2010年2月2日火曜日

【宇宙は「量子流体」――村山斉氏が語る、超伝導体としての宇宙】: by Wired Vision

【出展引用リンク):

http://wiredvision.jp/news/201002/2010020223.html




宇宙は「量子流体」――村山斉氏が語る、超伝導体としての宇宙

2010年2月 2日
Chris Lee

宇宙の構造。Millennium Simulation, 画像はwikipedia
村山斉氏について、筆者がまず驚いたのは、人前で発表を行なう一般的な日本人のイメージと違っていたことだ。村山氏は、リラックスしていて雄弁で、そして見るからに、自身の研究に心底わくわくしていた。
日本に新設された研究機関、数物連携宇宙研究機構(IPMU)の機構長に就任した村山氏は、ほとんど何を研究しても許される立場にある。しかし、村山氏は「すべて」を研究することを選んだ。村山氏が解明しようとしているのは、なぜ宇宙が存在するのか、という問題だ。
オランダの研究財団Foundation for Fundamental Research on Matter(FOM)が主催する物理学会議『Physics@FOM』には、多様な分野から聴衆が集まっていたため、村山氏はあまり詳細には分け入らず、問題の要点を伝え、聴衆の興味をそそることに重きを置いた。暗黒物質(ダークマター)や宇宙のインフレーションなど、宇宙についてこれまでに分かっている事柄を駆け足で語る村山氏の話に、筆者も興味をそそられた。
特に村山氏の熱意を感じたのは、[四つの]力には、なぜ長距離まで及ぶものと短距離のものが存在するのかを説明しようとする問題だ。
基本的に、重力は非常に長距離まで到達する。また、電磁気力も同じくらい遠くまで到達するが、[物質が帯びている]電荷にはプラスとマイナスがあるため、どちらか一方の電荷に働く力は、反対の電荷によってさえぎられる傾向にある。したがって実質的には、電磁気力が到達する距離は限られる。それでも、重力と電磁気力の2つの到達距離は、原則的には同じだ。これに対して、強い核力と弱い核力はごく短距離の力で、原子核1個の幅に相当する距離までしか到達しない。
これら2つの力の到達距離は、重力および電磁気力のそれとなぜ異なっているのか。その理由を根本的に説明する理論は今のところ存在しない。
村山氏は、宇宙とは実のところ一種の量子流体(quantum fluid)であり、超伝導体にいくらか似たものではないかと推測している。
宇宙を超伝導体になぞらえているのは、超伝導体が磁場を排斥するという性質のためだ。超伝導体においては、電荷の配列によって、磁場の磁力線が超伝導電流の周りで屈折してしまう。[超伝導体は、超伝導体内部への外部磁場の侵入を完全に排除して内部磁場をゼロにするというマイスナー効果を持つ]
そのような超伝導体の中で、磁場を発生させようとすればどうなるだろうか。その場合、磁場の範囲はごく短距離にとどまるだろう。これは、磁場が、周囲の電荷と相互作用する結果だ。
ここに村山氏の説の手がかりがある。宇宙を、強い力および弱い力とは非常に強く相互作用するが、重力と電磁気力は無視できるような量子流体だと考えるのだ。[実際の超伝導物体中は、電荷が2の量子流体で満ちており,そのため超伝導体の中では磁力などの長距離力が短距離力に変えられてしまっている。同様に,宇宙も何らかの量子流体によって満たされており,それによって様々な現象が引き起こされているとする理論]
自然界の4つの力について、これまでに得られた知識を用いれば、この流体が持っているはずの性質のいくつかを、計算で突き止めることができる。そしてそこから、この流体が有するエネルギー量を割り出すことができる。
村山氏の説が正しいとすると、宇宙が現在有しているエネルギーは、ビッグバンにおいてこの流体を発生させるのに必要なエネルギーに、およそ10の62乗%足りないことになる。これを負債にたとえるなら、途方もなく大きなマイナスだ。
村山氏が冗談めかして言うように、われわれは常々、赤字は悪だと教え込まれている。したがって、村山氏の暗黒領域(dark field)に関する説が、推論の1つから昇格するためには、何らかの「創造的な計算」が必要になるだろう。
Physics@FOM会議の幕開けにふさわしい講演だった。
[以下は、IPMUの構想を語る村山氏の文章(PDF)から引用。「我々の知る限り宇宙は一種の「超伝導状態」になっており、そのために「弱い力」はナノメートルの更に十億分の一の距離しか届かなくなっている。この超伝導体のエネルギー密度は宇宙のエネルギー密度合計の1060倍と見積もられていて、このエネルギーがどこへ行ってしまったのかも分かっていない。何か別の寄与が60 桁にわたって正確に打ち消したのだと思われている。こうした不思議な観測事実は宇宙の新しいパラダイム、従って新しい物理学と数学を必要としている」]
{この翻訳は抄訳です}
[日本語版:ガリレオ-高橋朋子/合原弘子]
WIRED NEWS 原文(English)

==================

【参考リンク】: 

http://www.ipmu.jp/pdf/vision_japanese.pdf

【以下抜粋引用】

歴史を遡れる限り、人類は常に宇宙の始まり、構造、仕組み、進化について考えをめぐらせて来た。宇宙についての考察は最も古い科学であり、最も基本的な科学である。近年、革新的技術進歩と理論的枠組みの進展の結果、古来の疑問に最新科学の力で迫ることができるようになった。本拠点は、

(1) 宇宙はどうやって始まったのか?
(2) 宇宙は何でできているのか?
(3) 宇宙はこれからどうなるのか?
(4) 宇宙の基本法則は何か?
(5) 宇宙にどうして我々が存在しているのか?

という人類の究極の疑問の解明へ数学と物理学の手法を駆使して迫るものである。これらの疑問は非常に基本的で、重要かつ難しい問題である。アインシュタインが夢見て実現できなかった「統一理論」によってしか解決できないと思われている。この拠点では宇宙の統一理論に数学、物理学、天文学の三分野を融合して迫る。このような数学から実験物理学におよぶ研究所は世界に例がない。本拠点に参加する主任研究員は世界的に有名で、かつ分野をまたがって仕事をして来た者ばかりで、さらに世界中からトップレベルの研究者を共同研究者として集めることのできる魅力的な研究者である。この拠点の形成によって、新しい数学の枠組みを作り出し、詳細かつ精密な実験・
観測データを収集し、宇宙の新しいパラダイムを作り上げる。

~~~~~~~
~~~~~~~


=======================

=======================

このブログで、ブログランキングに参加しております。


皆様方に、この私のブログランキングへの御支援を御願い申し上げ致します。


重ね重ねて、ご支援のクリックの御協力をよろしく 御願いを申し上げ致します。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

======================

色素増感太陽電池 : DigInfo



【出展リンク】 : http://www.youtube.com/watch?v=tQjuS252b5I

2008年03月04日

DigInfo - http://movie.diginfo.tv


島根県産業技術センターは、県の新産業創出プロジェクトの一つとして進めている色素増 感太陽電池(DSC)の研究開発で、耐久性を高めJIS規格の耐熱性試験を世界で初め てクリアしたサブモジュール(十二センチ四方)を開発しました。広く普及しているシリ コン系太陽電池に匹敵する耐久性を持っています。

DSCはシリコン系太陽電池と比べ、不足が深刻化するシリコンを使わず、大規模設備が 不要で大幅なコスト低減が図れるとされています。同センターは課題だった太陽電池内に ある電解液漏れを防ぐため、封止剤と銀配線の絶縁材を改良、高温時でも完全密封するこ とに成功しました。

シリコン系太陽電池の耐久性確認に適用されるJIS規格に準じ、摂し85度の高温下で 1,000時間放置したところ、性能低下率5%以内を満たす結果が得られました。

野田博士(Shuji Noda, Ph.D.)は「現在はまだ実験室レベルで製造を行っている段階だが、今後パートナー をみつけて量産体制を整えて、低コスト化を図りたい」と話しています。

カテゴリ: ニュースと政治

タグ: diginfo 色素増感太陽電池 太陽電池 ソーラー 島根県産業技術センター DSC

==================

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

==================


マングローブ



【出展リンク】:  http://www.youtube.com/watch?v=PubFvRFX9Ks

HORIBA Wonder Channel 「マングローブ」

熱帯、亜熱帯地域の河口に出現する森、マングローブ。

川の流れが穏やかで、潮の満ち引きにより泥質の干潟が現れるような場所に形作られる。

マングローブの中に自生する植物は、およそ百種類ほどあることが知られているが、数の 上では、オヒルギやメヒルギといったヒルギ科の植物が圧倒的に多い。

そもそも、このヒルギ科の植物が持つ不思議な能力が無ければ、マングローブが形作られ ることは無かったと言えるだろう。

ヒルギ科の植物の多くは、細長い鞘のような果実を実らせる。種は鞘の中の、枝に近い部 分に入っている。
一般的な植物は、種はその中に含まれている栄養分で発芽するが、ヒルギ科の種は枝から 栄養分を得て、枝に付いたまま鞘の中で発芽する。

ある程度発芽が進んだ段階で、鞘は枝から離れてゆく。

鞘が突き刺さることで、潮が満ちても流されることなく、ヒルギは干潟の中で世代を重ね 、マングローブという森を作ることができたのだ。
このような発芽の仕方を、胎生実生と呼び、ヒルギ科以外の植物では極めてまれであるし 、ヒルギ科の植物でも、根元が干潟でなければ発生しない。

ではヒルギは、どうしてそこが干潟であることが判るのだろうか。河を遡って満ちてくる 海水に含まれている塩分が関わっていることは想像に難くない。しかしそれだけでは説明 が付かないケースがある。

南大東島の大池には、世界でも極めて珍しい陸封型のオヒルギ群落がある。この池の水は 深い部分は海水だが、オヒルギ群落のある湿地帯は淡水である。しかし、このオヒルギも また、胎生実生を行う。

胎生実生を行うか否かは、塩分というよりも、どの程度の時間、根や幹が冠水する環境で あるかがポイントになる。大池に陸封型オヒルギ群落が存在するのは、この池が海と繋が り、干満の差で水面の高さが変わるからに他ならない。

ヒルギの根の内側には塩分を濾過する柔毛があり、それでも取り込まれた過剰な塩分を、 一枚の葉に集めるという、不思議な能力も備えている。
しかしヒルギにとってより重要なのは、干満の差による水面の変化であり、胎生実生も満 潮で泥に刺さることなく漂流する種が、遠くの土地で速やかに根付くための工夫だったの かも知れない。

マングローブには、不思議な生態系が幾つか存在するが、その多くは潮の干満というリズ ムから生まれている。
ヒルギもまた、干潮と満潮を計るセンサを持ち、そのリズムでマングローブという不思議 な世界を作り出してきたのだ。

人類には、これほどまでに自然を計るセンサは無い。
しかし人類には、分析力という種を超えた力がある。
その分析力で自然を計り、多様で美しい地球の姿を守ること、それが人類に与えられた使 命といえるだろう。

ハイテクの一歩先にいつも堀場製作所

カテゴリ: 教育

タグ: HORIBA 堀場製作所 生物多様性 生物 多様性 COP10 環境 地球環境 バイオミミクリー 生物センサ 生物多様性条約 感覚機能 分析 センサー 地球 生態系 地球温暖化 科学 マングローブ ヒルギ科 植物 胎生実生 干潟 南大東島 海水 干満 オヒルギ群落 満潮 干潮 ハイテク 自然環境

=========================

【参考リンク】: 【マングローブ】 :  

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%96

マングローブ(英: Mangrove)は、熱帯 - 亜熱帯地域の河口汽水域の塩性湿地に成立する森林のことである。紅樹林または海漂林とも言う。世界では、東南アジア、インド沿岸、南太平洋、オーストラリア、アフリカ、アメリカ等に分布し、日本では沖縄県と鹿児島県に自然分布するが、本州にも人工的に移植された場所がある(後述#日本のマングローブ)。

成立条件 [編集]

熱帯から亜熱帯の海水に浸る土地に成立する。波当たりの強い場所では見られず、主としてある程度以上の大きさの川の河口域に成立する。しかし、波当たりがなければ、たとえば内湾などでは普通の海岸でも生育する場所がある。
波当たりのない、遠浅で汽水の場所であるので、泥がたまりやすく、マングローブ林より海側の区域は干潟になる場合が多い。泥質に生育する樹木には往々に見られることであるが、泥質の中は酸素が不足がちになるため、呼吸根といわれる、地表に顔を出す根を発達させるものが多い。
マングローブ林の、外縁(海側)のものは満潮時には幹や一部の葉まで海水に浸り、内側のものは塩分を含む泥質ではあるが直接に海水を被ることはなくそこから陸上の植生につながる。生育する植物の種は群落内の各地点で異なり、耐塩性の違いなどによって帯状分布を示す。
マングローブ林は、亜熱帯上部、たとえば九州ではせいぜい2mの高さのところもあるが、熱帯地域では30mに達するものがある。また、特有のつる植物もあり、場所によっては若干の草本も出現する。
生態系の特徴 [編集]

マングローブは干潟の性質を持ちつつ、そこに樹木が密生する場所である。干潟は、河川上流からや海から供給される有機物が集まって分解される場所であるため、非常に生産力の大きい環境であり、多くの生物の活動が見られる場所である。しかし、表面構造の単純さが大きな難関になっている。それに対してマングローブでは同様な環境でありながら、樹木が密生し、特徴的な呼吸根が発達することでその表面の構造が複雑になり、様々な動物の隠れ家を与え、その幹の表面はコケ類や地衣類の繁殖を許す。
底質は砂泥で、多くの有機物を含むことから、表面以下では有機物の分解に伴う酸素消費によって嫌気性な環境となり、硫化水素の発生を引き起こす。  

=========================

=========================

【私のコメント】

マングローブは、オヒルギやメヒルギといったヒルギ科の植物類で、海岸の海水の中で、育って形成されている。


海水の塩分に、耐性できる特徴を有している。


海岸の暴風対策、海岸の侵食や保全に、有効であり、また、牧畜牛の飼料にも使用されている。


この植物類の有効活用とその環境の保全は、これから、未来に、大きく広がっていくであろう。

=========================

このブログで、ブログランキングに参加しております。


皆様方に、この私のブログランキングへの御支援を御願い申し上げ致します。


重ね重ねて、ご支援のクリックの御協力をよろしく 御願いを申し上げ致します

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

======================

グリーンテック株式会社 映像製作<太陽光発電を利用した独立電源編>

http://www.youtube.com/watch?v=LVkf1FXn04s

グリーンテック(株)は太陽光発電を利用した独立電源システムを提案しています。海水 淡水化装置を使用し水不足地域への飲料水確保が可能となります。<映像製作:有限会社 アクトゆう 4:3NTSC>
http://www.greentec-group.co.jp

カテゴリ: 科学と技術
タグ: 無電化地域 独立電源 太陽光発電 発展途上国 ODA 海水淡水化装置

City of Water

http://www.youtube.com/watch?v=GJhhjvMW6KY

City of Water

カテゴリ: 映画とアニメ

タグ: Architecture Animation Film CG squint opera squint/opera City of Water Jeddah

【Amazing Grace】とは

【参考リンク】:【Amazing Graceとは】:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B9

アメイジング・グレイス(英語:Amazing Grace, 和訳例:すばらしき恩寵)は、ジョン・ニュートンの作詞による賛美歌である。特にアメリカで愛唱され、またバグパイプでも演奏される。"grace"とは「神の恵み」「恩寵」の意。

原詞詞名(初行): Amazing grace! how sweet the sound

曲名(チューンネーム): NEW BRITAIN または AMAZING GRACE

~~~~~~~~~
成立 [編集]

ウィキソースにAmazing Graceの原文があります。

作詞者はジョン・ニュートン (John Newton)。作曲者は不詳。アイルランドかスコットランドの民謡を掛け合わせて作られたとしたり、19世紀に南部アメリカで作られたとするなど、諸説がある。


ジョン・ニュートンは1725年、イギリスに生まれた。母親は幼いジョンに聖書を読んで聞かせるなど敬虔なクリスチャンだったが、ジョンが7歳の時に亡くなった。成長したジョンは、商船の指揮官であった父に付いて船乗りとなったが、さまざまな船を渡り歩くうちに黒人奴隷を輸送するいわゆる「奴隷貿易」に手を染めるようになった。


当時奴隷として拉致された黒人への扱いは家畜以下であり、輸送に用いられる船内の衛生環境は劣悪であった。このため多くの者が輸送先に到着する前に感染症や脱水症状、栄養失調などの原因で死亡したといわれる。


ジョンもまたこのような扱いを拉致してきた黒人に対して当然のように行っていたが、1748年5月10日、彼が22歳の時に転機はやってきた。船長として任された船が嵐に遭い、非常に危険な状態に陥ったのである。今にも海に呑まれそうな船の中で、彼は必死に神に祈った。敬虔なクリスチャンの母を持ちながら、彼が心の底から神に祈ったのはこの時が初めてだったという。すると船は奇跡的に嵐を脱し、難を逃れたのである。彼はこの日をみずからの第二の誕生日と決めた。その後の6年間も、ジョンは奴隷を運び続けた。しかし彼の船に乗った奴隷への待遇は飛躍的に改善されたという。


1755年、ジョンは病気を理由に船を降り、勉学を重ねて牧師となった。そして1772年、「アメイジング・グレイス」が生まれたのである。[1]この曲には、黒人奴隷貿易に関わったことに対する深い悔恨と、それにも関わらず赦しを与えた神の愛に対する感謝が込められているといわれている。
この曲のほかにも、彼はいくつかの賛美歌を遺している。

====================
このブログで、ブログランキングに参加しております。

皆様方に、この私のブログランキングへの御支援を御願い申し上げ致します。

重ね重ねて、ご支援のクリックの御協力をよろしく 御願いを申し上げ致します。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

====================

====================

Hayley Westenra - Amazing Grace (Live)


【出展リンク】: http://www.youtube.com/watch?v=BOrlCYp8TgU

Hayley Westenra's live performance of the heavenly traditional hymn "Amazing Grace", from Anniversary of Welsh Anthem,2006.

英格蘭傳統歌曲 "奇異恩典", 海莉的演唱版本被選為日劇 "白色巨塔" 之主題曲.

カテゴリ: 音楽

タグ: Hayley Westenra Amazing Grace 海莉 奇異恩典 白色巨塔

=========================

=========================
【参考リンク1】: 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B9

アメイジング・グレイス(英語:Amazing Grace, 和訳例:すばらしき恩寵)は、ジョン・ニュートンの作詞による賛美歌である。特にアメリカで愛唱され、またバグパイプでも演奏される。"grace"とは「神の恵み」「恩寵」の意。
原詞詞名(初行): Amazing grace! how sweet the sound
曲名(チューンネーム): NEW BRITAIN または AMAZING GRACE

作詞者はジョン・ニュートン (John Newton)。作曲者は不詳。アイルランドかスコットランドの民謡を掛け合わせて作られたとしたり、19世紀に南部アメリカで作られたとするなど、諸説がある。
ジョン・ニュートンは1725年、イギリスに生まれた。母親は幼いジョンに聖書を読んで聞かせるなど敬虔なクリスチャンだったが、ジョンが7歳の時に亡くなった。成長したジョンは、商船の指揮官であった父に付いて船乗りとなったが、さまざまな船を渡り歩くうちに黒人奴隷を輸送するいわゆる「奴隷貿易」に手を染めるようになった。
当時奴隷として拉致された黒人への扱いは家畜以下であり、輸送に用いられる船内の衛生環境は劣悪であった。このため多くの者が輸送先に到着する前に感染症や脱水症状、栄養失調などの原因で死亡したといわれる。
ジョンもまたこのような扱いを拉致してきた黒人に対して当然のように行っていたが、1748年5月10日、彼が22歳の時に転機はやってきた。船長として任された船が嵐に遭い、非常に危険な状態に陥ったのである。今にも海に呑まれそうな船の中で、彼は必死に神に祈った。敬虔なクリスチャンの母を持ちながら、彼が心の底から神に祈ったのはこの時が初めてだったという。すると船は奇跡的に嵐を脱し、難を逃れたのである。彼はこの日をみずからの第二の誕生日と決めた。その後の6年間も、ジョンは奴隷を運び続けた。しかし彼の船に乗った奴隷への待遇は飛躍的に改善されたという。
1755年、ジョンは病気を理由に船を降り、勉学を重ねて牧師となった。そして1772年、「アメイジング・グレイス」が生まれたのである。[1]この曲には、黒人奴隷貿易に関わったことに対する深い悔恨と、それにも関わらず赦しを与えた神の愛に対する感謝が込められているといわれている。
この曲のほかにも、彼はいくつかの賛美歌を遺している。

=========================

【参考リンク2】: 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B9_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

http://www.amazinggracemovie.com/


========================

========================
このブログで、ブログランキングに参加しております。

皆様方に、この私のブログランキングへの御支援を御願い申し上げ致します。

重ね重ねて、ご支援のクリックの御協力をよろしく 御願いを申し上げ致します。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

======================

======================


Dancing with the Stars - Blue Danube



【出展リンク】: http://www.youtube.com/watch?v=LYXC9QrUkZY

Andre Rieu's performance at the season finale of the Australian Dancing with the Stars!

カテゴリ: 音楽
タグ: dancing with the stars andre rieu johann strauss orchestra An der schönen blauen Donau On Beautiful Blue Danube waltz Johann Strauss Viennese Lehár Kálmán Mozart tenors Bach Bizet Bolero Callas Carreras Chopin Domingo Grieg Lehar Morricone Orff Ouverture Titanic Phantom of Opera Radetzky Il Divo Pavarotti

======================
このブログで、ブログランキングに参加しております。

皆様方に、この私のブログランキングへの御支援を御願い申し上げ致します。

重ね重ねて、ご支援のクリックの御協力をよろしく 御願いを申し上げ致します。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

======================

Follow by Email

ブログ アーカイブ