2009年7月13日月曜日

世界の安寧のある平和社会の創生を目的にし、未来の世界の安寧を開く海洋開発産業を国民の総力で育てよう。


世界の安寧のある平和社会の創生を目的にし、未来の世界の安寧を開く海洋開発産業を国民の総力で育てよう。

日本の社会の未来を担う若者等のために、未来志向を育み、国際協力を促進させ、世界的な平和・安寧の社会の創生のために、改定鉱物資源開発問題、海底天然ガス・石油エネルギー資源開発、人口増大対策、食料の確保・保全(洋上の農林・水産業)の展開、洋上太陽光発電・太陽熱発電等の諸課題の解決・完遂させるための国際的な社会資本の有効活用、国際的公共事業、温暖化防止環境対策課題等の総合的な解決の方策として、循環型資源活用等、多岐に渡る海洋開発発展をめざし、その舞台の創生にむけて、長期計画を立案し、諸制度を確立を早急に検討し、実現可能性計画等を国際協力を旗印に掲げ、全国民の参加を促進させ、世界の人々に、広報し、日本国民の知恵の総力を挙げて、すみやかに、海洋基本計画策定に際して、政治政策の最重要な課題として、次期政権の運営される方々に、検討して頂きたいのである。

日本の未来を切り開き、進み行くべき道として、世界の人々とともに、世界の混迷や争乱を根絶し、仲良く、明るい希望のある平和で、安寧のある世界の創生をめざす方向性と哲学を備えたものであるべきである。 

 その政治経済、技術哲学を世界の人々に行き渡るように戦略的な広報を拡大させて行く必要が、現在の日本にもとめられているのである。

 次世代の希望のある世界を創生する役割の主役を担うのは、若者達である。
 その若者達に、明確な夢と希望を提示して、その舞台創生に、最大の努力することをしなければならない政治家や産業人達は、既成の枠組みの社会概念にしばられているのである。 若者を既設社会の構造に縛り付けてはならない。
 
 これを、早急に、改めていかなければ、時代的な要請に、日本の社会は立ち向かうことは困難になってしまうのである。

 現在の社会的な、政治・経済・財界の権力者の概念では、解決がなされないままで、時間と経済資本の無駄に消費されてしまうのである。

 今後の激変する世界の状況に、対応するために、その理念創りに、若者を主体にしていく時代が、切に求められているのである。
 
 老兵は、その栄光の舞台創りを、若者達に、ゆずり渡さなければならない時代的な要請なのである。若者達に、助力を惜しまずに、社会的に、慕われて、尊敬されるように、多くの人達の幸せを願い、豊かな人生を送ることに努めるべきである。

 日本の若者は、勇気をもって、その使命感を奮い立たせて、困窮する世界人々のためにに活躍されることを切に祈ります。
 
 日本の未来は、世界の人々と協力して進めば、やがては、明るい社会になるであろう。



画像:
記入日時: 2009/7/13 23:10:55

人気ブログランキングへ

中国太陽光発電計画で゙の課題と日中関係

最新中国人民網ニュースの紹介: 太陽光発電計画で゙の課題と日中関係

参考リンク:http://j.peopledaily.com.cn/home.html

----------以下の通りーーーー

国内初の1000万kW級風力発電基地、2つの問題に直面
 
 中国が計画している1基目の1000万キロワット級風力発電基地の建設について、記者が甘粛省酒泉市で調査を行ったところ、電力網併合とピークシフト電源の建設が風力発電の発展に2つのボトルネックとして立ちはだかっていることがわかった。新華社のウェブサイト「新華網」が12日に伝えた。

 酒泉市は甘粛省電力網の末端に位置し、電力網のグリッドが弱いため、現在の110キロワットと330キロワットの電力網では大規模な風力発電の出力をまかなえない。すでに稼動している一部の風力発電所でも満負荷で発電できていない状況だ。

 酒泉市の管轄下にある玉門市では、電力出力に関わる制限が地元の風力発電の発展を制約する問題となっている。地元の発展改革委員会の紹介によると、玉門市の電力出力は主に330キロワット送電線に依拠しており、風力発電の送電量は設計の50%前後にとどまり、すでに稼動した風力発電所が満負荷で発電できていない状況に陥っているという。玉門市はこの数年で、251万キロワットの風力発電、400万キロワットの火力発電、200兆ワットの太陽光発電、300万キロワットの原子力発電開発プロジェクトを相次ぎ実施する計画であることから、電力出力の問題は日増しに浮き彫りになってくる。

 風力発電は安定性に欠けることから、電力網と電力供給の安定性を確保するためにも、ピークシフト電源を建設する必要がある。風力発電とその他の発電のピークシフトの比率が1:2という専門家が出した結果に照らすと、1000万キロワットの風力発電を建設すれば、理論的には2000万キロワットのピークシフト電源による調整が必要になる。しかも、風力発電所におけるピークシフトがより合理的とされる。しかし酒泉市の現在の火力発電装置と水力発電装置の容量で風力発電のピークシフトの需要を満たすのは不可能な状況だ。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年7月13日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【私の見解】

1.必死に国家の発展に邁進する中国は、多方面にわたる難題の山が立ち塞がっている。
 これを、日本人は、傍観せず、ともに協力し、より平和の満ちる社会になるように、相互的語形の技術交流を創りあげて行かなければならない時代になっている。
 
 中国が、民主的な国家になるためにも、国際的な、助力や国際的な協議が不可欠である。
 
2.すでに、中国経済活動は、直接的に、日本の経済や世界の経済活動に、大きな影響を及ぼしている。

3.日本が、今後において、この中国と一体どのような関係を作り上げていくべきかについて、相互信頼を形成して、協議がなされる関係になることが、基本的な条件になるであろう。  


参考リンク:Asyura投稿:http://www.asyura2.com/09/senkyo67/msg/182.html

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

日本の屋台骨を支えるあらゆる中小の町企業、産業を未来の世界を開く海洋開発産業に育てよう。

日本の未来を担う若者の活動舞台の創生のために、日本の屋台骨を支えるあらゆる中小の町企業、産業を未来の世界を開く海洋開発産業に育てよう。

1.日本の海洋基本法の成立で、本格的な海洋資源開発が、与党自民・公明党政権で進められようとしているが、あいも変わらず大企業、中央官僚、社団法人等の主導でおこなわれつつある。

2.この政治・官僚・大企業の既得権益集団体勢を再構築しなければ、日本の新分野の産業を育成することは、困難になるであろう。

3.国民全般の参加で、日本経済を再構築する必要がある。大企業の独占的支配を許してはならない。

4.中小の企業で、汗を出す人々に幸せをもたらすような政治や産業政策でなくてはならないのだ。

5.現在の自公政権は、その権力機構を利用しているだけで、真なる国家産業育成の手段と政策をもっていないのである。

6.この構造を再構築をしなければならない。

7.海洋の利用については、将来の人類社会に多方面に便益を与えるものである。

8.この海洋開発には、未来にわたる人類社会の構築に結びつけた理念と構想力が必要である。 

9.汗で積み上げた多額の税金を海洋開発に投入することに、国民の関心と国民主体の意思を呼び起こさなければなら名い理由がここにあるのである。

10.日本の社会の未来を担う若者等のために、未来志向を育み、国際協力を促進させ、世界的な平和・安寧の社会の創生のために、資源問題、人口増大対策、食料の確保・保全(洋上の農林・水産業)の展開、洋上太陽光発電・太陽熱発電等の諸課題の解決・完遂させるための国際的な社会資本の有効活用、国際的公共事業、温暖化防止環境対策課題等の総合的な解決の方策として、循環型資源活用等、多岐に渡る海洋開発発展をめざし、その舞台の創生にむけて、長期計画を立案し、諸制度を確立を早急に検討し、実現可能性計画等を国際協力を旗印に掲げ、全国民の参加を促進させ、世界の人々に、広報し、日本国民総力を挙げて、早急に制度の策定を検討して頂きたいのである。

11.日本の未来を切り開き、行くべき道として、世界の人々とともに、仲良く、明るい希望のある平和な世界の創生をめざす方向性を備えたものであるべきである。 


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

Follow by Email

ブログ アーカイブ