2010年2月12日金曜日

【私の提案】:オリンピック競技の入賞者から、選抜し国際親善のための民間外交官間として、就任させたら~~~

【私の提案】:


オリンピック競技の入賞者から、選抜し国際親善のための民間外交官として、就任させたら~~~


  ~~国際親善に、多大な効果をもたらすのではないだろうか。


不断に鍛錬された向上精神のある若者達に、国際的な友好を促進し、育む意識が生まれて、国際親善に、多大な効果をもたらすのではないだろうか。


若者が活躍できる舞台と夢を与えることも大事な政治ではないだろうか。


 政府関係者に、このことの実現可能性の検討をお願いしたいと思います。


=====  =====  =====  


【参考リンク1】: Vancouver 2010 :
http://www.youtube.com/watch?v=CQ0t5pdSME8&feature=player_embedded

 (注意: IOCの著作権で、YOUTUBEから削除された。この映像は広報のためにつくられたのではないのだろうか。YOUTUBEで削除されれば、その効果が減少するであろう。)


【参考リンク2】: 2010 Olympic Winter Games official trailer for PS3/Xbox 360/PC - 'Snowboard Skeleton' [HD] :




【参考リンク3】: Olympic spirit :






Olympic Spirit is an officially sanctioned programme of the International Olympic Committee. A number of initiatives are underway in Canada (Vancouver hosts the 2010 Olympic Winter Games), Beijing (host of the 2008 Olympic Games), London (host of the 2012 Olympic Games), Japan, Asia, the Middle East, Europe and the Americas.






International Olympic Committee Official Programme

The mission of Olympic Spirit is "to build a peaceful and better world in the Olympic Spirit which requires mutual understanding with a spirit of friendship, solidarity and fair play - Olympic Spirit strives to inspire and motivate the youth of the world to be the best they can be through educational and entertaining interactive challenges. Olympic Spirit seeks to instill and develop the values and ideals of Olympism in those who visit and to promote tolerance and understanding in these increasingly troubled time in which we live, to make our world a more peaceful place."
Olympic Spirit "will give Olympic athletes and sports much higher profiles and the increased attention they deserve... People - young and old alike - will be able to experience the sports and the intensity of the competitions personally through interactive exhibits and demonstrations [giving] everyone attending a sincere appreciation for what the athletes experience - and endure. The Canadian Olympic Committee [1] is thrilled to be part of such a fun, exciting and dynamic project." [2]

[edit]General concept

More generally, the term "Olympic spirit" is an oft-referred to but perhaps vaguely-defined concept associated with the Olympic Games. Some media equate it with Pierre de Coubertin's statement that "The important thing is not to win, but to take part", and view athletes who try their best but finish last as epitomising the "Olympic spirit". Thus the Agence France-Presse wrote: "True Olympic spirit is often found away from gold medallists with their agents and sponsorship deals -- it is found in its purest sense in those that come last."[3] It cited Eric MoussambaniPaula Barila BolopaAbdul Baser WasiqiPyambuugiin TuulCharles OlemusMala SakonninhomLuvsanlkhündegiin Otgonbayar,Mira Kasslin and Samia Hireche as incarnations of the Olympic spirit. In 2000, CNN published an article on Eric Moussambani entitled "Olympic spirit: Swimmer competes for love of sport".[4] In 2008, a press officer with the Chilean Tennis Federation described Nicolás Massú as having "really demonstrated the Olympic spirit: the effort, the struggle, his refusal to give up".[5]

[edit]Footnotes and Reference

  1. ^ The Canadian Olympic Committee is a private, not-for-profit corporation and the largest private sector funder of high performance sport in Canada. It is responsible for all aspects of Canada's involvement in the Olympic Movement, including Canada's participation in the Olympic Games and the Pan-American Games. The COC manages a wide variety of programs that promote the Olympic Movement in Canada through cultural and educational means.
  2. ^ Media Release "Toronto Olympic Spirit Centre Promises Canadian Olympians and Sports Recognition They Deserve", Canadian Olympic Association, November 26, 2001.
  3. ^ "True Olympic spirit found in those who come last", Agence France-Presse, July 18, 2008
  4. ^ "Olympic spirit: Swimmer competes for love of sport", CNN, September 21, 2000
  5. ^ "TENNIS: CHILE’S “VAMPIRE” RISING FROM THE DEAD"Patagonia Times, May 14, 2008

[edit]External links


=======================
=======================





このブログで、ブログランキングに参加しております。

皆様方に、この私のブログランキングへの御支援を御願い申し上げ致します。

重ね重ねて、ご支援のクリックの御協力のほど、よろしく御願いを申し上げ致します。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

======================

高野孟のラジオ万華鏡: 対談のコーナーのゲストに郷原信郎氏を迎え、「小沢VS検察」の真相を探ります。

【出展引用リンク】: http://www2.jfn.co.jp/people/scope/voicecommons/index.html




日曜日の早朝、日本という国の行方と自分自身の明日に想いをいたすおとなのためのラジオプログラム。
音声文化をリードする綜合ジャーナリズム&エンタテインメントジャーナリスト高野孟が世界を歩き、出会い、語り合い、考え、発信する!

2010年2月6・7日放送 
対談のコーナーのゲストに郷原信郎氏を迎え、「小沢VS検察」の真相を探ります。
元検察官だからこそ知り得る検察の内側について聴けます。知られざる「検察」についての話は貴重です。
番組を聴く
動画
最新の動画 vol.1 [2010年2月6・7日放送]

最新の動画 vol.2

===================================

国民の大半が支持する小沢は失脚などしない。

国民の大半が支持する小沢は失脚などしない。

http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/304.html

投稿者 matuoka yuuji 日時 2010 年 2 月 12 日 01:13:50: noT716RWWrvIk

国民の大半が支持する小沢は失脚などしない。


御用官僚、御用官僚OB、御用官庁、御用検察庁、記者クラブ既得権益・制度維持の御用新聞、御用TV、御用経団連一連企業等の御用株主等の偽善権益の勢力の皆さん。ノーパン・シャブ・シャブの御用役人の天国の時代は、すでに、終わった。


これから、小沢が、相手するのは、米国政府であり、中国政府であり,米国市民や中国市民であり、世界の市民である。


主権者の国民が、この政治・行政戦略を決定して、これを、日本の国民が支援していけば良い。


あとは、敵にもならず。 抗う勢力も、多少は、復権を目論むであろうが、この先において、自然消滅である。 絶滅種になる。


これで、日本の国内が。浄化されて、綺麗、さっぱり。 




これが、主権者国民が望むこれからの日本の社会の針路を開く時代の始まりである。


新しい時代の幕開けが、目前のそこまで、やってきているのである。


そこで、展開されるのは、真に社会正義を求める大きな国民の意思力である。


これが、最終の日本社会の未来への進路を決定してゆくことになる。


既得権益で、拘束された暗黒の日本国民が望むべき光輝く時代や社会を作るには、主権者である私たち自身の意志力である。真なる敵を見逃すことなかれ。蹴散らして、前進あるのみ。


希望の輝きをめざして、前に進め。 国民主権の旗手を高く掲げて、前に進め。




       matuoka yuuji    2009.2.11

=======================

私のブログリンク: 希望のある未来を創ろう :

http://matuoka1248.blogspot.com/

=======================


このブログで、ブログランキングに参加しております。

皆様方に、この私のブログランキングへの御支援を御願い申し上げ致します。

重ね重ねて、ご支援のクリックの御協力のほど、よろしく御願いを申し上げ致します。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

======================



Follow by Email

ブログ アーカイブ