


   http://diamond.jp/


=====================
 
=====================

【以上引用終わり】

====================
====================

 私のブログのご支援を改めて御願い致します。

人気ブログランキングへ


===================


===================

【○訪米中止-日米首脳会談の粗ごなしが目的だったのだが】:◆岡田かつや「TALK-ABOUT」◇◆かつやNEWS◆◇2009年11月6日号※動画版

【○訪米中止-日米首脳会談の粗ごなしが目的だったのだが】:◆岡田かつや「TALK-ABOUT」◇◆かつやNEWS◆◇2009年11月6日号※動画版

【出展引用リンク1】:」◇◆かつやNEWS◆◇2009年11月6日号※動画版


   http://www.katsuya.net/message/


【出展引用リンク2】:テキスト版

  http://katsuya.weblogs.jp/



======================
【引用抜粋:2009年11月 7日テキスト版】以下の通り

======================
かつやNEWS◆◇2009年11月 7日 (土)

訪米中止-日米首脳会談の粗ごなしが目的だったのだが今日は、私の訪米中止について少しお話をしたいと思います。


私が米国に行って、クリントン国務長官はじめ関係者と会談をしようと考えたのは、もう2週間以上前のことです。


つまり、オバマ大統領が日本に来られる。その際に何を議論するか、どういうふうに議論するかということは、いま日米間で事務的には様々調整をしているところですが、最終的な局面で私が行って、首脳会談の粗ごなしをしてこようと。

日米首脳会談は、是非とも成功させなければいけない重要な会談ですから、その前に両国外務大臣と国務長官が会って、最終調整をしようと。そのために、訪米を計画していました。


結果的には、これは予算委員会を衆参でやっている最中での問題であり、他方でクリントン長官も、いま世界を駆け巡っておられますから、ワシントンにいる日が限られている。

そういう中で、米国からは非常に好意的な配慮をしていただきましたけれども、つまり、クリントン長官の日を空けて、2~3日、日本の国会との調整状況を待つということをしていただいたわけですが、これ以上お待たせするということは、私としてもクリントン長官に大変申し訳ないし、衆参予算委員会の見通しもまだ立たない状況の中で、断念をさせていただいたわけです。

もともと私は、国会との折り合いがつかなければ行けないわけですから、そのことを前提で米国側と調整をしてきたと。したがって、日米間で物事をめぐって何かしこりができたとか、そういったことは全くないと思います。

私が非常に難しいなと思ったのは、この間の報道の過熱気味です。


まず、私は先ほど言ったとおり、日米首脳会談の粗ごなしということで米国へ行くことを考えたし、そういう説明もしていたわけですが、とにかく普天間基地のオバマ大統領訪日までの決着を目指して米国と交渉するんだ、という報道が相次いだわけです。

以前から申し上げていますが、この普天間基地の問題は、日米両国で合意したからそれで決着するという問題ではありません。地元沖縄の皆さんに対する、ある程度の納得ということも必要になります。

そんなに、あと2週間でというようなタイミングで物事が決められるはずはないということは、普通に考えれば分かるはずですが、マスコミの報道は過熱しました。米国まで行って決めてくるんじゃないか。あるいは、少なくとも、この普天間移転の問題を協議するために米国に行くのではないか。そういう報道が相次いだわけです。

私が何度否定しても、繰り返し報じたメディア、新聞、テレビもあります。この辺に来ますと、私としては、当事者が完全に否定していることを、「メディア側が想像している」というふうに書かれるならともかく、それが既定の事実であるかのように表現して記事を書くというのは、一体何なんだろうかと思えてなりません。

そして、日米の政府間も、もちろん、新しい政府がスタートしたわけですから緊張感があるのは当然ですが、そんなにギクシャクしているわけではありません。

お互い信頼関係に基づいて話はできているわけで、米国が日本のいまの政府に対して大変怒っているといった類の報道は従来パターンの報道で、もう少し両国政府が、信頼関係に基づいていろいろな話をしているということが、多くの皆さんに伝わればいいなと考えて、今日は直接皆さんにこうしてお話をさせていただいているところです。



外務省における私の記者会見などもインターネットで直接見ることができますので、そういうところも見ていただければ、大変ありがたいなと思っています。

=================
【引用終わり】以上の通り

Norwegian Company Launches THINK Electric Car in No. America


http://www.youtube.com/watch?v=65SQ-hnV1IM

TH!NK electric car is an environmental vehicle, emission free and 95 percent
recyclable. It reaches a top speed of 100 km (65 miles) per hour and can drive up to 180 km (110 miles) on a single charge. TH!NK city meets all European and US federal motor vehicle safety requirements. Visit TheAutoChannel.com for more information.
カテゴリ: 自動車と乗り物

タグ: Think electric car alt energy automobiles environment

【出展リンク】:

      http://www.youtube.com/watch?v=65SQ-hnV1IM

    

GM To Begin Testing Chevrolet Volt Electric Car

http://www.youtube.com/watch?v=J7b7De5yQSg

Electric Car in-wheel motor Siemens eCorner

http://www.youtube.com/watch?v=zPSoNfmuBXc


http://electric-vehicles-cars-bikes.b...

Ferdinand Porsche put wheel motors on a battery electric car in 1897. They built about 300 of them and there were 4WD & FWD versions. He also made a hybrid version.

Amazing that 112 years later Wheel motors still aren't in mass production.

Only about 15% of the energy from the fuel you put in your tank gets used to move your car down the road or run useful accessories, such as air conditioning. The rest of the energy is lost to engine and driveline inefficiencies and idling. Therefore, the potential to improve fuel efficiency with advanced technologies is enormous. With an Electric Car it costs just $1.00 per 100kms with MUCH more performance than with petrol at $20.00 per 100kms.

Electric Car in-wheel motor Siemens eCorner
カテゴリ: 自動車と乗り物

タグ: Electric Car in-wheel motor Siemens eCorner rally WRC

【出展引用リンク】:

     http://www.youtube.com/watch?v=zPSoNfmuBXc  

  投稿者リンク】: http://www.youtube.com/user/tsport100

======================
======================

私のブログランキングのご支援を重ねてよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ


=====================

=====================



Follow by Email

ブログ アーカイブ