2009年9月26日土曜日

【日米外相会談の概要 : 岡田外相ークリントン国務長官との会談】 by 外務省広報報道 2009.9.21




【日米外相会談の概要 : 岡田外相ークリントン国務長官との会談】
     
     by 外務省広報報道 2009.9.21

【出展引用リンク】:

   http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/visit/0909_gk.html


【引用始め】:以下の通り
=================
    
 米国東部時間21日午後4時半過ぎ(日本時間22日午前5時半過ぎ)より約45分間、国連総会出席のためにニューヨークを訪問中の岡田大臣は、クリントン国務長官との間で日米外相会談を行ったところ、概要以下のとおり。

1.日米関係
 冒頭、クリントン長官から新政権発足に対する祝意を述べたのに対し、岡田大臣より、今般の政権交代は歴史的なものであり、新政権には国民の期待に応える重い責任がある旨述べた。
 日米関係に関し、クリントン長官より、日米同盟は米国外交の礎であり、アジア太平洋地域の平和と繁栄の基礎である、歴史的に強固な日米関係の幅を広げ、更に深いものとしていきたい、色々な問題についてはパートナーシップの精神に基づいて考えていきたい旨述べた。岡田大臣より、今後、30年、50年以上先に持続可能な、より深い日米関係を作っていきたい、そのために目の前にある様々な課題についてお互いに議論しながら解決していきたい旨応答した。
 岡田大臣より、当面、今後100日間に力を入れて取り組んでいく課題として、自分は大臣就任の際に、12月のCOP15に向けた気候変動問題、アフガニスタンとパキスタンへの復興支援、及び沖縄の基地や在日米軍再編といった日米同盟の問題の3つを挙げた旨説明した。
 沖縄をはじめとする日米安保をめぐる問題については、岡田大臣より、今後具体的な対応につき日本政府内で検討していくので、両国で緊密に協力して取組んでいきたいと述べ、今後話し合っていくこととなった。

2.北朝鮮
 両大臣は、北朝鮮による核保有、核開発、核拡散は容認できない問題であり、検証可能かつ完全な非核化を達成する必要があること、核・ミサイル・拉致問題の包括的な解決を目指して、日米・日米韓の連携を一層強化していくことで一致した。クリントン長官からは、本年2月の訪日に際して拉致被害者家族との面会を行ったことを挙げつつ、拉致問題は心を痛める出来事であり、個人的にも関心を有している旨の発言があった。岡田大臣は、核・ミサイル・拉致の解決ができなければ国交正常化は考えられない、政権が代わっても根本は変わらないと述べた。

3.グローバルな課題
(1)気候変動
 気候変動問題について、両大臣は、喫緊かつ大変重要な問題であり、先進国就中日米が指導力を発揮していく必要があることで一致した。

(2)アフガニスタン・パキスタン
 両大臣は、アフガニスタン・パキスタンの安定と復興はテロの撲滅と世界の安定に関わる最重要課題であることで一致した。岡田大臣よりは、日本自らの問題として、民生分野などで復興支援に積極的な役割を果たしていきたい旨述べた。クリントン長官よりは、日本の指導力と強い立場に感謝する旨述べた。

(3)イラン
 イラン情勢について、両大臣はイランが国際社会と協力するようなメッセージを多くの国と連携して発出していくことが必要であり重要な局面にあるとの認識を共有した。クリントン長官より、国際社会の懸念についてイランに対して明確なメッセージを送り続けることが重要であり、イランは、このような国際社会の懸念に応え、米国との対話の機会を逃すべきではない旨述べた。岡田大臣より、日本はイランとの間で有している伝統的二国間関係を基礎とした働きかけを行っていく旨述べた。

=================

【引用終わり】以上の通り

=================

【私のコメント】:
 
 民主党の岡田克也外務大臣は、国民の期待を背負って、新しい日本の政権による日米関係の構築のために、米国のクリントン国務長官と仲良く握手し、日米友好のために、身を挺して、重要な政務を立派に勤めあげたのである。

 十分に休む時間もほとんどない多忙なる政務スケジュールを、無事にこなしたのである。

 岡田氏とクリントン女史との握手の報道は、きっと日本の国民に、深く印象を刻み、日米両国の国民もその喜びを共有し、共に安心したことであろう。

 岡田克也氏においても、政治人生の生涯の中で、最大の思い出として、心に遺されることであろう。

 今後においても、未来世界の安寧の創生のために、大活躍されることを御祈念を致します。
 
 がんばれ、岡田克也様。                              
 
 国民の支援と大声援で、岡田克也氏を支援していきましょう。

 

==================

ブログランキングの皆様のご支援を重ねて御願い致します。
人気ブログランキングへ

【今年の終戦記念日に靖国神社参拝を参拝した民主党議員の軽率な行動について

【今年の終戦記念日に靖国神社参拝を参拝した民主党議員の軽率な行動について】


         http://www.asyura2.com/09/senkyo71/msg/853.html

       投稿者 matuoka yuuji 日時 2009 年 9 月 25 日 04:07:41: noT716RWWrvIk



【今年の終戦記念日に靖国神社参拝を参拝した民主党議員の軽率な行動について】



     【以下のメールを送付し、Asyura投稿記事として、公開させていただきます。】



 Asyuraの皆様の正義のある見解と知見ををお待ちします。
 よろしく、Asyuraの皆様のご教示を御願いしたいと思います。

====================

【私から芝ひろかず氏へのメール】以下の通りです。

====================
 靖国神社参拝について



拝啓 芝ひろかず様

  民主党サポーター【元創価学会員】より

公人、民主党の議員として、今年の終戦記念日に、靖国神社へ、参拝されたことが新聞報道されていましたが、鳩山由紀夫党首や岡田克也氏は参拝しないと公表しましたが、国内的にも、国際的にも、批判のある靖国神社の参拝になぜゆかれるのか? はなはだ、疑念のある軽率な行動をいましめよ。 次回の選挙の来年7月の参議院選挙支援は、お断りである。 高橋千秋参議院や中井浩氏の選挙の支援は、今後とも、全力で支援します。 靖国参拝に反対する人々の悲惨な戦争の傷を広げるような、許されない行為なのである。 このような行動をどうしても、するなら、民主党からい出よ。


==========

以上の通り  

=================
【参考リンク1】:  芝氏HP投稿メール写し:

    http://www.shiba-hirokazu.com/system/formpro/formpro2002.cgi


【参考リンク2】:  【芝ひろかずHP: プロフィール】:
    
  http://www.shiba-hirokazu.com/profile/index.shtml
    
 
================

【植草一秀氏のブログランキングを第一位を確保して、植草氏を迎えよう】がんばろうAsyura諸君、後わずかな日だ。

植草一秀氏のブログランキングを第1位になるまで、悪しき敵陣の攻勢による他のブログ支援に、打ち勝つために、Asyura の正義のある皆さんの熱き支援を本腰いれて、支援して行こう。

悪しき支配権力による既得権益擁護の自民党・公明党の支援勢力である醜い敵陣は、省こりもなく、最後の反転攻勢のつもりで、植草一秀氏のブログランキングや私のブログランキングに対して、不当的な工作を実行しているのだ。

 悪しき敵陣をけちらせ。

【出展引用リンク】: ブログランキング :

      http://blog.with2.net/rank1510-0.html

    【 植草一秀の『知られざる真実』 リンク :
       
      http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/
    

【引用始め】:  
======================
≪prev  1-50位 51-100位 101-150位 151-200位 201-250位 … next≫

  [更新日時:2009/09/26 09:30]



順位 ページ名称/紹介文 週間IN 週間OUT 月間IN

広告 Ads by Google

政権交代後日本の未来は? 国民の広場は、国民の力で政治を変えることを目的としたサイトです。 www.kokumin-hiroba.jp/

第1位

博士の独り言

真実と正論を共有するために! 国際時事、特にアジアのニュースに独自視点からコメントを加えます。



最新記事:2009/09/25 22:58 [提言「国家基本問題研究所…] [農水「パチンコ」相] [勉強会「時間変更」のおし…]

172110


453850


843930



第2位


植草一秀の『知られざる真実』


政治・メディア・金融の真相・深層を抉る。 不撓不屈の精神で腐敗した権力の真実を洞察し、経世済民の思想を考える。



最新記事:2009/09/25 10:00 [「売国者たちの末路」書評…] [『日米基軸外交を基礎に置…] [『予算配分と所得配分見直…]

146800


184470


805850



第3位

新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のブログです 日本経済、アメリカ経済、マスメディアの問題などを中心に書き進めています。



最新記事:2009/09/25 10:03 [頭の体操 その3] [財務省の話 IF~ 後編] [財務省の話 IF~ 中編]

109560

233620

573450



第4位

せと弘幸Blog『日本よ何処へ』

現下の日本に渾身の力を込めて筆を揮う! 気鋭の行動するジャーナリストが希代の金権政治家・小沢一郎の疑惑に斬り込む!



最新記事:2009/09/26 06:47 [八ッ場ダム中止と民主党の…] [26日の告知動画の紹介] [民事再生か産業再生なのか]

73700

257740

338850




第5位



中韓を知りすぎた男

中国韓国と関わったビジネスマンのブログ 外国人とのビジネスで知った彼らの本質、政治家や評論家には見えない視点で迫ります。



最新記事:2009/09/25 11:21 [拝啓 自民党様] [日本はヤバイ首相を選んで…] [書籍発売のお知らせ]

68400

246590

308640



第6位



黄金の金玉を知らないか?

伝説の最強ディーラーが帰ってきた!!! いたいけな庶民を守るためにあの男が帰ってきた!



67150

186540

111720



第7位

ねずきちの ひとりごと

日本に手を出した国は必ず滅びる。 バカにされても、どんなに苦しくても、最後に勝ってしまう国、それが日本なのです。



最新記事:2009/09/26 00:40 [義和団事件をふり返る] [戸籍について考える] [日本の再生こそ世界を救ふ]

64580

248690

276330



第8位

厳選!韓国情報

マスコミの韓国美化報道はもういらない。 厳選!韓国情報では、韓国の真の姿を次々暴露していきます(ノ´∀`*)



最新記事:2009/09/26 08:37 [ ★韓国の評判を落とす悪…] [★安重根義士の義挙100…] [★小学5年生の義理の娘を…]

48545

220899

257418



第9位

正しい歴史認識・国益重視外交・核武装実現

本当の歴史と外交!必要不可欠な核武装! 日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!取り戻せ、拉致被害者と領土と国家の誇り!



最新記事:2009/09/26 03:33 [福島「移民受け入れは慎重…] [天皇陛下の訪韓あり得ない…] [鳩山「資金と技術を支援」…]

47248

145560

240080



第10位

永田町異聞 

権力者の嘘と欲望と恐怖をあぶりだす。 こじつけ論理の皮を一枚一枚剥がしていけば政治の実相が見えてくる。



最新記事:2009/09/25 11:05 [ユーアイを唱えた鳩山首相…] [鳩山演説を機にグリーン・…] [日航をダメにした経営、労…]

41710

91680

247300

===================

【引用終わり】:以上の通り

===================
【私のブログ】 : 希望のある未来を創ろう



===================
私のブログランキングの支援もよろしくお願いいたします。

【八ッ場ダム関連に国交省176人天下り!】 By 高野猛の『極私的情報曼荼羅』の紹介

【八ッ場ダム関連に国交省176人天下り!】 By 高野猛の『極私的情報曼荼羅』の紹介

【出展引用リンク1】:
    
      http://www.the-journal.jp/contents/takano/2009/09/176.html
   
   (参考引用リンク):
   
     http://www.asyura2.com/09/senkyo72/msg/122.html



【出展引用1:引用始め】:以下の通り
===============

今日の「日刊ゲンダイ」の大見出し。これはかつて長妻昭=厚労省が07年に国交省から得た資料として公表して話題になった数字だが、今になって改めてこのように報じられると再度驚いて、「これじゃあ簡単には建設を止められないわけだよな」と妙に納得してしまった。
 (財)国土技術センター、(財)ダム水源地環境整備センター、(財)ダム技術センターなど八ッ場ダムに関わる公益法人7団体に04年現在で25人、同ダムの建設工事を落札した土建会社やコンサルタント会社など企業37社に03~05年の間に52人、さらに随意契約業者57社には99人、合計176人の国交省OBが天下っているという。これは、04年前後の数年間でそうだったという話だから、発端から57年も経っている長い歴史の中で一体何人の天下り官僚がこの愚劣極まりない計画でメシを食ってきたのだろうか。恐らく1000人は下るまい。今までに3200億円を費消してきて、今更建設を止めたらそれが無駄になると言うのだが、そのうちいくらが彼らの給与や退職金やハイヤー代や遊興費に充てられてきたのだろうか。ダム建設を止めたらそれらが無駄になるのではなくて、止めても止めなくてもすでに無駄になっているのである。
 前原大臣と行政刷新会議は、この57年間の国交省OBの血税むさぼりの実態をすべて明るみに出して欲しい。その上で、現在のところ総事業費は4600億円(その7割の3200億円が執行済み)と言うが、反対派の試算によれば建設事業費だけでなく基金事業費、起債の利息も含めると総額8800億円になる。そうだとすると、これから支出される5500億円のうち、またいくらが天下り役人を遊ばせるために費やされるのかを提示して、中止か継続かの判断を国民に求めて欲しい。
★日刊ゲンダイは夕刊紙だから、帰宅途中のサラリーマンの多くが、第一面に「国交省八ッ場ダム関連176人天下り!」の見出しが躍る同紙を、電車の中で憑かれたように(笑)読みふけっていたという(知人の報告)。

当初(きっこの日記、9.24)は「八ッ場ダムの建設に関わっている7つの公益法人と13の民間企業には、そのすべてに合計で46人もの国交省の天下りがいる」とされていたが、一日で三倍以上に膨れあがった。

おそらくマスコミはこのことを知っているのだろうが、見たかぎりではゲンダイ以外はどこも報じていない。

先ほど終わった朝生「激論民主政権の理想と現実25%削減と高速無料化日米関係と米軍基地、景気対策&郵政改革も連立の足並みに乱れ!?…公約実現は可能か!?与野党論客がナマ激突」でも、八ッ場ダムの話題にずいぶん時間を使っていたが、この記事の話は出てこなかった。

マスコミは隠したがっている(としか考えられない)ようだが、ここまで大きくなってはもう無理だろう。

メディアの論調がどう変わるか、見ものである。  

================
【出展引用1:引用終わり】異常の通り
================

【出展引用リンク2】: 【私の投稿リンク】:

        http://www.the-journal.jp/mt/mt-comments.cgi
   


【引用始め】:以下の通り
=============

 八ッ場ダムの報道の裏面工作に自民党・公明党幹部等の政権奪回の悪企みが隠されているようである。
地元住民の見解のように偽装的な誘導操作的な報道で、国民を欺いた世論を喚起誘導させているのである。
ここに、前政権自民党・公明党の悪徳的な政治・官僚・ゼネコンへの天下り構造と悪徳的な既得権益構造が、国民の面前に、明らかにされ始めたのである。

 民間ゼネコンに天下りした官僚OB等の暗躍により、ゼネコンの裏資金が地元の自治議員や地元の役員等に配られる大手ゼネコンの営業構造に厳然として、存在している。
この既得権益勢力が、国民の汗で構築した国税の不当的な浪費構造となっている1要因なのである。
国民は、この悪しき構造支配を認識して、糾弾しなければならない。

 この報道においても、社会的な公正なる報道がなされていないようである。

 NHK放送で、公明党の山口新党首(あえて敬称を略す)のダム建設の続行の地元の声を支援するコメントが放送されている。この意図を押して測るべきである。

 前原国土交通大臣の夫人が、熱心な創価学会の一員である事も、気がかりなことである。

 地元の反対に、かこつけて、最終的に、ダムの建設を実行させる。という筋書きがそこから、かいま見えるのである。

 もしも、このようなダムの建設を実行する結末になるなら、主権者である国民は、この前原氏の判断に対して、糾弾していくことになるであろう。
 八つ場ダムをめぐる報道の裏に隠された自公政権のこのような偽善の本性のあがきの姿を映し出しているのである。

 これが、前政権の実体なのである。

==============
【引用終わり】異常の通り


===============

ブログランキングのご支援を重ねて御願い申し上げます。
人気ブログランキングへ

【植草一秀氏のブログランキングを第1位を確保して、植草氏を迎えよう】Asyura諸君がんばれ乾坤一滴 後残り数日だ

【植草一秀氏のブログランキングを第1位を確保して、植草氏を迎えよう】 Asyura諸君がんばれ乾坤一滴 後残り数日だ。


 Asyura諸君がんばれ、乾坤一滴 植草氏の主張する社会・政治の正義を勝ち取るための敵陣との決戦の勝敗を決する最大の時に、あるのだ。 諸君、後残り数日だ。 最大限のこのブログの支援を展開する必要がある。 がんばろう。

 懸命なるAsyura 諸君 未だに続けられている不正義なる自民党・公明党の既得権益擁護による悪しき敵陣の勢力の攻勢を徹底的に打ち下せ。

敵陣の悪しき攻勢は、このブログランキング等、あらゆるところで、醜い陰謀的な反転攻勢が続けられている。

、希望のある未来の安寧なる社会を創生するために、未だこの悪魔的陰謀を企(たくら)むような悪しき勢力による攻勢を完全に打ち倒すために、徹底的に、この社会から駆逐する必要があるのだ。

=======================

【出展引用リンク1】: 政治 ブログランキング:
      
         http://blog.with2.net/rank1510-0.html


  【 植草一秀の知られざる真実 】: リンク :

    http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/

   

【出展引用リンク1 :引用始め】:以下の通り    
=======================
政治 ブログランキング
[更新日時:2009/09/26 10:30]




第1位


博士の独り言

真実と正論を共有するために! 国際時事、特にアジアのニュースに独自視点からコメントを加えます。



最新記事:2009/09/25 22:58 [提言「国家基本問題研究所…] [農水「パチンコ」相] [勉強会「時間変更」のおし…]

173670



457050   :【異常に多い】
        :悪しき敵陣勢力の攻勢???】:
        十分に監視して、記録に残す必要がある。


845490


================
第2位


植草一秀の『知られざる真実』

政治・メディア・金融の真相・深層を抉る。 不撓不屈の精神で腐敗した権力の真実を洞察し、経世済民の思想を考える。

最新記事:2009/09/26 10:00 [官・業で無く国民を潤す政…] [「売国者たちの末路」書評…] [『日米基軸外交を基礎に置…]

148330


186270


807380


===================
第3位

新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のブログです 日本経済、アメリカ経済、マスメディアの問題などを中心に書き進めています。



最新記事:2009/09/25 10:03 [頭の体操 その3] [財務省の話 IF~ 後編] [財務省の話 IF~ 中編]

110040

234960

573930



第4位

せと弘幸Blog『日本よ何処へ』

現下の日本に渾身の力を込めて筆を揮う! 気鋭の行動するジャーナリストが希代の金権政治家・小沢一郎の疑惑に斬り込む!



最新記事:2009/09/26 06:47 [八ッ場ダム中止と民主党の…] [26日の告知動画の紹介] [民事再生か産業再生なのか]

74510

260520

339660



第5位



中韓を知りすぎた男

中国韓国と関わったビジネスマンのブログ 外国人とのビジネスで知った彼らの本質、政治家や評論家には見えない視点で迫ります。



最新記事:2009/09/25 11:21 [拝啓 自民党様] [日本はヤバイ首相を選んで…] [書籍発売のお知らせ]

68990

248400

309230

=============
 
【引用終わり】以上のとおり
 
=============
【Asyura投稿リンク】:
      
    http://www.asyura2.com/09/senkyo72/msg/129.html
 
=============
私のブログランキングのご支援も重ねて御願い致します。
 
人気ブログランキングへ

Follow by Email

ブログ アーカイブ