2009年12月3日木曜日

Clair de lune / Debussy 月の光

http://www.youtube.com/watch?v=hI7RkEW64s0
【出展リンク】:

http://www.youtube.com/watch?v=hI7RkEW64s0

My best favorite classical music is Clair de lune.
Many pictures of moon insert.

For me,the moon is saucerful of secrets.

Debussyのベルガマスク組曲第3曲Suite bergamasqueより


カテゴリ: 音楽

タグ:

 月の光 ドビュッシー
  Debussy Clair de lune Suite bergamasque
ベルガマスク組曲第3曲
moon moonlight piano classic

==============

【引用終わり】以上の通り

==============

【私のコメント】:

月の光; 月が暗闇に明かりを灯すように、人々の未来への希望が、闇夜を照らす。


月が輝くのは、太陽の光の反射によるものと人類が理解できたのは、いつごろのことであろ
うか?



薪(まき)ストーブ、削減効果ハイブリッド5台分 東北大試算

2009年8月1日土曜日
薪(まき)ストーブ、削減効果ハイブリッド5台分 東北大試算


薪(まき)ストーブ、削減効果ハイブリッド5台分 東北大試算
                      by 川北新報社  2009.7.30
【出展引用リンク】:

 http://www.kahoku.co.jp/news/2009/07/20090730t13019.htm

【引用始め】 :以下の通り。
=============================
化石燃料を使わないため、CO2削減効果が大きい薪ストーブ
 薪(まき)ストーブ1台でハイブリッド車5台分の二酸化炭素(CO2)削減効果がある―。東北大大学院環境科学研究科の新妻弘明教授の研究室が、こんなユニークな試算を出した。カーボンニュートラルを前提に、木質バイオマスの積極的な利用の有効性を、数字で示した格好だ。

 研究室は、薪ストーブ愛好者約100人のグループで、宮城県川崎町の里山で薪をつくる「川崎―仙台薪ストーブの会」と連携。薪の生産量や消費量、伐採地の森林再生状況を調べ、CO2削減効果を計算した。

 熱効率が高い欧米製の薪ストーブは、1台当たり年間約6立方メートルの薪を消費する。薪の発熱量と同等のエネルギーを生み出すのに必要な灯油の量を1200リットルと算出。その量の灯油の燃焼で排出されるCO2が削減できたと考えると、薪ストーブによるCO2削減量は年間約3トンとの結果が出た。

 ハイブリッド車については、ガソリン車(燃費1リットル15キロ、年1万キロ走行)に比べ、ガソリンの消費量を4割節約できると想定。ハイブリッド車の年間CO2削減量は約0.6トンと計算され、薪ストーブの方が約5倍の効果があった。

 薪ストーブ1台のCO2削減量を太陽光パネルに換算すると、60平方メートル分に相当するという。

 研究室は「薪ストーブの会」全体の活動に伴うCO2削減効果についても検証した。初年度の2007年11月~08年5月の実績から、森林再生によるCO2吸収量は7トン、暖房用灯油の不使用によるCO2削減量は39トンで、会の活動で利用する自動車からのCO2排出量2トンを差し引き、CO2削減量を年間44トンと算出した。

 薪の生産が効率化された08~09年シーズンのCO2削減量はさらに増えると予想されるという。

 研究室の池上真紀助教は「薪ストーブのCO2削減効果は意外に大きく、環境に良いことが定量的に裏付けられた。東北地方の木質バイオマス資源は人口に対して余裕があり、薪ストーブの会のような活動は他の地域でも可能だ」と話している。

[カーボンニュートラル] 薪などの植物由来の燃料を燃やすとCO2が排出されるが、植物が成長する過程で同じ量のCO2が吸収されれば理論上は中立となり、地球温暖化に影響を与えないという考え方。薪は、広葉樹林を定期的、計画的に伐採すれば、切り株から新芽が伸びる「萌芽(ほうが)更新」や実生で持続的に生産できる。
2009年07月30日木曜日

ーーーーーーーーー    ーーーーーーーー     ーーーーー
【以上引用終わり】
ーーーーーーーーー    ーーーーーーーー     ーーーーー   
【私のコメント】以下の通り。

 温暖化防止のために、CO2を吸収する光合成を有効利用し、樹木類の植物を浮体式大型海洋構造物上で、大量に増殖・増産し、洋上構造物上での薪火力発電の提案を1年前に、中部電力の技術者に、推薦し、提案したことがある。
 
 太陽光で、樹木を育てれば、これを燃焼させれば、熱エネルギーが得られる。 この熱エネルギーを、電気エネルギーに変換すればよいのである。
 樹木は、いつまでも保存が可能であり、いつでも、電気エネルギーに変換が可能なのである。

 この樹木を燃やすと、一酸化炭素等のガスが発生するが、樹木が育つ時に、CO2を吸収するので、CO2による温暖化を促進することにはならないとされるているのである。
 海洋上の太陽光を有効利用し、自然循環体系を形成できるのである。
薪の燃焼後の灰塵も有機肥料等として、再利用できるのである。
 数十年前まで、石炭火力発電が、主力の発電方法であった時代もあるのである。

 今後この薪火力発電を利用して、洋上海洋構造物での実証研究が世界の洋上で、なされる時代がくることが、予想されるのである。

 石油類の資源の減少で、【薪火力発電】が必要となる時代が来ることが予見されるのである。

 私が、高騰する灯油、ガソリンの消費を極力減らす目的で、1年前に経験した、広葉樹類の炭つくりにおいては、その燃焼に伴って、発生する煤煙に含まれる窒素酸化物、一酸化炭素、煤塵等を含む排気ガスを科学的に処理をしないと、大気の汚染を促進するので、その検討が必要である。

 1年前の冬季には、灯油やガソリンの高騰が世界規模であったときである。あまりにも、石油にたよる、近代文明である。

 そこに、近代文明のもつ、危うさが、浮かびあがるのである。

 一方、海洋上の構造物で、植物を育てて、薪火力発電や、洋上での農業については、年ごとに、数億人ずつ増える世界の人口増大に対する食料の増産対策として、有力であることを、私は、提案してきているのである。

 これは、海洋の水面利用の開発の一例であるが、このような海洋開発を進めれば、新しい産業を育てていけば、大きな雇用も生まれてくるのである。

 そのような努力を経てこそ、そこに、社会の安寧が生まれるのである。


 現代の自民・公明党の与党政権による政治・行政政策が、時代おくれになっているのである。 現在のように。社会が政治・行政官僚等の既得権益で、守られていれば、上記のような先端的な、技術開発は、抑制されてしまうのである。

 現在の自民・公明党政権は、明らかに、既得権益集団の政治や官僚や財界、資本家によって、強固に、守られた既得権益擁護集団勢力の支配下におかれている政治政権なのである。この自民・公明党与党による政治・行政の政権路線の運営に係る主権は、主権者である国民から、剥奪されているのである。

 国民を欺いた偽善的な悪性の勢力なのである。

 この悪しき現在の与党自民・公明党の政治体系を変えねばならない理由がここにあるのである。

【以上の通り。】
ーーー   ーーーーー    ーーー  
ブログランキングのご支援をどうかよろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ

ペレットストーブ 2008.04.03 

【出展リンク】:
  
  http://www.youtube.com/watch?v=KzxM77foIhM

 

AAB秋田朝日放送

スーバーJチャンネルあきた
前半

カテゴリ: ニュースと政治
タグ: ペレットストーブ

「生命の基本サブルーチン」を解析 2009年12月 3日 by WiredVision。jp

【出展リンク】:

http://wiredvision.jp/news/200912/2009120323.html


【引用始め】:以下の通り

======================


WIRED VISION




「生命の基本サブルーチン」を解析

2009年12月 3日

"宙博2009"開催 - 
ガリレオが宇宙に扉を開いて400年。 宇宙と地球環境をテーマにした博覧会
www.sorahaku.jp
Ads by Google
Brandon Keim

(左)M. pneumoniae細胞の3次元図。(右)アミノ酸を合成するリボソームと、細胞のタンパク質との相互作用マップ
Image credit: Science
ある生物をかつてないほど徹底的に解析した結果、生命の基本サブルーチンともいうべきベータコードが得られた。そして、最も単純な部類の生物でさえ、研究者が考えていたより複雑な存在であることが明らかになった。
その生物とは、Mycoplasma pneumoniae(マイコプラズマ・ニューモニエ、肺炎マイコプラズマ)という真正細菌で、独立生存する微生物としては最も単純なものの部類に入る。M. pneumoniaeの解析は、この細菌の遺伝子調節、タンパク質産生、および細胞構造に関するデータを組み合わせる形で行なわれた。
その解析結果は、単なるゲノム情報の読み出しに比べて、はるかに生命の「青写真」に近く、「これまで細菌において可能だと考えられていたものより、はるかに巧妙で入り組んだ」プロセスの存在を明かしていると、アリゾナ大学の生物学者Howard Ochman氏とRahul Raghavan氏は、『Science』誌の11月27日号に発表された論文の付随論評の中で述べている。
M. pneumoniaeは、単細胞のモデル生物として知られる大腸菌と比べて、遺伝子の数が5分の1しかない。そのため、細胞がどのように機能するかを解明したいシステム生物学者にとって理想的な研究対象となった。
彼らにとって、ゲノムのスキャンは初めの一歩に過ぎない。遺伝子のスイッチがいつ、どのような理由でオンになったりオフになったりするのか。さまざまな遺伝子がさまざまな時に相互反応するのは、いかなる仕組みによるものか。細胞中の分子による「機械」[生体分子機械]は、遺伝子の指示によって産生されたタンパク質をどのように利用するのか。こうした疑問に、研究者たちはまだ答えられていない。
今回の研究では、ドイツとスペインの研究チームが、M. pneumoniaeによって用いられるタンパク質をほぼすべて特定し、M. pneumoniaeの各遺伝子の既知の機能を調べて、遺伝子活性の記録を作成した。さらに、M. pneumoniaeの内部で起こるすべての化学反応を特定し、この細菌の物理的構造のマッピングを行ない、最後にそれらすべての成果が1つに組み合わされた。
その結果、驚くほど複雑なシステムが明らかになった。M. pneumoniaeは、分子活性を制御する「スイッチ」として、たった8個の遺伝子しか必要としない。大腸菌ではこれが50個必要なことを考えると、この数はあまりに少ない。そのことから、何か他の、まだ知られていない制御プロセスの存在が考えられる。さらに、まとまって機能すると考えられていた遺伝子群は、実際にはそのような時もあるという程度で、個別に機能したり、予想外の構成で機能したりする場合もあった。
また、今回の研究では、染色体の実際の形状、すなわち、研究室で読み出される直線状のゲノムではなく、生きて活動しているゲノムの3次元的な配置が、遺伝子間の相互作用を決定する上で重要な役割を果たしていることが明らかになった。
{この翻訳は抄訳です}
参考論文: “Excavating the Functional Landscape of Bacterial Cells.” By Howard Ochman and Rahul Raghavan. Science, Vol. 326 Issue 5957, Nov. 27, 2009.

Science日本語版ハイライトはこちら
       [日本語版:ガリレオ-高橋朋子]
フィードを登録する

コメント


コメントを追加
 
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • livedoor クリップ
  •  
  • twitter
  •  
  • deli.cio.us
前の記事

Follow by Email

ブログ アーカイブ