2010年1月22日金曜日

【普天間問題で日本側の検証作業支援】

【出展引用リンク】: http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4337442.html

【引用始め】:以下の通り
=====================

普天間問題で日本側の検証作業支援


アメリカ国務省のキャンベル次官補は21日、議会上院の外交委員会に出席し、普天間基地の移設問題について、日本側の検証作業を支援していく考えを強調しました。

「日米関係のあらゆる点について日本政府と協議し、普天間移設問題についても、日本側の疑問に答え、様々な問題を調査する」(キャンベル国務次官補)

上院外交委員会の東アジア・太平洋小委員会で21日、キャンベル国務次官補は、普天間基地移設をめぐる過去の交渉の経緯などについて日本側の疑問に答えることで、日本政府の検証作業を支援していく考えを示しました。

また、現在の日米合意が最善の道だとしながらも、5月をメドとする日本政府の検証作業を見守る姿勢を強調しました。キャンベル次官補は来月1日から日本を訪問し、外務・防衛の高官らと協議を行う見通しです。(22日06:02)

=======================


【引用終わり】以上の通り


=======================
=======================

【私のコメント】:

このような米国政府の日本政府への気遣いや協力に、日本人は感謝しなければないものとなった。 



 このような手順や方法が、外交の本質的な基本的な姿であると思います。

新しい関係の日米の相互協力の時代が始まって来た様である。 



 世界の平和・安寧な社会の創生のために、未来に渡る日米の相互協力を機軸として、大きく育て上げなければならない。


 このようなことを可能にさせる原動力の根底において、市民達の国際的な問題に、関与・参加。反映させる意気込みや意識が必要・不可欠となされることになるであろう。


 先日ほどまで、騒々しかった沖縄の基地移転の新聞報道やTV報道が、記事作成者の憶測・推測、真偽不明、主観的な解釈や隠された意図でなされたような、非客観的で、不確実なものでは、その存在的な価値がない。


 このような真偽不明な情報に騙されて攪乱(かくらん)・広報誘導されてはならない。


 日本の報道関係者の質が低下しているのであろう。 非常に、残念なことである。


 =======================


この私のブログで、ブログランキングに参加しています。
皆様がたの御支援・御協力によって、このブログのランキングアップが成されます。
御手数ですが、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げ致します。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
=======================


=======================

【Google Releases New High-Res Satellite Images of Haiti】:by wiredscience

【【出展引用リンク】: 
http://www.wired.com/wiredscience/2010/01/google-releases-new-high-res-satellite-images-of-haiti/

【引用始め】以下の通り
===============
Google Releases New High-Res Satellite Images of Haiti

By Betsy Mason Email Author 

January 20, 2010  |  2:08 pm  |

Categories: Earth Science

google_haiti_hires1


Google has released new, higher-resolution satellite images of the Port-au-Prince area of Haiti that was devastated by a magnitude 7.0 earthquake on Jan. 12.
haiti_promo1The new impressively detailed photos were taken on Sunday, Jan. 17 and have resolution of around 6 inches, according to Google. You can see the full set of images in Google Maps in Satellite mode.
Last week, Google and GeoEye released a set of satellite images of Haiti taken on Jan. 13, just a day after the earthquake, along with previous images of the area from 2008.
Google is working to make the new imagery available as a layer in Google Earth as well. An updated Haiti earthquake layer for Google Earth is currently available with images from multiple sources as well as maps, including earthquake epicenters.
For more information on images of Haiti and other tech relief efforts, check out Danger Room’s coverage.

google_haiti_hires2
Images: Google
See Also:

Read More http://www.wired.com/wiredscience/2010/01/google-releases-new-high-res-satellite-images-of-haiti/#ixzz0dGkngcyw




=========================


【引用終わり】以上の通り


=======================


=======================


この私のブログで、ブログランキングに参加しています。


皆様がたの御支援・御協力によって、このブログのランキングアップが成されます。
御手数ですが、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げ致します。


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


=========================


=========================

日本の小惑星探査機『はやぶさ』、今年帰還へ

【出展引用リンク】: http://wiredvision.jp/news/201001/2010011323.html

【引用始め】:以下の通り

==============

日本の小惑星探査機『はやぶさ』、今年帰還へ

2010年1月13日

2012年に加速する引き寄せ - 
アメリカで一部の人だけが知っている 本当の秘密を期間限定で無料公開
www.commercejungle.com
Ads by Google
Lonnie Morgan

Hayabusa (image: nasa.gov public domain)
「ハヤブサ」と聞くとゲーム『Halo』を思い浮かべる人もいるかもしれないが[Haloのキャラに「ハヤブサアーマー」がいる]、ハヤブサとは2003年に打ち上げられた日本の探査機の名前でもある。
そのミッションは、小惑星イトカワ(小惑星25143)に到達して着陸し(厳密に言えば違うが)、小さな岩と塵のサンプルを収集して離陸し、地球に戻ってくることだ。
すべてがうまくいけば、この小型ロボットは今年の6月に地球に帰還し、小惑星に訪れてサンプルを持ち帰ることに成功した最初の地球船になる。
このミッションは、途中でいくつかの障害に直面したため、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の科学者たちは、はやぶさがイトカワへの訪問中に多くのサンプルを収集できたかどうかわからないとしている。だが、はやぶさチームは、柔軟な発想と飛行技術のおかげで、来年の6月に向けてすべてが順調に進んでいると述べている
[はやぶさは当初、2007年夏に試料カプセルの大気圏再突入操作を行ってパラシュートで降下させる計画だったが、2005年12月のトラブルにより帰還は2010年に延期されていた]
はやぶさはオーストラリアの内陸部に墜落する予定だ。探査機の大部分は地球の大気圏を通過する時に燃え尽きるはずだが、貴重な小惑星の塵は、再突入耐性カプセルによって保護されるはずだ。
はやぶさのもう1つの科学技術上の偉大な業績は、イオンエンジンの使用だ。イオンエンジンは、1998年の米航空宇宙局(NASA)の宇宙探査機『ディープ・スペース1』でその性能が初めて試されたものだが、宇宙ミッションの主要な推力の手段として一般的になりつつある。
到着時期が重要な問題ではない長期に及ぶ飛行では、小さなイオンエンジンは非常に効率的だ。推力は小さいが、必要とされる推進剤の量に比べると効率的なのだ。


[JAXAは今年1月7日、はやぶさの後継機を2014年に打ち上げ、別タイプの小惑星『1999JU3』に衝突体をぶつけて試料を得る計画を明らかにした
なお、1999年に打ち上げられたNASAの『スターダスト』は、2004年にヴィルト第2彗星の尾の中に入り、資料を採取し写真を撮影(最接近距離240km)。約50億kmを旅して、2006年1月15日に地球へ試料を持ち帰った。試料を分析したところ、「生命の前駆物質」であるグリシンが確認された(日本語版記事)。以下の画像は、試料を持ち帰ったカプセル]
画像はWikipedia
[日本語版:ガリレオ-天野美保]

日本の小惑星探査機『はやぶさ』、今年帰還へ
2010年1月13日
サイエンス・テクノロジー コメント: (4)
トラックバック (0)
フィード
2012年に加速する引き寄せ - アメリカで一部の人だけが知っている 本当の秘密を期間限定で無料公開
www.commercejungle.com

Lonnie Morgan

Hayabusa (image: nasa.gov public domain)

「ハヤブサ」と聞くとゲーム『Halo』を思い浮かべる人もいるかもしれないが[Haloのキャラに「ハヤブサアーマー」がいる]、ハヤブサとは2003年に打ち上げられた日本の探査機の名前でもある。
そのミッションは、小惑星イトカワ(小惑星25143)に到達して着陸し(厳密に言えば違うが)、小さな岩と塵のサンプルを収集して離陸し、地球に戻ってくることだ。
すべてがうまくいけば、この小型ロボットは今年の6月に地球に帰還し、小惑星に訪れてサンプルを持ち帰ることに成功した最初の地球船になる。
このミッションは、途中でいくつかの障害に直面したため、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の科学者たちは、はやぶさがイトカワへの訪問中に多くのサンプルを収集できたかどうかわからないとしている。だが、はやぶさチームは、柔軟な発想と飛行技術のおかげで、来年の6月に向けてすべてが順調に進んでいると述べている。
[はやぶさは当初、2007年夏に試料カプセルの大気圏再突入操作を行ってパラシュートで降下させる計画だったが、2005年12月のトラブルにより帰還は2010年に延期されていた]
はやぶさはオーストラリアの内陸部に墜落する予定だ。探査機の大部分は地球の大気圏を通過する時に燃え尽きるはずだが、貴重な小惑星の塵は、再突入耐性カプセルによって保護されるはずだ。
はやぶさのもう1つの科学技術上の偉大な業績は、イオンエンジンの使用だ。イオンエンジンは、1998年の米航空宇宙局(NASA)の宇宙探査機『ディープ・スペース1』でその性能が初めて試されたものだが、宇宙ミッションの主要な推力の手段として一般的になりつつある。
到着時期が重要な問題ではない長期に及ぶ飛行では、小さなイオンエンジンは非常に効率的だ。推力は小さいが、必要とされる推進剤の量に比べると効率的なのだ。

[JAXAは今年1月7日、はやぶさの後継機を2014年に打ち上げ、別タイプの小惑星『1999JU3』に衝突体をぶつけて試料を得る計画を明らかにした。
なお、1999年に打ち上げられたNASAの『スターダスト』は、2004年にヴィルト第2彗星の尾の中に入り、資料を採取し写真を撮影(最接近距離240km)。約50億kmを旅して、2006年1月15日に地球へ試料を持ち帰った。試料を分析したところ、「生命の前駆物質」であるグリシンが確認された(日本語版記事)。以下の画像は、試料を持ち帰ったカプセル]

画像はWikipedia

[日本語版:ガリレオ-天野美保]
WIRED NEWS 原文(English)

====================
====================

【私のコメント】:探査機の追跡の通信等のコントロールの技術がすばらしい。

====================

この私のブログで、ブログランキングに参加しています。
皆様がたの御支援・御協力によって、このブログのランキングアップが成されます。
御手数ですが、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げ致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

======================

======================

Follow by Email

ブログ アーカイブ