2009年11月10日火曜日

WHOI: Hydrothermal Vents

WHOI scientist Susan Humphris explains what hydrothermal vents are and why they're important.
カテゴリ: 科学と技術

タグ: hydrothermal vents underwater volcano mid-ocean ridge woods hole oceanographic institution whoi oceanography alvin

===========

【出展引用リンク】:

      http://www.youtube.com/watch?v=rFHtVRKoaUM


======================
======================

私のブログランキングのご支援を重ねてよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ


=====================

=====================

Marshall Hydrothermal Recovery System



The first and only system to unlock the awesome power of deep-ocean hydrothermal vents for energy, mining, and water desalination.

http://www.marshallsystem.com/

カテゴリ: 科学と技術

タグ: renewable energy green hydrothermal vents electricity marshall system recovery marshallsystem environment mechanics avia

================

【出展引用リンク】:

     http://www.youtube.com/watch?v=F6-_UTU_bJ0

  投稿者リンク: http://www.youtube.com/user/marshallsystem

======================

【参考リンク1】:【 hydrothermal vents : 熱水噴出孔 】:Wikipedia :

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E6%B0%B4%E5%99%B4%E5%87%BA%E5%AD%94

【同上抜粋】:

熱水噴出孔(ねっすいふんしゅつこう、英hydrothermal vent)は地熱で熱せられた水が噴出する割れ目である。熱水噴出孔がよく見られる場所は、火山活動が活発なところ、発散的プレート境界、海盆、ホットスポットである。

熱水噴出孔は地球ではふんだんにみられるが、その理由は地質学的活動が活発であることと、表面に水が大量にあることである。陸上にある熱水噴出孔には温泉・噴気孔・間欠泉があるが、これらについては各項目を参照するとして、ここではおもに深海熱水噴出孔について述べる。

深海によく見られる熱水噴出孔周辺は、生物活動が活発であり、噴出する液体中に溶解した各種の化学物質を目当てにした複雑な生物社会が成立している。有機物合成をする古細菌類が食物連鎖の最底辺を支え、そのほかにジャイアントチューブワーム・二枚貝・エビなどがみられる。

地球外では木星の衛星エウロパでも熱水噴出孔の活動が活発であるとみられているほか、過去には火星面にも存在したと考えられている[1]。


======================
======================

私のブログランキングのご支援を重ねてよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ


=====================

=====================

【An Undersea Mountain: Tectonic Plates and Hydrothermal Vents】 :【海底熱水噴出】



Join Scripps Institution's Donna Blackman as she shares a fascinating look at tectonic plate spreading and the discovery of a "lost-city" of hydrothermal vents and the unique creatures that dwell there. Series: "Perspectives on Ocean Science" [8/2001] [Science] [Show ID: 5726]
カテゴリ: 教育

タグ: tectonics oceanography hydrothermal vents

===============

【出展引用リンク】:

  http://www.youtube.com/watch?v=p1qlVx5pePo

 投稿者リンク: 
    
    http://www.youtube.com/user/UCtelevision

======================
======================

私のブログランキングのご支援を重ねてよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ


=====================

=====================

【GPS 津波計の沖合展開技術に関する研究】

【GPS 津波計の沖合展開技術に関する研究】

    :文部科学省独創的革新技術開発補助金研究:課題番号 14401 -


【出展引用リンク】:

   http://www.tsunamigps.com/research/tsunamiGPS1.html
  

GPS 津波計実海域実験概要

GPS津波計の特徴

GPS津波計は,従来の加速度計を用いたブイ型観測機とは異なり,高精度かつ安定したGPS位置情報の取得を行っているため,波浪の計測はもとより,これまで困難であった沿岸・沖合における津波・潮位の観測が可能です. 実海域試験の目的沖合実海域での耐久性,観測値の精度検証及びデータ伝送機能の確認を目的としてます.また,インターネット網 を利用したより質の高いデータ公開技術の開発を目指しています. 試験機の機器仕様GPS津波計観測ブイは,右図に示すようなスパー型.










・ ブイ本体部:径 3.4m ,全長 4.0m ,喫水 1.5m ( L.W.L )

・ デッキ上部:高さ 6.0m , GPS ,無線アンテナ等を搭載

・ ブイ全体:全高 16m ,重量 16ton

・ 駆動電源:太陽光発電 ,バッテリー

係留は、66mm と 111mm 径のチェーンによる1点係留です.

試験機の観測仕様観測システムの概念を下図に示します.GPS津波計では,1秒間隔で観測を行い,データを無線で室戸岬測候所 へ伝送し,測候所からサーバへ一旦送られた観測結果は,インターネット上に配信され,一般に公開されます.観測は,GPS測位だけでなく,風向・風速,気圧,水温,検証用の加速度データなども常時計測します.

設置海域

室戸岬沖合南南東約 13km

  北緯 33 ° 08 ′ 26 ″

  東経 134 ° 12 ′ 10 ″

水深:約 100m

設置予定日: 2004/4/11

===============

  http://www.tsunamigps.com/







観測データ: リアルタイム

【リアルタイム観測データリンク】:

 
  http://www.tsunamigps.com/gpsreal.php


過去データ

室戸防災関係者向け (※要パスワード)

研究内容(第1次観測の成果):

研究の概要

今までの経緯

めざすもの
リンク: 東京大学地震研究所

東北大学

高知高専

(独)港湾空港技術研究所

人と防災未来センター

日立造船(株)

高知県

室戸市

お問い合わせ
このホームページは、文部科学省の独創的革新技術開発研究及び科研費基盤研究(A)17201038(研究代表者:東大地震研加藤照之)の補助金を受けて、実験的に津波・波浪・潮汐の観測結果を表示していました。また、現在の表示データは、科研費基盤研究(S)21221007(研究代表者:高知高専寺田幸博)において実験値として得られた観測データです。データを使用することに制限はありませんが、前補助金研究における場合と同様に、このデータを使用したことによる損害などについては一切責任を負いません。

GPS津波計開発チーム(平成16年5月1日)

科研費研究開発チーム(平成21年10月9日)


======================
======================

私のブログランキングのご支援を重ねてよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ


=====================


=====================

英研究機関、波力・潮力エネルギーの研究プロジェクトを開始

英研究機関、波力・潮力エネルギーの研究プロジェクトを開始


【参照引用リンク】:

   http://jp.ibtimes.com/article/biznews/091105/43769.html
 
   発信元 : IBTIMES : http://jp.ibtimes.com/


【引用始め】:以下の通り

===============

 英エネルギー技術研究所(ETI)は10月30日、波力・潮力エネルギーに関する産学協同プロジェクト「PerAWaT」について、詳細を発表した。投資額は800万ポンド。風力発電に関するコンサルティング会社、ガラードハッサンがプロジェクトリーダーとなり、EDFエナジー(EDF Energy)、エーオン(E.ON)、オックスフォード大学などが参加。波力・潮力のエネルギー性能に関する評価・予測モデルを開発する。

 現時点では、波力・潮力エネルギー発電施設による年間発電量を予測するソフトウェアや有効な方法は確立されていない。ETI の役員・David Clarke博士は「英国にとって海洋エネルギーは可能性のあるエネルギー源だが、この分野の技術開発に関する投資対効果が不透明ということから、投資が遅れている。このプロジェクトにより、波力・潮力の予測精度を向上させ、今後、大規模な開発を行う際の投資リスク軽減に役立てたい」と述べた。
                                                                                                    [松岡 由希子]


==========================
==========================
私のブログランキングのご支援を重ねてよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ


=====================


=====================

【The singing whale - Beluga】:【シロイルカの鳴き声】

【The singing whale - Beluga】:【シロイルカの鳴き声】



============

【出展引用リンク】:

   http://www.youtube.com/watch?v=rQc0rqTaZw8

   投稿者リンク: 【machineheader】
   http://www.youtube.com/user/machineheader
   
   sounds of the Beluga whale!!!
   カテゴリ: ペットと動物

   タグ: beluga arctic sound singing whale ice pod

===================

【参考リンク1】:【 Beluga :シロイルカ 】:Wikipedia :

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB
  
  【同上抜粋】:

シロイルカ(白海豚、Delphinapterus leucas)はクジラ目 ハクジラ亜目 イッカク科 シロイルカ属に属する小型のクジラである。主に北極および北極圏に棲息する。英名 (Beluga) を用いてベルーガと呼ばれることも多い。別の英名としては White Whale (「白いクジラ」の意)があり、日本語でも稀にシロクジラと呼ばれる。

シロイルカ属 (Delphinapterus) はイッカク科に属する属の一つで、シロイルカ1種のみが属する。属名 Delphinapterus はラテン語で「ひれがない」を意味する apterus に由来する。

===================

【私のブログのご支援を改めて御願い致します。

人気ブログランキングへ


===================


===================

Follow by Email

ブログ アーカイブ